FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.12.25(火)

ガスコンロ


4月中旬以降、美鳥と接する機会が増えている。

これまでほぼコンスタントに、ネット上の文字や声の遠隔方式で会話してきた。どちらかが相手の住む地域の近隣へ行くたびに、機会をつくり直接会って話もしてきた。それら交流は全く無駄ではなかったと感じている。年月をかけて培ってきた関係の延長のようでもある。
まさか付き合うことになるなんて考えてもみなかった。
驚いているが、どこかで意識していた相手だったのではないかとも思う。意識していたかも知れない過去がときどき何かの折に脳裏をよぎる。
まさか付き合うなんて、は、本音だけどきっと本音の全部じゃない。

4月以降は話す頻度も、直接顔を合わせてコミュニケーションをとる時間も、かつてと比べて格段に多い。知れば知るほど知らないことが、話せば話すほど話したいことが、接すれば接するほど接したいことが、お互いに沢山あるのだと痛感する。


========


美鳥を見ていて、一緒にいて、いわゆる別の「人格」と呼ばれそうな、他の人とも接する場面が幾度かあった。人格の枠で区切ってしまえば、美鳥とは別の人だ。でも私にとっては別人の感覚がそれほどでもない。美鳥とは表現や、おそらく思考・行動ロジックの特徴が違ってはいるものの、美鳥と他人とは思えなかった。
一つ屋根の下で暮らしている人がまとう同じ空気感のような。それよりももっと重なる感じで、美鳥とは呼べなくても、美鳥がすっぽり消えた感じでもない。

スイッチのオン、オフではなく、ガスコンロの調節ツマミみたいな。ツマミが星の数ほどあるみたいな。感情の変化や状況判断から、その時々場面によって火加減を弱めるツマミもあれば、強めるツマミもある。もともと持っているもの、養ったもの、持たざるを得なかったもの。それら成分のどこを強めてどこを弱めるかでちょっと違う感じになるような。成分を調節して、音を調律して。柔らかくかつ細やかに。

様々な人間的魅力を繊細に調節しながら守り、時には押し殺してこなければならないほど何かを損なわれてきたんじゃないだろうかと、ぼんやり考える。
私は美鳥を美鳥と呼ぶし、私以外のひとも美鳥を美鳥と認識しているだろう。
美鳥と呼ぶことで、美鳥が美鳥の火加減をより保ちやすくする気がする。同時に、併せ持っている人間的魅力を見えにくくしている気もする。可愛らしさ、無邪気さ、ズボラ、弱気、だらしなさ、おしゃま、いたずら心、お茶目、あとたぶん駄々っ子な面とか。
ときどきこういう人間的魅力がちらっと見えるときがあって、私はものすごく可愛がりたくなる。
美鳥を好きになった。美鳥が表すものも好きだ。同時に、ふだん美鳥が美鳥として表に出していないっぽい人間的魅力の一面一面を愛おしく思う。


========


曖昧な表現ばかりになってしまっている上、まだまだ足りていない。

私が感じていることを説明するとき、「人格」という単語がかえって邪魔になる。
例えば人格のリストを作るなんて、ほんとうバカらしいと思う。テレビのリモコンボタンを設定するのと「人格」の定義づけとを同じ次元で捉えているように思える。ボタン一つで変えるテレビのチャンネル、その局ごとの番組表を作って、だから何だと言うんだろう。
奥ではきっとめまぐるしくてグロテスクで宇宙でアナログで張り詰めて緩んで知らないことだらけで、私の目線はそっちのほうへ向いてることも多くて。
私の感覚からは、美鳥を「人格」の概念で語る要素が見当たらない。

m120614



スポンサーサイト
│posted at 00:07:24│ コメント 0件トラックバック 0件
2012.12.20(木)

雨はどこに降る


小学校一年生の思い出話。

何かの授業で、先生がクラスの皆へ質問した。
「心はどこにあるんでしょう?」
クラスメイトはざわついて、答えなんてその場で出なかった。翌日までの宿題になった。

翌日、担任の先生が質問を繰り返した。
「心はどこにあるんでしょう?」
クラスメイトはそれぞれ答えを用意していて、皆威勢よく手をあげた。

先生は私を指した。私は答えた。
「いのち」
先生は「残念、惜しいなー、」と言った。

続いて他の生徒を指し、その生徒が答えた。
「心臓」
これが正解だった。


今日、カレーを煮込みながらふと思い出した。6歳の学び舎。


m111010

│posted at 00:36:41│
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。