FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.08.28(金)

数えるのをやめた後


もっと早くに書こうと思っていたのが

いつの間にか

何日も過ぎてしまった

日々の流れるスピードに追い付けない

これは、2週間くらい前に書こうとしてた内容だったりする



2週間くらい遡った気持ちで読んでもらえたらと思う



では・・・






私には、今、仕事がある

働き口がある



先月までは、なかった




こんな私を、たまたま雇ってくれた会社があって

受け入れてくれた会社があって

今、仕事があって、通勤しておる



簡単にでも

それまでに至る経緯を内容を紹介したい






私は就職活動にハローワークネット求人サイトを使った



ネット求人サイトは手軽じゃが、企業側も手軽で

仕事を探しておる人はサックリ応募できて

企業はサックリ不採用を通知する

実にシステマチックで、かつ、採用への道は実に遠い

じゃが、ネット求人サイトで仕事を得た人も多いと思う

そういう人達の多くは

Aという専門分野を学び、Aという専門分野の経歴があり

Aという専門分野への仕事を探しておった人じゃと思う

基本的にネット求人サイトに求人をだす企業は

過去の経歴を見て、欲しいスキルを持つ人や即戦力を探しているから

ほぼ異業種への道は開かれない

そして何より

普通の人が欲しいという前提が根底にある

いわゆる健常者というやつじゃ

当たり前のように、前提とされておる

精神疾患!?うちではちょっと・・・、じゃ



私は主にハローワークの求人から仕事を探した

ハローワークの求人には大きく分けて2種類あった

一つは、一般求人

もう一つは、障害者用求人

障害者求人の閲覧や応募は、障害者手帳を持っていれば可能になる

私は

一般求人1割、障害者求人9割

くらいの割合で求人情報を閲覧した



障害者求人には一般求人には無いリスクとメリットがある

メリットとしては

企業側が、障害を持っていることを了承した上での

採用枠を作ってくれている点が何よりも大きい

リスクとしては

大きな仕事を任せられないケースが多い

責任のある役職に就ける可能性が低い

一般の採用より給与が安いことが多い



私は、リスクよりメリットを採った

・自分は今、こんな精神の病気を持っている

・長いこと仕事を休んでいる実情もある

・社会生活自体にブランクがある

・現在も通院、服薬していて、完治していない

・自分も努力するが、それなりの配慮を願う場合もある

そういうことを堂々と言えて、説明できることが

私にとっては大きかった

もちろん、給料は高い方がいい、もちろんじゃ

じゃが

金では替わりのきかない、病気への理解

それを採った



そういう、障害者用の求人があり

企業も障害者用の採用枠を設けていることを

今回の就職活動で初めて知った



そして

障害者用の求人へ応募し、必要書類を揃え、企業へ提出した

経験のある業界も受けたし、未経験の仕事も受けた

そして

落ち続けた、不採用通知をもらい続けた

何十社応募したか、途中で数えるのをやめた



そうしている間にも月日は過ぎていく

次第に私の考えも変わっていった

始めは「なんとしても正社員」と、こだわっていたんじゃが

いきなり週5日フルタイム勤務が可能かと言われれば

自信がなかった、というか、自信がなくなってきた

さらに思うたのが

いきなり高いハードルに挑むことがいかに怖いか

もしかすると、うつうつがかえって悪化するだけかも知れん

うつうつが悪化して、結局、辞めます、となるかも知れん

足場の土台が不安定なまま、高いところに登るようなものじゃ

そう思うたんじゃ

無理のない範囲で、一歩一歩、着実に這い上がらないけん

絶対に無理だけはいけん

そう思うたんじゃ



そして

正社員の求人の他に、パートの求人も探すようになった



その、パートの求人の中に

たまたま今勤務している会社があった






私は今、「正社員」ではなく、「パート社員」として働いておる

正社員登用制度有り

雇用保険、厚生年金加入

通勤時間は、約1時間半

交通費は全額支給

勤務日数は、週3日

一日の勤務時間は、7.5時間






時間きっかりに仕事が終わることは、まず無い

じゃが、周囲に居る同部署のメンバーがフォローしてくれる

私の仕事が早く片付くように気を配ってくれる

上層の人間は私がうつうつを抱えていることを知っておるじゃろうが

周囲に居る同部署のメンバーがそのことを知っておるかは

私は知らない

でも、どちらにせよフォローしてくれる人達じゃと感じる

そのあたりの内容は、また別の記事で書きたい



社会復帰へのスタートを切って、思うことや感じること

沢山ある、ありすぎるくらいじゃ



ボチボチ、記事に書いていければと思うておる






ボチボチ、生き抜いていければと思うておる




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:38:47│ コメント 3件トラックバック 0件
≫コメント 
私は就職直後に鬱が再燃して退職せざるをえなくなりました。退職した次の日から、焦るようにハローワークに通い始めました。
今は障害者雇用のある会社で、週5日1日5時間の契約でアルバイトをしています。
とはいえ体調のことなどでちまちま休んだりもしています。長期間の欠勤も経験があります。
しかしながらそんな私がなんとか仕事をもらっているのも、会社の障害に対する理解ゆえかと思います。
本当にこればかりは、お金にかえられないですよね。
では、長文失礼しました。
帽子屋│URL│posted at 2009-09-01(Tue)09:32│編集
うさ枕さま:ボチボチでいいんですよ。
あっしなんて、突っ走って、「うつ」になって、降格されて、サラリーもさげられて、今はもう自分のペースしか考えてません。
もちろん、「リストラ候補」であることも分かっています。
でも、やれる時までは、頑張ろうと思います。ボチボチと。
ロール・マニア│URL│posted at 2009-08-30(Sun)20:53│編集
無理せず進める道を選んだ事に間違いはないと思うよ。
周りの人がちゃんと配慮してくれる事自体、人間が出来ている集団(環境)なんだなぁと思いましたv-7
正社員登録があるのなら、時間を掛けてでもその「目標」に向かって進めば良い訳だから。
何よりも優先するのは「自分の気持ち」だと。
通勤は大変だと思うけど、折角良い環境での仕事が見つかったのだからここはひとつ、やるしかないっしょ。
ひまわり│URL│posted at 2009-08-30(Sun)00:03│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。