FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.03.07(土)

人事の目


必死でしがみつこうと手を伸ばした

それはスルリと私の手をかわし

遠くへ行ってしまう、見えないところへ

それは伸ばした手でも遥かとどかない距離を保って

遠くへ行ってしまう、見えないところへ



それは会社、企業

ギラリと光る人事の目

私の二番煎じなど通じない



ほんの3秒、長くて10秒で決まると言われる

第一印象、第二印象、第三印象

柔らかい物腰で

私の一挙手一投足を観察しておる

人事の目

にこやかな表情で

私の一言二言、発する言葉を観察しておる

人事の目



その人事の目に留まるには

今の私には何かが足りないらしい

足りない要素は一つなのか二つなのか

はたまたいくつもあるのか

とにかく、人事の目に留まらない



勤めていた会社から退職勧告を言い渡されて以来

本格的に再就職活動を始めてから

今日でだいたい1ヶ月が過ぎようとしている

その間、私は動いた

ハローワークに通い求人情報をあさった

この約1ヶ月の間に選考を受けた会社の数は14社

この数が多いのか少ないのか分からんけれども

以前転職した時と明らかな違いがある

それは






内定の数



以前転職した時は8社ほど選考を受け

5社から内定をいただきその中から一つ、会社を選んだ

それが先月まで勤めていた会社

内定をもらっていなかった残り3社は

選考途中で辞退した



そしてこの度の再就職活動では

上記のとおり14社を受け

内定をもらった数はゼロ

不採用をもらった数は8社

結果待ちの状態にあるのが6社












惨 敗






いくら手を伸ばしてもとどかない、内定

喉から手が出るほどほしい、内定






内定への道を遮る決定的な要素を

私は一つ持っておる


うつ病という精神疾患


これは、大きなネックになっておる



私はできることなら

この病を理解してもらった上で、考慮してもらった上で

入社したいと思うておる

そのため

健常者が受ける一般の求人枠とは別にある

障がい者枠の求人を探して受け続けておる



障がいといっても様々じゃ

視覚や聴覚に障害をもつ人もいる

下半身に障害を持ち車椅子に乗っている人もいる

心臓に障害を持つ人もいる

そういった

身体的な障がいを持つ人を対象とした求人は

意外と沢山あるが

私のような精神障がいを持つ人を対象枠に入れた求人は

無い

ほぼ、無いと言っていい

選考を受けても

「病気の再発の懸念が拭えないから」

という理由で断られた会社もある



私は動けとるよ

私はフルタイムで働けますよ

私は休職したけれどリハビリ出社してましたよ

私はもう、いつでも働けるアイドリング状態ですよ



いくらアピールしても

でも、治ってないんでしょ

薬、飲んでるんでしょ

通院、してるんでしょ

今、安定していても

環境が変われば不安定になるかも知れないんでしょ

といった具合で一蹴される



全く・・・






うつ病患者なめんな

先入観持って見てるんじゃねぇ

「私たちの会社は障がいを持つ方を広く受け入れています」

とか謳ってる会社が精神障がいを理由に弾いてんじゃねぇ



精神障がいを持つ人間への理不尽さに

憤りを覚える



ただ

精神障がいへの偏見の他にも

内定がでない原因が

人として、一人の社会人として

私自身にあることだって

十分に考えられる

どんな障害をもっていようと

魅力的な人間はきっと

人事の人の目にも、輝いて見えるはずじゃ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:25:57│ コメント 2件トラックバック 0件
≫コメント 
うさ枕様:お若いのに、そのように冷静に考えることのできる貴方を尊敬します。
一方で「この病を理解してもらった上で、考慮してもらった上で入社したいと思うておる」というお考えは理想的ではありますが、雇用する会社の側から見たときに、非常にリスクを負うことを覚悟しなければなりません。現在の雇用状況を考えますと、それも無理からぬ事かと考える次第です。
もう暫くお休みされた上で、「一般枠」でチャレンジ(もちろん「うつ」の事は伏せて)されるお気持ちにはなれませんか?
老婆心ながら、うさ枕さんの折角の「輝き」を見せるために「うつ」というバリアーは、かなり人事担当者の目を「くらませる」事になるのではないでしょうか。
勿論、うさ枕様が納得する方法で再就職活動をなさるのは言うまでもありません。
もし余計な事を書いていましたらごめんなさい。
ロール・マニア│URL│posted at 2009-03-09(Mon)12:55│編集
>「病気の再発の懸念が拭えないから」
これ,よく耳にしますが,なんなんでしょう。いつも腹が立ちます。
それはどんな人にも例外なく言えることでしょう。

わたしも前の職場,福祉なんですが,鬱になった方が辞職に追いやられるのを目の当たりにしました。きっとどこの職場より病気に対しての知識を持った人の集まりだと思います。ですが,ただの厄介者扱いです。
上がその対応なら下もたいした対応しません。ここのトップは腐ってると思いました。
脱線して申し訳ないです。

うさ枕さんは,鬱のせいだけにしてないとこが十分わたしには魅力的です。
それでもやはり現実の厳しさは辛くなりますね。

サユリ│URL│posted at 2009-03-08(Sun)11:26│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。