FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.12.01(水)

ある日のメモ


次の週末、カウンセリングではないんじゃが

それに近いものを受けに行ってくる

カウンセリングを受けるかどうか

まずはそこから相談してみましょう

という案内をしてくれたもんで

のっかってみることにした



以下、これから相談することに関係する

ある日のメモ

若干のプライバシー配慮など

少し加筆修正してあるが、メモの内容ほぼそのまま

私が書いた、私のことの、メモ



◆メモここから◆

時々、自分の性別認識というのか、なんかそういうのが大きくブレる。
私は男で生きてるけども、「私は男です」と断言しようとすると違和感がある。じゃあ女なのかと聞かれても困る。「私は女です」と言うのにも違和感がある。でも男なのだ。体は男の体をしているらしいし、戸籍上も男だ。社会的には男で過ごしてなきゃいけないようなのだ。

いつからか、自分の性別感覚は境界なく、曖昧になった。元々は生粋の男だったと思う。徐々に揺れていったらしい。

私としては、『生まれながらに持ちえた性を全うする』とか、『どちらかに動きながら男か女のどちらかに終着して完成する』とか、わりとどうでもいい。そもそも男とか女とかの枠がどうでもいい。
どっちでもいい、よりは、どっちにもいたくない、のほうが強い感じがする。

今の仕事場はかなり身なりの自由度が高いと思う。随分助けられているし、自由さを自分なりに謳歌している。毎日スーツを着てた頃とは大違いだ。でも「身なりの自由」の一言で跳びこえれない大きな壁があることが分かった。それが性別の壁だった。
『髪の長さも髪型も服装も自由にしていいけど、男の人は男らしいお洒落さを求めてね』がある。つまり髪が長くても男性的なスタイル。ワイルドとか、モードとか、シャープとか、そういうの。
性別の壁は鉄壁だった。職場に漂う性別感覚も、男女という切り分けがはっきりしている。見た目も一つ重要な要素になる職場なので、髪型や衣服の自由はきいても実はチェックが厳しい。周りの同僚全員に常にファッションチェックされてると思っていい感じ。
露骨ではないものの(←たぶん・・)ほぼレディース服しか着ない私のファッションは、この仕事場にあってきわめて異端だ。服装にもさほどメンズレディースの区別を持たない私はたまたま好みの服がレディースに多く、値段も安く、購入に至り易い。このトップスだとインナーはキャミソールの形が一番綺麗に見える、とか、このトップスだとこういうスカート合わせたらいい感じになる、とかの感覚を平気で持ってることは、より異端なんだと思う。こういう絶対に女性ものでしかありえない形の服は仕事の時とかは着ることないし、人に話すこともないまま、感覚としては私の中に平然とある。

美容室に行って髪を切った。5センチ、場所によっては10センチくらい切った。鎖骨に届いてた髪が、顎ラインほどの長さになった。髪型としてみれば、完成してた。これまでボサボサ状態だったし、スッキリ綺麗に整った。
足どりも軽く家に帰って、いざ改めて鏡を見た時に、鏡にいた自分は明らかに男性で、その髪型だけが男性らしさとは相反する雰囲気を漂わせていた。その違和感に、絶望した。
私の体は男性で、顔かたちも、輪郭も、おうとつも、肌も、毛も、男性の特徴に当てはまる。髪が短くなって、これまで髪に隠れてたそれら特徴が表に出てきた。髪の毛に隠れて見えなかった部分は、ずっと男性を維持し続けていた。このことにショックを受けるのは、いま少し男性とは遠ざかる位置に自分の性別を意識してるってことだろうか。とにかくこの日以降、鏡を見るのが苦痛でしかない。

「男でもいたくないし、女でもいたくない」っていうのは駄々をこねているようなものだろうか。

顔体含めた自分の容姿が中途半端に思えて仕方がない。背丈や体格、細さ、声、手、足、その他全部。男性というには何か足りていない感触がずっと抜けない。かといって女性でもない。女性というにはもっと中途半端で、かけ離れている。
この顔体が許せない。
容姿全般に対するコンプレックスはずっと昔から抱えてる。克服したと思ってはやってきて、また克服したと思ってはやってくる。初めからない自信を無理矢理引き上げても自然に落ちてくるもんなんだと思う。一時的に自信があるつもりで大丈夫なつもりなだけなんだと思う。高校の頃には「これでいく」って覚悟はしていて、その覚悟は今もずっと持っている。
それでも時々は、くじける。

◆メモここまで◆



うつうつっとした内容とは全然違うし

これまでほとんど触れてなかった話なもんで

これ読んだ方は私に対するイメージなんかも変わるんじゃろか

イメージ、変わって下さればいいんじゃとも思う

イメージ右往左往して下さっていいと思う

なにしろ、本人が、戸惑って右往左往しておる



しばらく、なかなか字を書けん感じが続いておって

過去のメモから引っ張ってきた

前回の記事を書いたのとほぼ同時期に書いたメモじゃ

カテゴリーは、後日できそうなときに変更すると思うんで

それまでの暫定




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:41:14│ トラックバック 0件
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。