FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.02.28(土)

アットホーム・DJ


昨晩から今朝にかけて

徹夜で

いつものBARで

DJをしてまいった



私は

レコードを持っておらず

CDでDJをやる

そのマシーンがコチラ!

↓↓
ドーン!
CA390374.jpg
CDJといいます



そしてこの2台のCDJを駆使するために

↓↓
ドーン!
CA390375.jpg
こんなマシーンを使います



このマシーンを使いこなすことが

様々なツマミをひねったりすることが

スイッチを切り替えたりすることが

腕の見せどころであり

DJっぽい感じのいでたちに見えるコツ(形から入ります)



聴衆に「おおぉ~」と思わせるには

私など、まだまだまだまだペーペーじゃが

今回、まったりと気軽な心持ちでDJができた

というのも

聴衆

わずか5人



マスター:1人

接客:1人

DJ:2人(私含め)

お客:2人





DJを含めたオーガナイザー4人

お客さん2人



お客さんも顔見知りの人たちで(私は初対面でしたが)

アットホームな雰囲気

私も

アットホームな曲をかけたり、ノリのいい曲をかけたり

自分のかけたい曲をかけまくったり

やりたい放題のかけたい放題



もう一人のDJさんと交代しながら

自由に楽しませてもらったんじゃ

前述したが

私のDJの腕っ節はからっきし

それでも

このアットホームな雰囲気に

許してくれる雰囲気に

助けられながら、のびのびとDJができる

CA390376.jpg
のびのびとDJをしている人の視界



いい環境を提供してくれたことに感謝

そもそも私を誘ってくれたことに感謝

朝の5時過ぎまで

私のかける曲に耳を傾けてくれたお客さんにも感謝

思い切ってDJの世界に飛び込んだ自分に感謝



こんな自由な環境でDJをやれる場など

他に、ない






朝5時の風景
CA390377.jpg
非常にまったり(ラリホー1名)



お店の壁
CA390378.jpg
セクシー・サイケデリック






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





スポンサーサイト
│posted at 23:48:58│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.27(金)

その方のために一言


いつもこのブログ

「うさまくら日和」

に足を運んで頂き、ありがとうございます

初めてこのブログに足を運んで下さった方

興味を持っていただき、ありがたく思います









ここ数日の記事を読みなおすと

かな~り、追い込まれているなぁ

という感想を抱く方も少なくないのでは

と、思うた次第じゃ



確かに、実際のところ

精神的に追い込まれることもある

身体的に追い込まれることもある

時間的にも追い込まれている感がある



会社からの退職勧告

そして

退職時の条件をめぐって会社とバトル

期限を決めての就職活動

さらに

既にスケジュールに埋め込まれておるバンドのライブがあり

ライブに向けての楽曲練習(エレキベース担当です)



これらを同時並行で行い、全てに全力を投入する



ようやく会社とのバトルは終わったが(私が折れる形で終わりました)

就職活動できる期限は日を追うごとに少なくなり

ここ関東に居れる時間は少なくなり

なんというかもう

毎日が、落ちる砂時計を見ている気分じゃ



収入源が必要じゃ

生活がかかっておる

バンド活動も維持するためには関東におらなければならん

迷惑をかけたくないバンド仲間がおる

関東に培った人脈や、気の許せる友人達がおる

生きて、動ける体で、回る頭で

とにかく行動せねばなるまい



寝ぼけている暇などない



そんなことを日々書いていると

記事を読んで

追い込まれているなぁという感想を

抱くのは私だけじゃないと思う



けど

実際は

けっこうまったりやっておる

なかなか元気に過ごしておる



なんだかブログには

負の部分を吐き出してきまくったように思うんじゃ

負の部分をブログへ吐き出して、現実世界へ挑む

そしてまた、ブログに毒吐いて、現実世界へ挑む

その繰り返し



現実世界でもいいことや楽しいこと

結構味わっておる

けして悪いことばかりではないんじゃ~

いいことと悪いこと、半々くらいかのう



じゃから、もし、このブログの記事を読んで

大丈夫か、うさ枕!?

と思われた方がいらっしゃったら

その方のために一言いわせてほしい









大丈夫じゃ、うさ枕は!!






今日はこれから

DJをしに歌舞伎町へ行ってまいる

そのくらい元気に楽しみを持って

日々を過ごしておる

そしてこれからも、元気に楽しみを持って

過ごしてゆきたいと思う






心配して下さる方、応援して下さる方

いつも感謝の念でいっぱいです

ありがとうございます



ではDJ、行ってまいる~






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:43:12│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.02.26(木)

イン カオス


「何かしら、胸がドキドキする」by 風の谷のナウシカ



ここ1週間ほど

心身の調子がおかしい



朝から晩まで、不定期に動悸がする

それは急に襲ってくる

軽い動悸のときもあれば、激しい動悸のときもある



軽いときはなんとか動けたりするが

激しいときはもう、寝ておるしか、じっと耐えるしかない

脈が速くなり、息も絶え絶え



厄介なのは

いつ激しい動悸が襲ってくるか全く予想がつかないこと

予兆なしに、発作のように忍び寄る動悸



ちょうど、通院日があったので

通院した際、医者さんにこのことをうったえた

医者さんは

現在処方している薬などから判断しても

原因は分からないようじゃった

そして最後に言った言葉が

「しばらく様子をみましょう」












ふざけるな

こっちは今、今なんだよ

食事も喉をとおらないんだよ

明日にはきっと良くなっている

そう思ってもう数日経ってんだよ

睡眠導入剤

過剰摂取してやっと眠れてんだよ

途中でぶっ倒れてもいい覚悟で

病院まで来てんだよ






そんな体調でも

再就職活動をし、バンドの練習に行き

頭を回転させ、体を使い、行動する

症状の軽いときを見計らっては、行動する

バンドの練習の時などは

死んでもいいと思って演奏しておった

再就職活動のための履歴書や職務経歴書の作成作業は

頭が働かず一向に進まないことも多々あった



考えるべき事柄が

一つ一つまとまらないまま

結論までたどり着かないまま放置されっぱなしで

次、はい次と、また考える事柄が増えていく

何一つ片付かないまま、混乱



身を縮めて布団の中に横になりながら

とりとめもなく考える・・・

生きている意味って何?

企業に勤めて働く意義って何?

人を好きになるって何?



答えは出ずに、頭の中がぐちゃぐちゃする

目をつむると

暗い混沌の渦に飲み込まれそうな感覚に陥る

一寸先の闇、今居る場所も闇

思考停止、精神状態不安定、体調最悪、感情の波激しく

もはやカオス



ようやく、この心のぐちゃぐちゃな闇に

僅かながら光が差し込んできたところで

今、この記事を書いておる



今日の晩は

寝れるだろうかと心配し

明日の朝は

また激しい動悸に襲われることを思い憂鬱になりながら

今、この記事を書いておる






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 18:17:10│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.25(水)

放り出して


今日は


















再就職活動も

バンドの課題曲練習も

外に出ることすら

しないことに決めたんじゃ






このところ調子が悪い

身体に異変を感じておる



だから

今日は完全休養日とするのじゃ

朝寝をし、昼寝をし、そしてこれから、夜も寝る






今日は全てのやらなきゃいけないことを

放り出して

読みかけの本も

放り出して

頂いたメールの返信も

放り出して



まったり過ごさせてもらう



色々な物事が私を取り巻いていて

対応しきれんくなったのを

170%くらい(うさ枕基準です)のエネルギーを振り絞って

こなしていたことのツケがまわってきたのじゃろか?



原因不明の体調不良に襲われておる



今も、体調不良がいつまた襲ってくるか、怖い






なので今日は何もせず、家にこもり、適当にボーっとしておる

こんな日があってもいいじゃろ?






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:50:23│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.24(火)

通った会社


雨の日も

風が強い日も

通っていた会社



実際にバリバリ仕事をしていた頃は

取引先のお客さんのところへ出向して

作業に携わっていたので

それほど自分の会社、本社には

通うこともなかった

何か用事があるときだけ

本社に戻ることがある

その程度



それが一転

本社へ

自分の勤め先の会社へ

頻繁に通うようになったのは

私の抱えるうつうつがひどくなり

休職を余儀なくされた時期の

リハビリ出社じゃった



雨の日も

風が強くても

多少うつうつがひどくても

通った会社



上司や他の上長に認められるため

私の回復ぶりをアピールするため

行動で示してその姿を実際に見せるため

通った会社



私のアピールも通じず

復帰が許されず

休職期間満了に伴って退職勧告を受け

いわゆるクビにあってから

退職時の条件について会社ともめている間

通った会社



以前、私、会社ともめます宣言をして以来



本当に会社ともめた



私は会社の出してきた条件に納得がいかない

会社は私の提示した内容に応じようとしない

どちらも譲らない



退職勧告を受けてかれこれ1ヶ月弱経った今

ついに

私が諦めた、私が折れた

会社の出してきた条件で合意することにした



心の中では

クソッタレだと思うた

会社に対しても思うたし

そんな会社の出す条件をのむ自分に対しても思うた

悔しくて悔しくて悔しくて悔しくて

しかたがなかった

胃がキリキリと鈍い悲鳴をあげた



会社と、もめればもめる程

会社の汚い部分、ずるいやり方、横柄な態度が

見えてくる



どうやら

組織の人間というのは、血がかよっていないらしい

組織に染まった人間というのは

自分が組織に染まっていることの自覚がなく

組織を守るために

そして

組織に属する自分の保身のために

行動する



イズムに、バイブルに、疑問を抱くことなく

疑問を抱いたとしても、保身のために動けない



そんな上司たちの姿を目の当たりにし

私は辟易してしまった

この会社に失望してしまった

しかし、もしかしたら

どこの会社も結局同じかもしれないと思うと

会社に勤める意義とか、わからんくなってきた

会社不信



昨日も

雨の中

会社へ行ってきた

昨日は

退職の手続きのために

会社へ返却する物を持って行くために

会社の退職案に合意しますと書かれた

クソッたれた文書を持って行くために

出社した



そして、昨日の出社が事実上

最後の出社になる



もうあの会社に行く用はない



帰り際、お世話になった上司に挨拶をした

それ以上でも

それ未満でもない

ただの挨拶

無表情の「ありがとうございました」



ようやく言ってやれる

自分に言ってやれる






「いままでお疲れ様」






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:00:52│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.02.21(土)

こんな仲間だから


今週日曜、2月15日

バンドの練習でスタジオへ行ってまいった

(前記事の続きの記事です)



練習には約1時間の大遅刻をしたものの

皆に詫びを入れたが

何事もなかったかのように

練習が始まった

(いつもそんな感じです)

私を含めた全員

4人でのバンド練習が始まった



3月28日にライブをひかえておる今

メンバーの焦りと不安は日に日に増すばかりで

練習中にも

完成度を求める声や

選曲を疑問視する声が

聞かれるようになった






約1ヶ月前にして

皆、本気(本気と書いてマジ)






交わす言葉は柔らかいのじゃが

内容が本気(本気と書いてマジ)






もちろん、演奏中に

奏でる音も本気(本気と書いてマジ)






結局

煮詰まりきらないまま

腹八分目の状態で練習を終えた

(私の大遅刻が原因です…)

この日の

スタジオのレンタル時間が終わってしまった








練習後は毎回、行きつけの居酒屋へ行き

「反省会」

をするんじゃけども

それは今回も同様のこと

じゃが、今回はいつもよりヒートアップした



ライブ全体のタイムテーブル検討上

ライブで披露する曲目のリストを

この日までに提出しなければならず

選曲をめぐって激論が交わされた

(なんとか決まりました…フゥ~)



その熱も冷めた頃

ふと聞かれたんじゃ



うさ枕はいま、どんな感じなの?



私は現状を話した

本当はいい報告をしたいところじゃが

現実はそうでもない

しかし、メンバーには

ありのままを伝えなければという思いが強くあった






会社から退職勧告を受けて

交渉中じゃが、調整中じゃが、好条件での退職は難しいこと



再就職活動をしており

精力的に動いているのもの、なかなか再就職先が決まらないこと



関東におる期限を決めたこと



もしかすると、最悪の場合

ライブの日まで関東におれないかもしれないこと



ライブの日まで関東におれない場合は

どうか素泊まりさせて下さいとのお願い



再就職がなかなか決まらない要因として

うつうつを抱えておることが大きいということ



それでもやはり、このうつうつを隠しての

再就職活動はなるべく避けたいということ



過去には(うつうつがひどくても)死ぬ気で

バンドの練習に行っていた時もあったこと



過去には(うつうつがひどくても)200%の力を出して

バンドの練習に行っていた時もあったこと



もし地元の北海道へ帰ることになったら

今後のバンド活動はどうしようか、ということ

なんかを話した



メンバーの表情は渋かった・・・

こんなにニヒルなメンバーの顔を見たのは

初めてじゃった



定年までやろうぜ、このバンド活動!

還暦までやろうぜ、このバンド活動!

が口癖の我らに

突如訪れた先の不透明感

誰もが黙った



しかしメンバーは

出来る限りのことをしようとしてくれる

考えうる限りのアドバイスをくれる

最悪うちの会社に来い!と(本気で)言ってくれる

北海道合宿なども(本気で)検討してくれる

私はそれにどう応えるかじゃ



こんな仲間がいるから

こんな仲間達じゃから

私は

関東から出れんじゃないか

いつも未来が好きになれるじゃないか

自由なまま笑えるじゃないか






どんなことがあろうとも

ライブは成功させたい



ライブ日・・・3月28日






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 15:01:50│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.20(金)

携えるもの


今週日曜、2月15日のこと

バンドの練習でスタジオへ



行くには行ったのじゃが

約30分の遅刻となりそうな気配がした

なので

先にメンバーにはメールで

「30分遅れます、ごめんなさい!」

とメールを送信しておいた

原因は・・・









友人との電話!

会社との退職条件に関して交渉するにあたって

どのようなアプローチをするのが効果的か

会社側の反応はこんな感じだが、どう切り返すべきか

などなど

会社と労働問題について裁判経験のある友人に

話を伺っておったら

気がつけば

今すぐに家を出ても30分遅刻となる時間じゃった・・・



急いで用意して出かけるも

私の行く手を遮る出来事がまた起こる

今度は・・・









電車遅延!

私の乗っていた電車の先を走っていた電車と

人が

ぶつかったらしい

いたましい、なんとも、いたましい

しかし

私は今、猛烈に急いでおるんじゃー

と叫んでみる(心の中でね、電車の中なのでね)



停車状態の電車の中で

私は再びバンドのメンバーにメールを送信した

「60分ほど遅れます、本当にごめんなさい!」



バンドの練習で借りるスタジオの時間は決まっておる

我々のバンドはいつも

14時~17時の3時間、スタジオを借りる

そのうちの1時間を無駄にしてしまうのじゃから

心苦しいし、私ひとりの問題ではなく

メンバーに迷惑をかける



しかし目の前では

人身事故

ぶつかった人はどうなっておるんじゃろうか?

何故ぶつかりにいってしまったんじゃろうか?

心の焦りと同時に悲しい思いが胸を走る

痛烈な痛みを想像し、悲痛な思いを想像する



私も数ヶ月前に

自分の体を、走る列車に投じようかと

本気で考えたことがあった

そのときは大きなうつうつの波が来ている時で

このままじゃいけんと思うて

医者さんとこへ行き

開口一番「死にたいんですけどっ」と訴えた

今でも、そんな、うつうつの波は怖い



そんなことを考えているうちに

列車は走りだした



「遅れてしまい大変申し訳ございません」

と車内放送がかかる

停車しておった時間は20分ほどじゃが

その僅か20分の停車で、車内の人間の表情が変わる

不満感をあらわにし

迷惑をこうむったという

被害者意識が煮詰まったような空気が

車両に充満する

「大変ご迷惑をおかけしました、申し訳ございません」

車内放送は繰り返し謝る



本当に申し訳ないのは、誰なんじゃろう?



走り出す電車の汚れた窓から

現場はどこだったんじゃろうかと目を凝らして見る

すると

なんだか逆にこちらが見られている様にも感じる



エレキベースを携え

大遅刻が確実視された私はもう

半分以上、諦めの気持ちをも携え

スタジオへ向かう



人身事故があったにも関わらず

なんとか60分の遅刻で済みそうじゃ

と安堵の気持ちをも携え

スタジオへ向かう






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 16:01:43│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.18(水)

ここで探す


私は今、関東に住んでおる

約5年、関東に住んでおる

地元は北海道



学生生活を終えて

社会人として就職する会社が

たまたま関東にあったので

そのまま関東に移り住み、社会人生活を始めた

学生時代から幾度となく

引っ越しをくり返してきた私にとっては

就職先がどこであろうと

構わないと思うておった

たまたま偶然の関東



当時は元カノと別れる前で

付き合っている間もいろいろあった



お金はなかった

貯えがまるでなかった

貯えるほどの金銭的余裕もなかった

元カノとは結婚を間近にして別れた

いろいろあった

職場での思い出もたくさんあるし

職場外での思い出もたくさんある

そして何より

関東で培ってきた人間関係がある

今も途切れることなく続いておる人脈がある

私のことを信頼し信用してくれる仲間がおる

そんな人達が関東にいるから

私は関東から

なかなか離れられんくなっておるのかも知れん

常に

住む場所なんてどこでもいいのじゃ~

というスタンスでおった私じゃが

関東から

なかなか離れられんくなっておるのかも知れん



この度会社から退職勧告を受けた時に

いちおう地元におる両親に

会社でこんなことがあったよ

と話して聞かせた



そうか、で、これからどうするの?

と両親は、先の心配をしてきた

もう北海道に戻ってきなさい

とも言われた

派遣切りや正社員切りのニュースが

新聞やネット、テレビで踊る昨今

路頭に迷う人も少なからずおる今の不景気

帰るところがある

そして

今住める家がある

それだけで幸せなことなのだと思う



私自身、地元へ戻ろうかどうしようかと

悩む時期もあった

愛着や地元の仲間、環境、魅力的な要素はたくさんあった



それは、地元へ戻るのは、まだ今ではないという思いが

私の中に強くある

なら、いつ地元へ戻るんじゃ?と問われても

今はなんとも言えない



両親と話し合った結果

当面はここ関東で再就職先を探すことに同意してくれた

しかし

私の収入は来月でストップする

私の経済状況はギリギリ

じゃから、期限を切ると両親に伝えた

ほぼ、引き伸ばしても3月いっぱいまで

再就職先が決まらず生活のメドが立たないようであれば

地元へ帰ると、両親に伝えた



私は今、関東での再就職探しに躍起になっておる

それはきっと、まだ関東にいたい気持ちが

原動力になっているのじゃと思う



そんな折

親の本音を聞かされた

本当は北海道で就職先を探してほしい・・・



そんな折

前職場の先輩MTさんの本音を聞かされた

うさ枕には北海道に転職先を決めてほしい・・・



私の北海道入りを待っていてくれる人たちがおる

特に前職場の先輩MTさんからの本音は

私の目頭を熱くさせた






その気持ちをないがしろにするわけじゃない

でも、私は当面、関東で職場を探す

待ってくれている人たちには

直接は言えんかったが、心の中で

ごめんな、ごめんな

と何度も謝りながら

関東で職場を探しておる






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 11:05:23│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.16(月)

涙がこぼれそう


今の気持ち

↓↓

↓↓

↓↓







でラブコール あの娘にラブコール






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:29:33│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.13(金)

エンジン火を噴くまで


いま、会社ともめておる

もめるという表現が正しいかは微妙なところで

要は

会社の提示した退職の条件に

私が合意していない

納得がいかない



2月9日に会社へ赴き

話し合いをしたんじゃが

その場ではとても合意できる気がしなかった

(好条件であればその場で合意してもOKでした)



本当はもっともっと

細やかに

詳細に

事のあらすじを書いていきたいところじゃが

いささかそんなわけにもいかず

どうしても詳細をブログで公開するには

強い抵抗感が拭えないのじゃ



じゃが、これだけはやっぱり確かじゃ









私、会社ともめます






今日、一通のメールを会社の上司に送った

来週の月曜日、2月16日に

また会社へ赴き

少し話し合いをすることになった

第2ラウンドのゴングが鳴った

私の退職予定は2月末日

それまでに決着がつくのかもわからん





こちらもこちらなりに必死じゃ

策を練り、対応を考え、資料を作り

文章をひねり出し

会社と交渉を進める



誰が会社の言いなりになるものか



この期間、ご助力いただいている方々

深くお礼申し上げます

どうか、もう少しだけ

お付き合いください



この期間、どうなることやらと見守って下さっている方々

深くお礼申し上げます

どうか、こんな私を、このブログを

見守ってやって下さい






当然

会社を辞める訳じゃから

次の仕事を見つけなければ生活しておれんくなる

辞める会社ともめながら

次ゆく会社を探しておる

明日は面接じゃし

これで受かるとも限らんから

まだまだ再就職の道も険しい






と同時に

来月に控えるバンドのライブのための

課題曲練習をしなければならず



とてもじゃないが

1日が24時間では足りない

(私のバイタリティーも足りてませんが…)






常に何かに追われています









うさ枕エンジンは火を噴きそうじゃ






走り続ける、エンジン火を噴くまで・・・



聞こえはいいが

現状は惨憺たるものじゃ

うつうつの症状も

日々じわりじわりと強くなってきておる

朝の倦怠感が強くなってきて

以前出社出来ていた時間に起きることすら

ままならん

朝、動くことすら

ままならん



じゃが

今が、正念場

今月が、山



私は動き続ける

考え続ける

走り続ける

這い上がり続ける



せめて

よりよい方向へ向かっていることを願いながら







しばらくコメントのお返事が完璧に滞っております

いただいたコメント

ありがたく拝読させていただいております

当分の間お返事はできないものと思いますが

それでもコメント欄は解放しておきます

お返事は気にしなくていいよ、という方が

いらっしゃいましたら、有難く思います

どうぞ

ご意見、ご感想など、気がねなく書き込んで下さいませ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:44│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.10(火)

ペンを片手に


1月30日に退職勧告を受けて以来

会社には全く行っていなかったんじゃが

2月9日、会社へ行ってまいった

というか、戦場へ行ってまいった






私は

会社へ行く時に

当然、スーツに着替え

ビジネス鞄に、ビジネスシューズ

シャキンとネクタイを締めて

行ってまいった






この度の会社との戦、けして油断など許されない

けして、落ち度があってはならない

忘れものの無いように

前日から準備を怠らなかった

入念に持ち物をチェックし

当日に慌てていて忘れちゃったなどということがないように

準備をした









のだが、その準備品の中で、これがあまりにも高性能なので

今回、記事にすることにした






百聞は一見にしかず



ということで、撮った写真をまじえながら

紹介していこうと思う






今回紹介する品、とくとご覧あれ



まずは見た目

CA390367.jpg






・・・・・・






黒いペン・・・

ボールペン・・・



紙などに絵や字を書くことができる、ボールペンじゃ









ところが



真ん中を開けると

CA390368.jpg



・・・・・・


普通のボールペンではないことが

お分かりいただけるじゃろう



何かの端子が付いておる



その端子に

CA390369.jpg




専用のコードを接続してみる



コードの反対側の先は

CA390371.jpg




USB端子



既にお分かりいただけた方も

多数いらっしゃると思うが



これ













どこからどう見ても



ボールペンの形をしておるが










実はICレコーダーじゃ

(いわゆるボイスレコーダーです)






この度の戦、現場は会議室、相手は二人の部長

その戦の全てを、こいつで録音してみた





再生してみると

見た目だけで性能は大したことないんじゃないの~?

と思う方もいらっしゃるかも知れないが

すばらしくクッキリと

鮮明に

克明に

必要十分なだけの集音性能を持っておった



我々の発言がほとんど90%くらいは

再生時に聞きとれる精度



申し分ない



ペン型ICレコーダー

GR-101



申し分ない



こっそり見つからないように録音する必要がおありの方

ICレコーダー欲しいんだけどどうしようかとお悩みの方

ご購入の参考にしてみてはいかがじゃろうか






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:56:51│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.02.09(月)

二面相を垣間見る


私は会社から退職勧告を受けた

それが

1月30日のこと

それから11日ぶりに

私は今日、出社した



会社は

私の再就職活動や生活基盤構築等のために

準備金として退職時に給与1ヶ月分を支給すると

言っておる





私はこの処遇に納得していない

そもそも退職自体、受け入れていない

約1年半という長い休職という冬の時間を経て

ようやく復帰目前にまでたどり着いた今

いきなり「君の退職が決まった」などと言われても

何を今さら言うておるのじゃ



怒りの炎でメラメラと心が燃える



だから

言いたいことは言う

求めるものは求める

そんなスタンスで

出社してまいった



この度、私が会社へ求めたことは

要求1.うさ枕退職の撤回

要求2.撤回されない場合、会社都合による退職であること

要求3.保証金として給与2ヶ月分相当の金額の支払い

要求4.資料にその場でサイン・捺印せず持ち帰ること

要求5.先日送信した質問メールへの回答

要求6.2月20日付の退職を2月末(28日)付に変更すること




話し合いは1時間半に及んだ(長いようで短いようで…)

その間、いろいろと話をしたんじゃが

私の中でまだ、まとまりきっておらんのじゃ



だから



詳細は後日として(書ければ書きます・・・)

今日は結論だけ先に書かせてもらう



要求1

退職の撤回はされなかったんじゃ

撤回できんかった・・・

うさ枕、退職決定!



要求2

退職理由は会社都合による退職になった

要求実現!



要求3

2ヶ月分相当の金額の支払い要求は一蹴された

1ヶ月分の金額の支払いのまま変更なし!



要求4

その場でサイン・捺印を求められたが

「納得いっておりません」と断固拒否

資料持ち帰り済み!



要求5

意見交換・説得・話し合いの末

無事回答を得ることができた

フゥ~!



要求6

これは先日メールでお願いしてあった要求項目なんじゃが

こちらの要求どおり変更された

すんなり受け入れてくれてスムーズに変更完了!






昨日の記事で

会社との交渉を「負けられない」と表現したけれど

今日、実際に話してみて

結果は勝ち負けではないなと思うた



交渉相手は人であり法人でもある



情を見せる場面や判断もあれば

血も涙もない言動をしてくることもある



温かい思いやりに感謝の念を抱くこともあれば

ビジネスライクに処理され憤りを感じることもある



会社の社員としての顔、一人の人間としての顔

その両方を垣間見た話し合いじゃった






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:49│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.08(日)

負けられない戦い


「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」

そんなフレーズを

サッカー中継で何度も耳にしたような・・・






私は明日、出社する

出社して、話をし

用意されている資料とやらに目をとおす

(おそらくその場でサイン、捺印を要求されるでしょう)



先日、メールで会社とやり取りをした



うさ枕 → 会社

その1.この度の退職が会社側からの解雇かどうかの質問

その2.過去のタイムカードの閲覧・確認をしたいが可能か

その3.退職予定日を2月20日ではなく2月末にしてほしいが可能か



会社 → うさ枕

資料が用意できたから来社してほしい

(うさ枕からの質問には一切回答なし)



うさ枕 → 会社

承知しました

来社日時は、

2月9日(月曜日)、13:00~でどうか



会社 → うさ枕

了解です

2/9(月) 13:00~

本社へお願いいたします






2月9日(明日です)に、出社することとなった



私の投げかけた質問メールに一切回答してこない会社の対応

おそらく私の投げかけたその1の質問に対応するべく

9日のために用意した資料とやら、及び巧妙な会話で

「会社都合の退職」ではなく「自己都合の退職」

したいがためであろうと予想できる



私、会社、それぞれに記録として残る「退職理由」

お互い、記録に泥を塗りたくはないのは一緒じゃ



私の場合、自己都合と会社都合の違いによって

まず失業保険の給付制限の有無が判断される

(すぐに支給されるか3ヶ月後から支給されるかの違いです)

それだけも重大な違いじゃ

それに

私のキャリアや進路にも多大な影響を与えることになる



会社側も、会社都合により退職する者が出ることを

極力避けてくるであろう

そういう記録を残したくないのじゃろうが

私は一切譲る気はない

今回の退職劇はあくまでも

会社の判断による、会社都合での退職じゃ



だって



私は会社から「君の復帰に踏み切れない」

断言されたのだから

さらに

「君を雇う体力が会社には無くなってきている」とも

言われたのだから



そして

その2その3の質問に対しても回答はなかった

これも、予め会社側で相談し

巧妙に対処するべく案を練りだしてあるはずじゃ

だから

予め練った会社側のシナリオが出来ていて

そのシナリオどおりの道筋をたどり

会社の思い通りの処遇を実現させるために

あえて私からの質問メールには回答せず、言及せず

本社に私を呼んでその場でシナリオどおりに決着を

つけたいのじゃろう



明日、会社と戦ってくる



うさ枕退職劇は

まだ終わっていない

そして

絶対に負けられない

譲れない

それが

どんなアウェー戦であろうとも






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:02│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.02.07(土)

求職する人々と私


昨日、おとといと

ハローワークに行ってまいった



以前転職するときに通ったハローワークに行ったんじゃが

今は私の住んでいる市がそのハローワークの管轄から外れ

ここではなく○○市のハローワークへお出で下さい

と言われてしまった





○○市のハローワークへ行ったんじゃが・・・



人・人・

随分多くの人達が、職を探して訪れている

ほんとうにもう、ハンパではない人の数で

相談窓口の待ち時間が一時間待ちとか40人待ちとかいう状態



ハローワークのPCから求人情報を閲覧するのにも

一人一回30分までという制限が設けられていた

(あっという間の30分でした・・・たった30分で調べられるか~!

これは一人でも多くの人に求人情報の閲覧をさせたい

というハローワークの意思によるものなんだとか



それだけ、今、仕事を探している人が多い現状

なんともいえず、切なくなった

私の隣に座っている女性も

あそこで小さな子供を連れて歩いているおねえさんも

携帯をいじっている茶髪ロン毛のおにいさんも

家庭をもっていてもおかしくない年代のおじさんも

みな、仕事を探してやって来ているこの場所

ハローワーク



私にも私なりの事情があるように

それぞれに事情があるんじゃろうな

それを思うと

切なくなって切なくなって

たまらない気持ちになった



おとといは

あまりの人の多さに目がくらみ

あまりの切なさに胸が痛み

最低限

あまり時間のかからない窓口、失業保険の窓口で

失業保険について説明を受けてきた

それで精いっぱいじゃった



そして昨日、再びハローワークへ足を向けた

約1時間待ち、相談窓口までたどり着き

求人登録と私の事情を踏まえた説明を受けた

求人情報には

大きく分けて2種類あることを知らされた

ひとつは一般求人

これは普通の求人情報が載せられておる

もうひとつは、障害者求人

これは心身に何らかの障害を持っておる人用の求人

障害者手帳を持っておれば

障害者求人の閲覧や応募ができる求人じゃ



ドクターストップも解かれ

毎日出勤してきて

いざ復帰というタイミングで「君の復職はできない」と言われた私

職場復帰の準備は最低限できておる(アイドリング状態です)



だから



一般求人と障害者求人のどちらの道でも行ける

ただ、ハローワークの求人登録制度上

どちらか一方を選択しなければならないそうじゃ

いわゆる「一般の人」として求職活動をするか

「障害者」として求職活動をするかの

選択



昨日調べた、一般求人と障害者求人との

違いと大まかな傾向としては

一般求人

求人数が多い、給与が高め、要職につける

障害者求人

求職数が少ない、給与が低め

初めから障害を持つことへの配慮がある



精神障害を患ってはいるものの

今の私はどちらも選択できる身

迷っておる

どちらで攻めるかを

(とりあえず後日、医者さんに相談に行きます)






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 17:01:42│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.04(水)

打ち明ける2

よろしければ

先にこちらの記事をお読みください(別窓で開きます)

↓↓
■打ち明ける



バンドメンバーに

私が心の病を抱えていると打ち明けれたのは

去年の10月11日



その頃は

いつか近い将来に職場復帰して

経済的にも精神的にも

バンドメンバーに心配かけないようになっていたい

いや

心配かけないようになっていよう

そう

心に固く誓っておった



しかし

その誓いはガラガラと音をたてて

崩れ落ちた

会社の決断を前にして

私の誓いなどあまりに脆弱なものだと

思い知った



会社は私をこれ以上雇えないと言った

私は(ものすごく)近い将来、無職になる



必ず元気になってくるから!

治らない病気じゃないから!

安定した生活をおくるから!

心配かけないようにするから!



そんな想いとはうらはらに

私は

再びバンドメンバーに、打ち明け話を

しなければならなくなった



バンドメンバーと次に会うのは

2月15日の練習時

それではあまりに遅すぎる

悪い内容ほど早く報告せねばなるまい



何度も躊躇した

今更こんなことが言えるか

仕事辞めることになりましたなどと言えるか



しかし現実は現実

私は会社を去らねばならなくなるのじゃ

しかも

再就職先を首都圏内及びその近郊にしないと

定期的なバンド練習に参加できなくなる

私がいなくなると

バンドは事実上解散・・・

空中分解する

この4人だからできた遊びがある

この4人だからできた楽しみ方がある

この4人だから保たれたバランスがある

誰かが欠けてはダメなんじゃ



これから先

地元(北海道です)に戻ることも視野に入れて

進路を検討中じゃから

バンドが解散する可能性は充分考えられる

バンドの進路は、私の進路にかかっておる

大きな選択を迫られたこの状況を

何度も躊躇したが

メンバーに報告した



「はじめに、突然の報告となって申し訳ありません

私、1月の30日に今の勤め先から、君の復帰に踏み切れない

と言われました

職場復帰直前の出来事であり

会社と争うかどうか

また、地元の北海道へ戻るか

関東へ残るかなども含めて

今後の進路を検討中です



しかしながら

3月28日のライブは

何としても参加・成功させたい気持ちでおります

その際、もしかすると皆の協力をあおぐことも

あるかも知れません

そのときはどうかよろしくお願いします

くり返しますが、ライブには参加する所存です

なにとぞご理解のほどを」



こんなメールをメンバーに送った

すると、各メンバーから返信があった



◆ボーカル

「協力出来ることがあれば協力するよ。」



◆ギター

「まあ、ゆっくり考えようや。

とりあえずはライヴに向けてがんばろう

協力できることは何でもするよ。」



◆ドラム(リーダー)

「了解です。

私としては、せっかく(地元から)出てきたんだし、

今の会社が全てって訳でもないだろうし、

関東で新しい仕事見つけてもうちょっと頑張ってみたらと

思いますが、まあいろいろあるでしょうから、

うさ枕の検討結果を待ってます。

とりあえず3月のライヴ成功できるように頑張りましょう!!!」



ありがたい

ありがたすぎて目頭が熱~くなった



メールの内容にもあるように

我々のバンドは3月28日にライヴを演る

ライブハウスで披露するのは初めてで

事実上、我々バンドのデビュー戦じゃ

どうしても

どうしても

ライヴデビュー戦をおしゃかにしたくはない

メンバーの温かいメッセージを胸に秘めて

どう行動するかは私次第

後悔だけはしたくない






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:55:23│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.02.03(火)

二つの恵方巻


今日は節分



いざ、豆まきじゃー



と思うたが

豆まきはせんかった・・・



家で豆をまくより

会社に向かって思いっきり

豆を投げてやりたい気分でした



しかしながら



恵方巻は食べた



二度食べた



一度目は普通の恵方巻



よくスーパーなんかで売っている海苔巻きの太くて長いヤツ



そして二つ目は



・・・



恵方巻のショッピング中に

こんなポップを発見してしまったため

これしかないと思うた



むしろこれが今年の私の恵方巻のスタイルじゃと思うた



これがそのポップ
559532580_133.jpg



そして購入したのが

コレ!

↓↓

↓↓

↓↓
ながーいぞ
CA390356.jpg

ロールちゃん
(濃厚ミルククリーム味)


うーん、なんとも

恵方巻にピッタリのスタイルをしておる



結局

私は普通の恵方巻用の海苔巻と

ロールちゃんの

二つを丸かぶりした

だって
559532580_133.jpg

こんなの見せられたら

買うしか、食べるしかないじゃろ?






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:33:51│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.02.02(月)

波うつ歌にノリながら


このうっぷんをどこで晴らそう

この気持ちを何で晴らそう

悔しくて

悔しくて

悔しくて

悔しくて

それでも

誰にも

この悔しさを伝えられない

何処にも

この悔しさを吐き出せない

伝えられたら、吐き出せたら

少しでも晴れるのかも知れない

けども

伝えたことを、吐き出したことを

逆に後悔するかも知れない



今月の最初の予定には

そんな今の私の心情にぴったりの

予定が入っていた



それは













オールでクラブ



昨晩のこと

クラブへ行ってまいった

夜中から朝方まで

カオスと言っていい音と人の渦の中に

身を投じてまいった



私にとっては初のクラブIN

うさ枕、クラブデビュー



この予定は前々から入れていた

私のこよなく愛するDJさんのロングセット

さらにもう一人

私のこよなく愛するDJさんのライブ演奏

この二人の奏でる音楽を同時に味わえるクラブイベントに

食いつかない訳がなかった



この予定は前々から入れていた

私の努力が実って2月から復帰

そう

私の努力が認められて2月から復職

そのお祝い、自分へのご褒美だと思っておったから

テンションが上がらない訳がなかった



おめでとうパーティー

それが

ざんねんパーティーに

なるなんて

予定を入れた頃には予想だにしなかった

信じられなかった

完全に復帰できるものと信じて疑わなかった

そのために約2ヶ月間、会社にも無償で通い続けた

2月頭から復帰の見込みだった

それがたった一日の、一回の会議で覆った



あれから体調がおかしい

眠気がひどい、この記念すべきクラブデビューも

上がってきたテンションは下ってゆく眠気で相殺され

どこかうつろで、どんよりハッピー



くそったれと思うた

波打つ歌にノリながら

全て忘れられればと思うた

全て忘れられればとリズムにノッた

全て忘れられればと体を動かした

誰も躍ったことのないような

私だけのダンスを

波鬱歌にノリながら






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:14:43│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.01(日)

幕切れ2


おとといの金曜日の夕刻

社内の会議室で

2月末(または2月20日)での退職の意向が

私に伝えられた



私の勤め先である業界全体も

昨今の不景気の煽りを受けていて

会社には

即戦力になり得ない私を抱える体力が

無くなってきておる現状がある



私の勤め先の仕事は

主に社外に出てお客さん先で仕事をいただき

その業務に携わる形式なんだけども

営業が会社へ持ってこれる業務案件の量が

かなり減ってきておる



そして

私のキャリア(技術や知識)にマッチする案件も取れない

私が復帰しても仕事がない状態で

事務所待機状態で稼げない(会社にお金を還元できない)

その上に、うつうつという爆弾を抱えている私には

会社から厳しい目が向けられた



特に

私の抱えるうつうつを

会社の幹部(特に社長)は気にしておる



ここ最近、うつから復帰して業務に就いものの

数日しかもたなくてダウンするというケースが

続いておるらしい



話をしている最中、以前このブログにも書いたOさんの話を聞かされた

(Oさん=うつを患い休職期限ギリギリで復帰を果たした偉大なる先輩)

Oさんは無事復職して今年1月から現場(お客さん先)に出て

実業務に就いたけれども

たった3日間でダウンしたそうじゃ

(なんじゃと~!!)



また

その他にも数人

立て続けに復帰失敗者が出てるとも聞かされた

長期に渡る休職をした社員で

復帰して働けている人がこれまでに一人もいない

皆失敗している現状・・・



そして

当然

私も同じように失敗するのではないかという懸念が強く

会社としては「うさ枕の復帰」に踏み切れないのだと

聞かされた



今の会社に入って半年で休職した私は

この会社ではほぼ何も実績をあげてないも同然で

特に信頼性に欠けるとも、聞かされた



おとといの金曜日の午前中

私の処遇について幹部で話し合いがもたれたそうじゃ

課長や部長は私を復帰させる方針で頑張ってくれたらしいが

最後まで社長が了承しなかった



うつ病休職者が復帰後バタバタと現場でダウンしていく中

当然、会社の看板を背負って現場へでる訳じゃから

会社の信用問題にも発展する

はじめからこうなる(ダウンする)ことがわかっていたのではないかと

お客さんからも責められる

その度に営業担当が頭をさげ、そんなことはありませんと弁明する



そのような光景を何度もまのあたりにしてきた社長は

うつ病休職者を一切信用しておらん

私がうつうつを患っていると知っていたら

採用していない

とも社長の口から言われておる

(以前、言った言わない聞いた聞いてないの話にまで発展しました)

不景気の煽りで会社の業績が悪化している今

社員の中でも一番尻尾の先にいる私がクビの対象になった形

復帰し業務に就くチャンスすら許されなかった形じゃ

私が復帰成功者第一号になるつもりでおったのに・・・



退職時期が2月末に設定されたのは

毎月申請しておる傷病手当金の支給期限と

休職期限の関係上のこと

傷病手当金が支給される間は

社員として籍を残しておいてくれるという



そして

退職の際には転職など今後の生活基盤の為の「準備金」として

私の一ヶ月分の給与分を支給するとのこと



うすうすと、こうなることも(解雇されることも)

覚悟はしておった

最悪のケースとしての覚悟

出社して会社のPCから求人情報を閲覧していたこともある(何度もです)

もう駄目じゃ~

などというほどの心的ダメージは受けておらん

ここで、へこたれてたまるか



ただ

私の頑張りを、復職への頑張りを

少しでも、ほんの少しでも認めてほしかった

わずかでも、くみ取って今後へ繋げてほしかった

こんな結果を望んで

必死で日々出社していた訳ではないのじゃ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 17:16:40│ コメント 2件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。