FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.01.31(土)

幕切れ


昨日

会社で話をした

相手は二人

肩書は二人とも「執行役部長」



来週からの私の処遇について

話をした

その結論をいうと



















































































会社、クビになります






経緯・詳細は書ければ書きます…






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




スポンサーサイト
│posted at 15:47:09│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.29(木)

処遇やいかに


課長と話をする機会があった



2月の帰社日の出欠どうする?

あ、出ます、出席でお願いします

ん、わかった、出席ね



ところで

部長から何か話はあった?

・・・いえ、ありません

ぼくの中では・・・

2月から復帰っていうふうに認識しているんだけど・・・

はい、私もです

ですが具体的に2月に復職するというお話は

一切聞いておりません

そうか・・・



あの、部長にお話を伺いに行ったほうがよろしいでしょうか

いや、いいよ、おれが聞いてくるから

聞いたらメールなりで伝えるよ

はい、よろしくお願いします


















1月の営業日は残すところ今日と明日のみ

しかしとりあえず今日のところ・・・



























課長からの連絡来ず!











戦場からの風景(オンマウス!)

タバコを吸いながら激写






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:45:08│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.01.28(水)

発散ツアー


ちょいとクールダウンというか

ピットインの時間が

どうしても欲しかったんじゃ

行ける気がしなかった

所用があると言って

事前に昨日、退社前に課長へ休む旨を伝えた

昨日の時点で、今日休む気満々じゃった

今日は、会社を休んだ



会社へ行く替わりに

向かった先がある

それは

ココ

↓↓

↓↓

↓↓
一人で
CA390364.jpg
カラオケ

略して、「ひとカラ」



1時間半おっても420円

ワンコインで、思う存分、誰も気にすることなく

飲み物も飲み放題で、歌い放題、叫び放題で

1時間半、ボックスの中で一人、轟いておった

主にシャウト

どうせ誰も聴いておらんし

聴かれたとしても大したことではない



喉がカラカラに枯れても

喉がヒリヒリ痛くなっても

叫び続けた

キチガイじゃ

1時間半のキチガイ



でも

1時間半ではまだまだ時間が足りんかった

もっともっと歌い続けていたかった

叫び続けていたかった

しかしここは心を鬼にして

財布と相談し、カラオケボックスを後にした






カラオケボックスを出た私はまだ帰宅しなかった

さらに行く先があった

それは

ココ

↓↓

↓↓

↓↓
ドーーーン
CA390365.jpg
太平洋!



心が深く沈んだり混乱したり

一呼吸おきたいときには

私はココへ来る

水の流れる音に耳をかし

その波や水しぶきをボーっと眺めていると

心の中で滞留していた色々な悩み事などが

スーッと流れていくように感じる

スーッと整理されていくように感じる

しばらくそうして、波のリズムに身を任せていると

なんとも心地よい気分になるんじゃ






今更ながら気付いたんじゃが

波がきておるのじゃ

うつうつの波が



うつうつの波は

最近3ヶ月以上もの間

一度もこなかったもので

かなり油断しておった

しかし来る

来るときには来る

2月から復職する私

その時期を見計らったように波はきた



ああ、私はまだうつうつなんだな、と

思い知らされる



フラストレーション発散の小旅行

今日のカラオケと海で

幾分、気持ちが軽くなった






そして

私の気持ちに添った

多くの逞しく優しい言葉をかけてくれたNさん

ありがとう






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:11:11│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.27(火)

見下ろす地面と誓約書


孤立しているかの様に感じる

多くの社員がいるフロア上で

一人

孤立しているかの様に感じる



特に誰から声をかけられるでもなく

こちらからも声をかけない

言いようの無い孤独感

ただ一人、黙々とPCに向かう

目的や目標は自分で考え 日々管理する

組織の中で、浮いている

今の私は

人から「あれやれ、これやれ」などと

言われる立場ではない

休職中でありフリーダムな状態である

しかしながら会社に拘束されておるという微妙な立場

窮屈で、閉塞感がある






ふと

死にたくなる

オフィスの窓から外を眺める

地面を眺める

ここから落ちたら間違いなく・・・

そんなことを考える



休職しているのだから

もっとゆったりかまえていればいい

しかし

こんなに切羽詰った心的状況にあるのは

復職が近いからかも知れない



先日、誓約書を書いた

内容は部長が考えた文章で

私はその紙面を確認し、署名、捺印をした

誓約書は概ね以下の内容になる



誓約書

私、うさ枕は

主治医の診断結果から復職が可能との判断で

株式会社○○○に復職するために

下記の事項をお誓いするとともに

就業規則に従います

(1)

休職前と同様の勤務状態を前提に

その体力・精神的なことはもちろんのこと勤務姿勢等々を

所属長や会社にご検討いただき

復職可能かを判断していただきます


(2)

復職に向け、周りからのクレームや

会社の信用を失墜させないようにします


(3)

復職準備として、会社に損害は与えません


(4)

自己責任のもと体調管理を徹底し復職を目指します


以上の事柄を守り

復職できるか否かは全面的に会社のご判断に従います

なお

復職の目安として平成21年2月からを考えておりますので

ご判断の程よろしくお願い申し上げます



2月頭から復帰の見込み

この誓約書は社長宛であり

後は社長の承認を待つのみとなった

待ちに待った復帰が近い

その喜びの反面

孤立しロストコミュニケーション状態に陥る私がおる



感情の沈み方が激しい



でも

どこにも弱音など吐けない



間違っても

医者さんに「死にたい」とは言えない

また休職期間が延びるだけだから

だから

ここでちょっとだけ、言わせてほしかった

でもちょっと、ちょっとだけにするわ









このところ

明るい内容が少なくてごめんなさい

明るく書こうとしても、書けないのじゃ

こんな文章しか、浮かばんのじゃ

そして

コメントのお返事がなかなか出来なくて

ごめんなさい

大事に拝読させていただいております

コメントのお返事は、どうか

いましばらくお待ちください






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 21:37:28│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.01.26(月)

眠気を噛む


私がうつうつを患った当初

職場でも家でも

とにかく眠くなる症状に悩まされた



私がまだ、今とは違う前の会社にいた頃で

家にいるときや会社が休みのときは思い切り眠れるが

仕事中かなりの時間を眠気との格闘に費やした



ときには

オフィスのフロアに寝転んでしまいたい衝動にかられ

ときには

自分のカバンが枕でないことに憤りを覚え

仕事など放り出して、とにかくもう、眠りたかった



眠気は日に日に強くなっていった

仕事ができなくなる程に




















あれから約2年・・・

今、再び仕事中の眠気がジワリジワリ・・・



プライベートでは平気なんじゃが

仕事中、眠い

とにかく、眠い

そこで

眠気対策を二つ考えた



コーヒー作戦

私は普段は水しか飲んでおらんから

(しかも家から持参している水道水

でもペットボトルはvolvicです♪)


コーヒーのカフェインはかなりいい感じで

私の眠気をスキッと吹き飛ばしてくれるであろう



ガム作戦

ひたすら噛む

噛んで眠気を晴らす、無理やりにでも起きる

一日一粒、そんなに大きな出費にもなるまい

眠くなるピークは毎回お昼過ぎと決まっておる

そのときを見計らって、噛む



とりあえず、ガム作戦でいくことにした

先週から始めたんじゃが、一応効果あり

度重なる眠気は強まるばかりじゃが

噛む噛む噛む

ひとまず眠らないでおれる

















ただ、気になる・・・



私、まだ無理をしておるんじゃろか

復帰は早いというのじゃろうか

うつうつが悪化しておるんじゃろか






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ






│posted at 16:40:01│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.01.22(木)

天秤は目先の圧力へ傾く


私は嘘をついていないか

私は騙していないか

私は誤魔化していないか

私は揉み消したことにしていないか

その対象は、私の抱えるうつ病



今のところ、私のうつ病は現在進行形

それなのに、治った気分でいないか

うつに罹る前と同じように行動していないか

自分を労わることを忘れていないか

きっといつか治るはずの病気の治療に

歯止めをかけているのは私自身なのではないか



頑張りすぎていないか





私は間近に迫った職場復帰へ向けて突き進んでおる

その間

色々な方から「焦らないでね」と声をかけられ

色々な方へ「焦らないでね」と声をかけておる

なのに

先を急いで焦っているのは他でもない、私自身なのではないか



うつを治すのはひとつのゴール

復職するのもひとつのゴール

復職後に安定して働いていくのも日々のゴール

それらゴールに向かって急いで走るあまり

いつの間にか方向がずれていないか



しかし休めない

今が大事な時期だから

復職へ向けてまい進している今

万が一体調不良で休もうものなら

万が一体調不良で遅刻でもしようものなら

万が一体調不良で早退でもしようものなら

各上長の私への信頼度はがた落ちする

休職したことによりどん底へ落ちて

再びコツコツ積み重ねてきた私への信頼度は

いとも簡単に、またどん底へ落ちる

見えないプレッシャー

この見えない圧力が私の背中を押す

激しく、押す



私は走り続ける

この休職期間中にも、何度も勢いよく走っては

周囲からの声で足を止めることができた

何度も無理しては、何度も無理しそうになっては

周囲からの声で足を止めることができた

いま

「会社からの見えないプレッシャー」

周囲からの「危ないから注意してゆっくりね」との声が

私の両腕を引っ張る

けれど天秤はプレッシャーの重さに傾き

私は走り続ける






私はこの休職期間中、何を学んだのじゃ

いい加減、足を止めたい、立ち止まりたい






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 16:50:48│ コメント 1件トラックバック 0件
2009.01.18(日)

私は人に自分をさらけだせない(後編)


つい先日、会社で

新たに知った、出来事がある

新たに知った、人の過去がある

互いにタバコを吸いながら

とりとめもなく話をしていた時のこと

(私にも少しずつ職場で話し相手が出来てきました!)



その相手、KZさん

私とタメ年らしい

KZさんは私に質問してきた

うさ枕さんは今どんな作業をしてるんですか?「待機中」ですか?

(待機中=事務所で仕事待ちをしている状態です)

私は答えた

違いますよ、「待機中」じゃありません

じゃあ、どこかの仕事を?

いえ、違いますよ、「仕事中」でもありません

え!「待機中」でも「仕事中」でもないんですか!何中!?

いやー、曖昧な立場で・・・

あ、そこ、あまりつっこんじゃいけないところですか?

KZさんは空気がよめるし、察しがいい

私が微妙な空気を出すと、瞬時に察知して気を遣ってくれる

ありがたい



微妙な雰囲気の中

やがて

KZさんは自分のことを、過去をポツポツと話し始めた



今わたしがしている作業は来週で終わるんですよ

で、その仕事が終わったら

とりあえず事務所で待機になるんですけど

わたしはここしばらく、事務所から出てないんです

今の仕事も事務所持ちかえりの作業ですし

他にも事情があるんです

実は前にちょっと病んじゃって・・・

で、休職とかもしちゃって・・・

外(お客さん先)に出るのはまだ早いと、様子を見られてたんですよ

でも次の仕事からは外に出ても大丈夫そうだね、と

直属の上長と話してたところなんですよ



・・・



・・・



そうなんですかKZさん…

・・・

・・・

実は…今、私がまさに休職中の状態なんです

・・・

・・・

あ、そうなんですか…

じゃあわざわざ会社に来なくてもいいんじゃないですか

いや、それが、そうもいかなくて

復帰へ向けて会社へアピールを・・・

しかも無給で・・・

・・・

・・・

そうなんですか…






言えた

私が今、休職中だってことを

しかも病んじゃって休職したってことを

言えた



くり返すが

私は人に自分をさらけだせない

しかし

KZさんが話をしてくれたことで、心の鍵が開いた

こういう話題は

なかなか話しずらいことじゃと思う

いきなりこんな話をして引かれたら、とか

話をした上で受け入れてもらえんかったら、とか

考えてしまい、なかなか口には出せない



そんな私からみてKZさんは…



きっと勇気を出して言ってくれたんじゃと思う



うさ枕のことを…



きっと信用・信頼して言ってくれたんじゃと思う







ありがとう



私も自分のこと多少なりともを言うことができた

人に言いたくなかったはずの内容を、素直に打ち明けれた



感謝する、KZさん






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:09:25│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.17(土)

私は人に自分をさらけだせない(前編)


私は人に自分をさらけだせない

人が先に自分をさらけだしてくれないと



私、めちゃくちゃコミュニケーションが苦手なんじゃ

そう言えるのは、インターネットを通しているからじゃ

直接顔を突き合わせて話をしている訳ではないからじゃ



本当は、人と接することが苦手なんじゃ



でもな

そんな私でも、相手から先に自分を出してくれたりすると

ああ、この人は私のことを信用・信頼してくれているんかなぁ

と思える

そんな人とは、コミュニケーションがとれるし

自ら話せるし、話を聞けるし

自分のことを(ある程度ですが)隠さないで表現できる



時々おるじゃろ

自分の過去などを語りたがる輩

そして

自分の過去などは語りたがらない輩

私は後者じゃ



人にはそれぞれ事情がある

私にも

私の周囲にいる人にも

モニタの前のそこのあたなにも

事情があるじゃろ

様々な過去があるじゃろ

そうして、今の生活があるじゃろ



現在に繋がる、そうした過去の出来事や苦労など

私はあまり話したいとは思わない

でも、このブログは、このブログには

かなーり正直に、かなーりありのままに

過去や苦労話なんかも載せておる

なんでかな

このブログだけは別なんじゃ



ただ

はけ口が欲しかったのは事実じゃ

そして

はけ口を直接的な人ではなく

間接的なネット、このブログに求めたのも事実じゃ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 17:54:39│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.14(水)

平行線


昨日のことじゃが

上司(課長)に時間を割いてもらい

話をした

1月5日の立ち会い以降、私に何も話がないので

業を煮やして私から話の場をもちかけた



まずは

現在の私の状態がどうなっているのかを聞いたんじゃが

1月6日の会議で立ち会いについて報告した他は

特に進捗はないと言う









いい加減にしてくれ





働いている様で、働いていない身

私はいつまで、どっちつかずの身なのじゃ

無給での通勤生活は、いつまで続くのじゃ



思わず、言いたいことを、言うてしまった

溜まっておった、うっぷんが出た



先日課長は目的と手段について

おっしゃっておりましたが

私は自分が目的と手段とをはきちがえているとは

思っておりません

私は復帰は大事なマイルストーンの一つだと

考えております

大事なのはそれからだとも考えています

ただ・・・

今の私は

仕事をしている「仕事中」でもなく

仕事待ちの「待機中」でもなく

「休職中」の身でありながら

給与も交通費も出されないまま

昼食代や交通費をかけて毎日出社し

会社で一日の大半の時間を過ごしています

働いている様で働いていない

そんな

どっちつかずの状態が未だ続いています

この状態をいつまで続ければよいのでしょうか



言っても、うっぷんは晴れんかった

課長は

そんなことより、もっと考えるべきことがある

と言う



理解は得られず、私も譲らず

わだかまりの残る話し合いじゃった

でも、とにかく言うだけ言った、それだけじゃ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:06:01│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.11(日)

見た目から切り落とす


私の頭部は温かい



髪の毛はボサボサに伸び

(1ヶ月程前はちょっとアダルティーな

素敵なミディアムレングスでした、素敵でした…)



落ちかけのパーマは中途半端に絡み合い

(1ヶ月程前はちょっとアダルティーな

素敵なウェ~ブでした、素敵でした…)



およそ都内某所で戦う企業戦士とはとても言えない

(1ヶ月程前はちょっとアダルティーな

素敵な個性を発揮してました、素敵でした…)



ひどい有様に成り果てておった



鬼太郎を思わせる、ひどい有様になっておった

(ゲゲゲの、アレです…彼です…

毛針とかの、アレです…彼です…)






もともとは

お気に入りの美容師さんにアドバイスをもらいつつ

自分で選んで決めた(キメた)自慢の髪型であった



しかし今や鬼太郎・・・



前髪をどうやって分けても片目にかかる

怪しげな、水木しげる氏の描く登場人物になっておった

(そのヘヤ~スタイルでスーツを着て都内を通勤しておりました)



これはなんとかせねばと思うことしばらく

思い切って

清水の舞台から飛び降りる気持ちで

髪を切りに行ってまいった

(コツコツ貯めていた貯金をおろしました!)



私が愛用している美容室

その美容室の中で

とりわけ私がごひいきにしている美容師がおる

いまや美容室の店長をまかされている

腕利きの美容師さんじゃ

今回もそのごひいきにしている美容師さんに頼んだ

もちろん

カット代だって美容師さんごとに違うし(私ごひいきの美容師さんは高い!)

髪を切るだけならもっと安い美容室や床屋さんが数多とある

でも、これだけは、ヘヤ~スタイルだけは

馴染みの美容師さんに頼みたかった

どうしても

満足のいく、納得のいく

自分への投資

したかった



「質素倹約、贅沢は敵です」な生活を送っている現状

痛すぎる出費であることは間違いなかったが

私の欲が勝ってしまった

今まで抑えていた

「素敵へのあこがれ欲」

が、噴出した

我慢の限界じゃった



そして意を決して臨んだヘヤ~カット

バッサバッサと切り落とされていく私のミディアムレングス

そう

今回のヘヤ~カットでは、思い切って

短めの髪にすることにしたんじゃ



顔の50%を覆う髪の毛も切り落とされて

あらわになる表情

腰が引けた私は

「前髪はちょっと長めに残して下さい」

と美容師さんに頼んでいた

意を決したはずの心がちょっと揺らいだが

おおむね短くなってスッキリした髪の毛



軽くなって(きっと体重も変わってます)

視野が広くなって(片目の世界から両目の世界へ)

明るくなって(鬼太郎ではなくなりました)

出来上がりを見た時は

「これ、誰ですか?」

と思わず声に出た



元カノと会う用事があり

一緒に晩ご飯を食べながら、この髪型の感想を聞いてみた



元カノの第一声は




















「若返ったね」






ほんの1ヶ月程前までは

アダルティーな雰囲気を醸し出しておった私のヘヤ~スタイル

今ではすっかり重たさや暗さがなくなり

今ではすっかり若返り

なんともいえない初々しい気分になった



新しい気分で今日を過ごそうと思えた

新しい気持ちで明日を迎えようと思えた



風が耳元をすり抜けるとき、とびきりの寒さを感じた

私の頭はこれまで、どれだけ自分の髪で厚着をしていたかを思い知った

美容師さんは私の重苦しい髪の毛を切り落としてくれた

掴まれる後ろ髪もない

スッキリして

ついでに、うつうつや、うっぷんや、過去の余計なしがらみなんかも

切り落とせそうな気がした(気持ちです、気持ち)



髪の毛スッキリすると、気持ちいいもんだわ

寒風も、気持ちいいもんだわ

私の頭部に、ようやく、寒い冬が来た






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:53│ コメント 6件トラックバック 0件
2009.01.08(木)

会社へ行かない


上司(課長)と少し話をした

目的と手段があって

本来は

これから先、業務に就き仕事をこなすことが目的で

そのための復帰及びリハビリが手段だと言う

しかし

うさ枕を見ていると

目的と手段をはきちがえて

復帰することが目的に見えると言う

つまり

課長から見れば、うさ枕は

復帰がゴールになっているように

見えるということじゃ






















ふざけるな






私は復帰がゴールなどとは考えていない

それより、そんなことより

甘えかもしれんが、今の私の状況を見てほしい



仕事をしている「仕事中」でもなく

仕事待ちの「待機中」でもなく

給与も交通費も会社から出されないまま

昼食代や交通費をかけて毎日会社へ行き

そこで一日の多くの時間を過ごし

私の事情を知らない他の多くの社員達とは話せそうで話せない

それは深く追求されることを私の心理が拒んでおるから



働いてそうで、働いていない

そんな、どっちつかずの宙ぶらりんな状態が未だ続く

課長にかけてほしかった言葉は

目的とか手段とか、そんなアドバイスなんかではなかった



私はまだまだ復帰に足るだけの信用を得ていないことが

課長と話していて、伝わってきた



まったく



気がめいる






気がのらない









会社へ行かないことが何だというのじゃ

休職中の身、会社へ行こうと行くまいと

どうでもよかろう



明日は会社へ行かない

一日くらい、ふてくされてやるわ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:59:31│ コメント 4件トラックバック 0件
2009.01.07(水)

立ち会い


私がいつも通っている病院へ

1月5日、行ってきた



いつもは一人で行くのじゃが

今回は私一人ではなく

私と

私の直属の上司(課長)と

さらにその上、部長を伴って

3人で行ってまいった



私が「1月から復帰可能」の診断書を上司に渡したのは

昨年末のこと

その診断書の内容は簡素で

本当に「体調も安定しており、1月から復帰可能とみなす」

くらいのことしか書かれておらんかった

会社としては

これだけの内容の診断書では説得力に欠ける様じゃ

そこで、二人の役員(直属の上司・部長)を連れ立って

私の主治医から直接話を聞き、改めて診断書を一筆、書いてもらい

本当に大丈夫なのか

復帰できるのか、働けるのか

会社の戦力になり得るのか

を確認するために上長と一緒に病院へ行くのじゃ

これは社内規則で決まっているらしい(おそらく最近規程されたのじゃろう)

上司はこれを「立ち会い」と呼んでおった



その規則に従い、私含め3名で、病院へ行ってまいった

しかしながら、病院は大混雑、1時間半待ちでやっと診察室に通された

そして、私、医者さん、課長、部長の四つ巴での話が始まった



上司(課長・部長)の気にするところは大きく2点あった

一つ目

今後仕事へ復帰するにあたり

うさ枕への対応で気をつけることはどんなところか

二つ目

事務所で仕事というよりお客様のところへ行き仕事をすることが多く

なるべく稼動時間が低いところへ行かせるよう考慮はするが

業界の性質上、どうしても残業が少ないとは言えない業務になってしまう

ということについてはどうなのか、主治医の見解を聞きたい



それに対する医者さんの答えはこうじゃ

一つ目の質問に対しては

なるべく当人の意見を引き出しやすくすることが重要です

そうすることによって

仕事や職場のストレス・不満や不安などを溜め込ませないようにすることです

二つ目の質問に対しては

これはもう、やってみてどうなるかを見るしかありません

現に昨年の12月はほとんどフルで出社しており大きな崩れもない

あとはもう、実際に業務にあたってみてどうなるかを見るしかない

というところまできている



どちらの質問にも、医者さんはうまく答えてくれた

特に二つ目の質問に対する回答は

私の復帰を大きく後押しする発言じゃった

休職している状態でやれるだけのことはもう既にやっているし出来ている

医者さんは会社の上司達に、そう言ってくれた(医者さんグッジョブ!)



ともかく、医者さんは本当によく、うまく受け答えをしてくれた

立ち会った2名の上司達も「いいお医者さんだねぇ」と言っていた

かなりの説得力があったとみてよいじゃろう

私の12月の踏ん張りがここで実った気がした



無事、立ち会いを終えた

あとはこの立ち会いの結果を判断材料に

私の復帰時期が検討されるという流れになる(まだ休職中です)

私の勤める会社は月末締めなので

最悪、来月(2月1日)まで復帰時期を延ばされる可能性もあるんじゃ

あるいは

1月中から復帰させてもらい

1月分の給与は日割りでいただくことも考えられる



私は1月に復帰したい、交通費や給与をいただける立場になりたい

(金がほし~)

そういう思いから、なるべく早い時期から日割りの給与が発生するよう

仕事始めの1月5日になんとか病院の予約をとりつけた



これから2月まで

休職していながらフルで出社するという

宙ぶらりんの、どっちつかずの状態が続くのは

けっこうキツい、精神的に



会社側の検討結果はまだ聞かされていない

どうなるのやら・・・

ただ、もし2月まで復帰を待たされるとなると

私は抗議するつもりでおる、1月中に復帰させろと






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 10:15:27│ コメント 4件トラックバック 0件
2009.01.04(日)

届かないメール


私は一度、転職をしておる

転職をして、今の会社におる

私が転職する前の職場で働いていた頃

事務所の掃除をするパートのおばちゃんがいた



そのおばちゃんは

私が入社した時には

既に掃除のおばちゃんとして働いており

私がその会社を辞める時には

労いの言葉と退職祝いのプレゼントをくれた



かたや一技術者、かたや一掃除者

接する機会はそれほど多くなかったが

私はいつしか、掃除のおばちゃんと

他の社員には分からないよう

こっそり仕事の愚痴を言い合ったり

こっそり本や漫画の貸し借りをしたり

こっそり二人で飲みに行くような仲になっていた



その職場で、掃除のおばちゃんとそこまで仲よくしている人は

現役社員の中には、私の他にはおらんかった様じゃ



私は正月に、自ら、「あけましておめでとうメール」を送らない

私に届いた「あけましておめでとうメール」に対しての返信はするが

どうもこそばゆくて、自分からは毎年送れない

そんな私じゃが

このたび

前の職場で知り合った人(信頼できる極少数の方)

思い切って

あけましておめでとうメールを送ってみることにした

決心したのが昨日の1月3日・・・(遅っ!)

で、決心した気持ちが揺らぐ前に送ってしまえと思い

その日のうちにメールを書いて送ってみたんじゃが

掃除のおばちゃんからだけ、返信がなかった

というか

掃除のおばちゃんにだけメールが届かなかった

どうやら

メールアドレスを変更した模様じゃ

私は掃除のおばちゃんの新しいメールアドレスを知らない

メアド変更のお知らせもいただいていない

実は、掃除のおばちゃんとは

ここ1年間ほど、互いに連絡しない時期が続いておる

いろいろお互いに思うところがあって・・・

お別れした仲なんじゃ



1年半程前に、最後に交わした言葉が以下じゃ



「ほんとうにすみません、わたし、うさ枕さんのデータ全部消しますから

「データって携帯のアドレスとかですか?」

「ええ、もう、アドレスとかも、全部」

「どうしてですか?」

「いやー、いろいろご迷惑かけてしまってますし」

「何一つ迷惑ではなかったですよ」

「いえ、でもやっぱり、いろいろと」

「でも消すことはないですよ」

「いえ、ほんと、消しますから」

「そうですか、わかりました、そこまでおっしゃるなら、おまかせします」

「うさ枕さんもわたしのデータいつでも消して下さいね

そのほうがほら、迷惑もかからないし」

「それはわたしが判断させてもらいます」

「そうですよね」

  ………

「では、、   また」

「ツー、ツー、ツー」



またとない「また」で、しまい。お別れ。



これはお互い、事情や思いがあって

一度縁を切るべきと判断してのことじゃ

大人のけじめでもある

私がうつうつで休職する直前の出来事じゃ

休職している間は私も自分自身のことで精一杯でおったし

その別れ以来、一切連絡は取り合わなくなったが

私の中で、このたび

改めて交流を再開したいという気持ちが強くなり

報告したい近況も積もり積もっており

思い切って「あけましておめでとうメール」を

送ってみた次第じゃ

しかしメールアドレスが変わっていて

私の知っている古いメールアドレスでは

掃除のおばちゃんへメールが届かなかった

届かなかった



しかしまだ、電話番号を知っている

おそらく私の知っている電話番号は生きている

今度は

思い切って電話をかけてみようと思う

それでも繋がらない、及び電話番号も変わっていたりしたら

それも縁なんだと思うんじゃ



けど

メールが繋がらない時点で結構大きなショックを受けた私

電話さえも繋がらなければ、はたして「単なる縁」だと

割り切れるじゃろうか

そんなに私、都合の良い思考回路ではない






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:58:09│ コメント 2件トラックバック 0件
2009.01.01(木)

涙湯


2009年が今日から始まる



2008年を振り返る間もなく

2009年は今日既に始まっているのじゃ

少なくとも、私にとっては

そんな感覚で新年が始まった



今朝、起きて、最初にしたことは

入浴

そう、風呂に入った

数か月振りに自宅の湯船にお湯をはって

ゆったりと、つかってみた

そうして

ぼんやりと去年の出来事なんかを

思い出していた



昨日までの出来事が

もう「去年の出来事」に変わってしまったんな

なんだか、そんな実感が湧かない

んでも、思い出してみると、去年は

何もなかったようでいて、色々あった年じゃった

その出来事はこのブログにも書いてきたけれど

まだまだ書ききれていないなぁと、思うた



毎日が日曜日で(休職中の身です…)

社会と関わりのない生活を過ごしていると

自然と一人の時間が増える

その孤独な日常に

人とのコミュニケーションを与えてくれたのは

このブログの存在が大きい

ときには多くの人に知らせたい内容を

ときには発信することもはばかられる内容までも

このブログには書いてきたつもりでおる

それでも

まだまだ書ききれていないなぁと感じるのが実情じゃ



湯船につかり

手のひらですくったお湯がこぼれ流れてゆくのを見ていると

私の元から去って行ったモノたちを思い出した



去年、私は様々なモノを手放した

私の意思で、手放した

中でも

彼女・うさぎ

この両者が去って行ったことによって

私の生活は激変した



「正真正銘のひとり」になった

誰にも何にも気を遣わなくていい反面

ポッカリ空いた空虚感は消えなかった

私にとって私だけが全てだという訳ではないけれども

例えば今日、例えば明日

誰のために生きている訳でもないのじゃ

○○のため、というのは

生きるモチベーションになり得ると思うた



もう二度と会えない、今生の別れと思っていたけれど

やがて

元カノとは再び連絡をとりあうようになり

うさぎとも時々会えるようになった

これもまた縁なのかも知れん、不思議な仲じゃ



ゆらゆらと湯気にまかれ湯船につかりながら

ふと

涙が頬をつたった

こうしてお湯に体を沈めることができる

生きている

私は去年を生き抜いた

そればかりか

お湯を出せる、住む場所を持っている、私を慕ってくれる友人がいる

私を受け入れてくれる仕事場がある、お湯に体を浸すことができる

いま湯をはったこのお風呂は、このお湯は

私が生活していることの証のように感じた

とりとめもなく、涙が流れてきた

一見すると当たり前のことが、実は奇跡の積み重なった塊

新年を生きて迎えられたことに

助けてくれた人々に

関わりを持ってくれた方々に

心から感謝を込めて



ありがとうと言いたい(できれば直接)



とりとめもなく書かせてもらった今日の記事…



こんな私じゃが

今年もどうか、うさまくら日和

よろしくおねがいいたします






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:03:48│ コメント 6件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。