FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2012.04.19(木)

朝の電柱


4月に仕事のイベントがあり

2月の半ば頃に、出勤スケジュールが決まった

土日に出勤することになった

ふだんは平日が出勤日

土曜日や日曜日は休日になるが

4月にある仕事のイベントでは

平日に出勤しつつ

そのまま土日の出勤へなだれこむ



これまでにも何度か同様の仕事イベントが催されており

その時は

数日にわたるイベントのうち

一日だけ出勤しておった

イベント開催中は基本的にフル出勤がデフォルトじゃが

ひごろの勤怠や

体調などを踏まえてくれて

私だけは一日だけの参加に配慮してくれておった



さほどの負担なくイベントに出勤してきたが

こういった配慮がなされているおかげじゃった



今回の4月の仕事イベントでは

4日間のうち、土日を含む3日出勤することになった

無理矢理ではない

イベントの人員確認の際

何日出れるか、出れる日があるか

無理がないか

事情を直接聞いてくれたうえで

私が判断した

そうしてイベント4日間のうち3日出ると

私が決めた



過去の経験からいって

仕事イベントは

いつもの仕事より朝が早く

とにかく体力・気力・集中力が必要で

夜には体が重く

膝が笑い

息も絶え絶え

消耗しきったぬけがらで

家に帰るのが恒例

そして

仕事イベントへ出勤した翌日は

屍じゃった

100パーセントの確率で屍じゃった



4日間のうち3日出る

そう決めたのは私じゃし

そうしたいのは、そういう姿でありたかったのは

他でもない自分



じゃが

過去の実績から

仕事イベントへ3日も出るのは

どう考えても不可能



打開策を考えた末

朝に走ることにした

ジョギングとか、ランニングとかいうアレじゃ

仕事イベントの大きな特徴

朝が早いこと

体力を使うこと

これらを克服すれば

あとはイベントへ行けば、居ればその場でなんとかなる



という考えのもとに

出勤スケジュールが決まった2月半ば

その翌日朝から

イベントのため

いわば単に仕事のために

朝、ジョギングを始めた



ジョギング初日の朝

職場へ行く支度をする前の時間

いきなり張り切っては危険と思い

軽く流す程度に抑え

片道3分~5分ていどの距離を

走った

すると

職場へ向かう朝の通勤電車で

既に

立ちながら屍と化した



次の日の朝は走ることもできず

かろうじて朝は職場へ行きはしたものの

さらに次の日

ジョギングをして2日後には

初日のジョギングの影響で寝床に突っ伏したまま一日を終えた



不甲斐なさ、あまりの体力のなさに

悔しさもなく、呆れ果てた



同時に納得できたことも多かった

こんな体力では

そりゃ、疲労で仕事を休んでしまうじゃろ

そりゃ、平日動いて、休日にも動けるはずないじゃろ

そりゃ、遊びにいくことすら困難じゃろ



私の現実じゃった



それから

無理はしないよう

朝起きて、走れるコンディションの日だけ走った

おおむね、2日か3日おきのペースで

走る距離はジョギング初日から変えずに

近所を走って、戻ってくる



2月半ばから、4月の仕事イベントまで

ジョギングは続いた



そうして迎えた仕事イベント

初日をこなし

二日目をこなし

三日目は

午前中を休養する事態にはなったが

午後はイベントに出て仕事をこなした



ゆるゆるのまったりジョギング

ジョギングと言っていいのか怪しい距離・時間・間隔

タイムも、心拍数も、速度も計らない

家からほど近いところにある電柱にタッチして

戻ってくるだけのシンプルな目標で走るだけ

それでも

2ヶ月弱続けた結果

一日しかイベントに出れないバイタリティでは

なくなっておった

3日間を完全にこなす目標で続けたジョギングじゃから

三日目が悔しい、最後の最後でやらかした



話を聞いてくれた友人は

100%をめざして100%はそうそう達成できるものではない

80%くらいの出来になったのならまずまずではないか

と労ってくれた



確かにそうじゃ

成果として実った形がある



仕事イベントへフル出勤を共にした同僚たちが

たがいに苦労や疲れや出来事を共感するなか

私だけ一日出勤で疎外感を味わうのが定番じゃった

私も共感したかった

同僚と同じものを見たかった

ずっとそれだけのことに憧れていた



今回、少しだけ、憧れが叶った






いま、朝、6時15分

仕事イベントが終わってから今日は久々

いつもの電柱にタッチしてこようと思う




スポンサーサイト
│posted at 06:27:28│
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。