FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.02.17(木)

悲劇的ビフォアーアフター


線路沿いに続く、線路と歩道とを隔てる柵

古~い、古~い

木の柱を立て並べた柵



私はその、柵のある風景を気に入っておった

もし誰か友人とこの道を歩くことがあれば

きっとわざわざ会話を途中で切ってでも

この木の柵を友人に紹介しておったと思う









柵の木柱たちは見るからに古めかしく

木の中はボロボロのスカスカ

外側にはコケが生え

年老いてもなお立ち続けている木の柱が

子供ひとりくらいなら通れるくらいの間隔で

均一に何本も連なっている

でも通り抜けなんてできない

木柱と木柱は有刺鉄線で繋がれていて

うっかり気まぐれをおこして木柱の間を通ろうものなら

数えきれない消毒必須な生傷を負うことになる






これではいけない

線路沿いの道は小学生の通学路でもあるのですから

未来の担い手たちを安全に頑丈に守り

その子供たちを育てる働き盛りの親へは

公共事業という形で支援しましょう






こうして柵のリニューアル工事が幕を開けた






数日のうちに

木柱たちは根こそぎ引っこ抜かれ

たちまち新しい柵が完成した








◆ビフォアー◆

私が気に入っておった木の柵

2011_02_17_01.jpg






↓↓↓そして↓↓↓






◆アフター◆

新しくなった柵

2011_02_17_02.jpg
















なんということでしょう






アフターのショボさに唖然として

唇を噛んだ

風情も風景も何もかも失った柵が

ちゃっかり居座っておった

殺風景

まさに殺風景






以前の柵は

来るものを威嚇するに充分な存在感を放っていた

木の風格、老いてもなお凛として立ち続ける姿があった



今の柵は

簡単によじ登って柵の向こう側へ行ける

おまけに

頑丈さも、以前とさほど変わりないと思う

そして

激しく景観を奪うこの柵のセンスには

疑念を抱かずにはいられん



本当にこれで良いと判断したのか?






木柱の柵が持っていた風格

木柱の一本一本、それぞれに個性があって

長い年月をじっと立ち続けて

お互いがもたれるでもなく有刺鉄線のみで繋がりあい

皆でひとつの柵という役割を果たしてきた老兵ひとつひとつに

心からお疲れさまを伝えたい




2011_02_17_03.jpg





2011_02_17_04.jpg





2011_02_17_05.jpg







足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




スポンサーサイト
│posted at 22:16:44│
2011.02.02(水)

ある日のメモ3


なんか、<体温計>というタイトルがついておる、そんなメモ。

ある日に書きとめたメモ、私が書いたメモ。







握手はできる。どうしてか、握手はできる。
でも、それだけ。そこまで。

どうも、握手意外の一切、人に触れることを恐れてるらしい、わたし。

電車に乗るとそれなりに混んでいることが多くて、周りは、人、人、人、人、人。
周囲3センチの距離に誰かがおる箱の世界で、遠くの吊革に手を伸ばし指先で握ったのち、硬直する。

人肌恋しいなんて言葉があるけどさ、これは何だろう。

人のぬくもりとでもいうのか。
温度や肌の感触で、どこか満たされたような感覚をかつて体感したことはある。
人肌によって埋まったような気がする類の、人肌によって埋めることができるであろう気がする類の、そんな心のスキマみたいなものが空く時もある。

それって、人のぬくもりでないと、埋まらないものなのかな。
わたしのは、埋まってないのか、埋める空洞はあるのか、埋めたいのか、人肌で埋めるくらいなら拒否するのか。よく把握できていない。

私は人に触れることができないけど、人のあったかさは感じる。それこそ身にしみて感じる。

ただ、それとは違って、直接的に触れる行為の持つ、説得力云々でなかなか説明できないような強い魅力、というか、魔力。これは魔力と言ってもいいと思う。人肌には確かに力があると思っていて、その魔力に浸食されるのを恐れてる。

自分の中で、魔力そのものに切り込み入れて開いてその構造を確認するまで解剖してやりたいくらいだけど、未だできてない。出来る限り遠ざけておきたくあり、出来る限り滅却したくもある。でも滅却しちゃいけないような気もする。

稀に、無性に触りたくなることはあるけれど、普段は誰かにさわりたいと思うことはほとんどない。さわりたくないと思うことは多い。
それでも、何気ないスキンシップレベルですら拒絶してしまうレベルでは支障があるし、否応なしに誰かと近い距離に居なければならん場合など、せめて何とかならないものだろうか。

人肌恋しいとかいう言葉が出てくる会話が、もはや恋しかったりする。
ただ、そんな会話にキャピキャピ入れる自信はあまりない。







そんな、ある日のメモ。




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:29:15│
2011.02.01(火)

残0期間


去年の10月末の時期に

1週間ほど仕事を休めるチャンスがあって

有給を駆使して7連休を作り

実家へ一時帰省した



持ってる全部の有給を使った



それからは当分、有給がないから

もし何か不測の事態が起こったとしたら

途端に暮らしはたちゆかなくなる



それだけの覚悟は持って使った有給じゃったが

どうしたって

一切のマージンがない生活なもんで

内心はビクビクしながら

有給のない仕事生活を過ごしておる



次に有給が付与されるのは

今年の2月

そう

今月、もうすぐ新たな有給が与えられる



11月、12月、1月と

3ヶ月もの間

よくもまあ

やってこれたもんじゃと思うてな

これからも同じように続くんじゃが

今だから少しばかりは言ってもよかろ?


一歩も後ろに下がれない仕事生活のプレッシャーは

キツかった


もっとも、キツいのが変わるんではないが

何かあった時に、ほんともうダメなときに

立ち止まる時間を持ち得ると思うと、な



有給取得まで、あと数日




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 22:18:39│
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。