FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.06.06(日)

テレビパワー


ん?あれ?そういえばアレどうなった?



5月に入ってすぐのこと

初めはそういう気持ちの引き金じゃったと思う

4月20日に最初の感染が確認されてから

全く情報がなかったもんで

ふと思い出して、ちょっと気になった





サクッと調べてみようとネットを見ると

なぜか、サクッと調べられん

大手と言われるような情報サイトを巡っても

なぜか、サクッと調べられん

見つかるのは、個人発信の情報ばかりで

なぜか、サクッと調べられん



調べられんから余計に気になって

時間をかけてでも情報を拾いまくった

徐々に分かってきた事実に

驚愕し、時にはモニタの前で目を覆った



これはいかん

そう思っても、身近にこの話題を話せる人がおらんかった

話せたのは一人だけじゃった

たまたまその人は私が話した内容を既に知っている人だったもんで

話をしたり、聞いたり

会話が成立した

本当に有り難かったし

心強かった

物凄く慎重になっておったから

説明する手順を踏まねば話せない時間と手間を

軽々と吹っ飛ばして話ができたから



社会で起こっている出来事を話すだけなのに

こういった配慮を迫られる状況は

異常で

孤独じゃった



これが公な場になると

よりいっそう、デリケート

仕事場では当然のように一切、話題になることはない

もちろん

職場となると色々な立場や考え方の人間がおるし

政治が絡む話を

仕事時間に、いや仕事時間外でも

簡単にフランクには話せん

今の職場では特に

政治が絡む話題の会話を聞いたことがない

ただもう

不思議で仕方なかった

こんな事態なのに何故みな黙っていられるんか

そもそも知っているんか

悶々と考えながら仕事をしておった



まるで報道されず

日々、深刻化していく事態をネットから拾う



風評被害を防ぐためとの言い分があったが

防ぎたいのなら情報統制はふさわしくない

こういう状況で

こういう対策を講じています

だからこういう展望で

だから考えられるリスクはこれです

政府公式に言うほうが

風評被害は抑えられるハズじゃ

情報統制によって防ぎたかったのは

風評被害じゃなかろう

などと、かえって穿った見方をしてしまう自分がおった



そして

記者やジャーナリストといった肩書を持つ方々が

各種メディアが

簡単に抑え込まれ動かない実態に

心底失望した

事情もあるようじゃが

残念で仕方がない

動いてほしかった

報道してほしかった



5月の17日くらいに

被害が酷く大変らしいという話が

ようやく職場での話題にのぼるようになった

そのあたりの時期からテレビや新聞でも

取り上げられ報道されるようになった



すると社内では急に

その話がしやすい空気になった

「見ましたよ」

「そう、いま大変らしいですね」

こういった声が聞かれた

全社員宛てのメールも数通届いた

「大変な状況にあるようですので

会社として出来る援助をしましょう!」

などと謳われていた



やっと周囲が動き出してくれている事を実感しながら

なんじゃろう

この

素直に喜べない感



私も

全社員宛てにメールを送りつけてやりたかった

全社員とはいかなくても

せめて同部署の人達くらいの規模からでも

訴えていきたい話が盛り沢山にある

メディアで報道されていない時期から

強く思っていた



しかしな



そう簡単に

出来んかった

私がいくらわめいたところで

人の心にたいして響きはしない

説得力に欠ける

行動を誘うほどの扇動力がない

考えれば考えるほど

煮詰まれば煮詰まるほど

私自身の行動力も落ちていったように思う



それが何じゃ

ひとたびテレビで報道されたとたん

新聞などで取り上げられたとたん

誰が声を荒げて引っ張ることもなく

勝手に人が動き出し

援助を募り始める



悔しいが

こういうものらしい



私が1時間2時間かけて喋るよりも

10分間のテレビニュースを見るほうが

ヤフートピックを一つ見るほうが

人の心に届き

説得力がある



その扇動する力には

恐ろしさを感じた

テレビや新聞が、何かこう

宗教的なもののように感じた



おそらく周囲の人は

各メディアの報道が始まってからの経過は

知っていても

報道統制されている間のことを

あまり知らないのだと思う

知っていても、少数だと思う

偏った面あるかとは思うが

私は周囲の人より

事の経過を幾分詳しく知っている

それだけ調べてきた自負はあるし

肌身で感じておる



拾ってきたのは個人発信の拙い情報かも知れんが

貴重な情報だと思うし

それらの集合体は

自分にとって価値があると思うておる



じゃが

それを役立てて何もできておらん

何かのせいにすることは結構簡単に出来る

けれども

言い訳するために集めた情報ではなかった



重大さを知っていながら

周りのほぼ誰とも共有できない

もどかしさ

苦しさ

言葉でうまく表現できないでいるのじゃが

一人無人島で情報だけ与えられているような感じ



周りには沢山の人がいるのに

そんな感覚を持ち続けていて

きつい



それに似た感じの出来事が他にもいくつか重なって

段々と

社会全体や

人間全般へ

不信感が増しておった



今もそう



自然に言葉の端端がトゲトゲしくなって

攻撃的になる



ブログ記事として書くつもりではなかった

でももう抱えておれん

しんどい

同じ想いが何度も頭の中をグルグル回って

限界じゃった



なんでそんな事で悩むの?

だとか聞かれても答えられない

個人的な大問題



記事のまとまりとか

いただいたコメントへのお返事とか

そういうの全部無視で

吐き出しております

記事書きを優先でさせてもらっています



足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



│posted at 04:42:14│ コメント 0件トラックバック 0件
≫コメント 
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。