FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.02.02(水)

ある日のメモ3


なんか、<体温計>というタイトルがついておる、そんなメモ。

ある日に書きとめたメモ、私が書いたメモ。







握手はできる。どうしてか、握手はできる。
でも、それだけ。そこまで。

どうも、握手意外の一切、人に触れることを恐れてるらしい、わたし。

電車に乗るとそれなりに混んでいることが多くて、周りは、人、人、人、人、人。
周囲3センチの距離に誰かがおる箱の世界で、遠くの吊革に手を伸ばし指先で握ったのち、硬直する。

人肌恋しいなんて言葉があるけどさ、これは何だろう。

人のぬくもりとでもいうのか。
温度や肌の感触で、どこか満たされたような感覚をかつて体感したことはある。
人肌によって埋まったような気がする類の、人肌によって埋めることができるであろう気がする類の、そんな心のスキマみたいなものが空く時もある。

それって、人のぬくもりでないと、埋まらないものなのかな。
わたしのは、埋まってないのか、埋める空洞はあるのか、埋めたいのか、人肌で埋めるくらいなら拒否するのか。よく把握できていない。

私は人に触れることができないけど、人のあったかさは感じる。それこそ身にしみて感じる。

ただ、それとは違って、直接的に触れる行為の持つ、説得力云々でなかなか説明できないような強い魅力、というか、魔力。これは魔力と言ってもいいと思う。人肌には確かに力があると思っていて、その魔力に浸食されるのを恐れてる。

自分の中で、魔力そのものに切り込み入れて開いてその構造を確認するまで解剖してやりたいくらいだけど、未だできてない。出来る限り遠ざけておきたくあり、出来る限り滅却したくもある。でも滅却しちゃいけないような気もする。

稀に、無性に触りたくなることはあるけれど、普段は誰かにさわりたいと思うことはほとんどない。さわりたくないと思うことは多い。
それでも、何気ないスキンシップレベルですら拒絶してしまうレベルでは支障があるし、否応なしに誰かと近い距離に居なければならん場合など、せめて何とかならないものだろうか。

人肌恋しいとかいう言葉が出てくる会話が、もはや恋しかったりする。
ただ、そんな会話にキャピキャピ入れる自信はあまりない。







そんな、ある日のメモ。




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:29:15│
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。