FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.12.30(火)

紙切れ一枚、携えて


12月後半の某日

病院で

医者さんと話をしているときのこと



私の話を聞いた後に医者さんはこう言った

うーん

非常に意欲も出てきていますし

症状も安定してきていますね

今の状態でしたら・・・

いいでしょう、やってみましょう






この瞬間、決まった、ついに了承を得た






私は医者さんにこう頼んでいた

あの、今、毎日出社できているんです

しかも、始業時間前から定時まで、ちゃんと会社に居れてます

作業上の負荷はほとんど与えられていませんが

出社することに関してはほとんど問題ありません

そこでお願いがあるんです・・・









診断書を書いていただけませんか?

1月から出勤できる旨の内容で






医者さんは私の頼みに一瞬、躊躇した様子だった

即答はしなかった

なにせ、いきなり

ドクターストップを解いてくれと

ついこの間までうつうつで

しんどいオーラ出しながら通院していた一人の患者に

来月からの出勤を認めてくれと言われたのだから



お願いします!

私は医者さんに、再度お願いした



会社へ行くだけでもお金がかかる

会社へ行ったら行ったで、昼食や飲み物にもお金がかかる

ラッシュアワーど真ん中での通勤に疲弊する

微妙な立場上、社内で知らず知らずのうちに気を遣う

一見すると普通に出勤している社員と何ら変わらない



なのに

休職中である立場上、給与も交通費も一切支給されない

この状況があと1ヶ月?2ヶ月?3ヶ月?何ヶ月続く?

精神的に、それ以前に経済的に耐えられなくなり

モチベーションも保ちきれないだろうと感じていた



それを必死に医者さんへ説明した

冒頭の医者さんの発言は

その結果の、医者さんの答えじゃった

そして



【診断書】

病名:うつ病

説明:上記疾患の回復及び安定につき

平成21年1月から出勤可能とみなす



こう書かれた一枚の紙切れが手渡され

その紙を大事にカバンにしまい

私は病院を後にした



来年から復帰するための最大の武器を

手に入れて






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





スポンサーサイト
│posted at 09:55:33│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.12.28(日)

ゴールテープ


12月を乗り切った

この12月、私は平日、毎日

出社しておった

時間も

始業時間前には会社へ行き

定時までは会社におって

仕事に必要な技術のリハビリに

取り組んでおった

(こっそりリハビリをサボることも多々ありましたが・・・)



12月前のように

不定期に会社へ行き、不定期にお休みするような形ではなく

出社すべき日には全て出社したんじゃ

それは

普段、会社勤めしている人たちから見たらば

なんだそのくらいのこと

当たり前のことだと思うかもしれん

しかし私には

生活のほぼ全てのエネルギーを

会社へ注ぎ込むようなもので

会社以外の事柄には

本当に、時間も労力も割けんようになってしまった

会社へ行く、帰ったら寝る

そのくらいしないと、仕事中心の生活に馴染んでいけんかった

長らく、ブログすら書けんかった



最初は特にきつかった

でも

毎日が日曜日の生活習慣から

いわゆる「会社員にとって当たり前」の出社習慣へ

体を、体内時計を、感覚を、再び取り戻すには

どうあっても直接慣れてゆくしかなかった

そして

会社に対しても、上司や他の、上の人たちにも

うさ枕はこれだけのことが出来るようになってますよ

という実績をつくって見せる必要があった

もし医者さんから「明日から復帰してもよいですよ」

などとお墨付きをもらったとしても

会社が「じゃあ、明日から大丈夫だね」と納得できるだけの

出社実績をもって上司たちを納得させなければならなかった



そして無事

今月26日の出社をもって

12月の出社をカンペキに乗り切ったんじゃ

その間、遅刻は2回、その内、電車遅延が一回



27日、溜まった疲れやストレスの反動か

朝から晩まで、晩から翌朝の今日まで

眠りこけた、ひたすらに眠った

マラソンで、選手がゴールした直後に

その場に倒れこんでいく光景、見たことあるじゃろか?

まさにそんな感じじゃった

26日の仕事納めまで走りきり、ゴールテープを切った後

27日はぶっ倒れた



そして今、28日の朝

ようやくブログ記事を書けた、更新できた



この年末年始のお休み中も

お休みが終わって再び仕事生活に戻ったときも

ブログをどれだけ更新できるだろうか・・・

でも

仕事中心の生活にシフトしてきている今思う

たとえ不定期更新になってしまったとしても

このブログをやめることは考えていない






ブログを約3週間、更新しないでおった

更新しないでいる間も

たびたびこのブログを訪れて下さった読者さま

本当にありがとう

メールを下さった方、本当にありがとう

お返事はまた、追って書かせていただきたいと思うております



どうぞこれからもこのブログを

よろしくお願いいたします






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 10:09:33│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.12.05(金)

コメントのお返事お待たせしました


コメントへのお返事が途絶えてから

かれこれ3週間ちかく経ち

ようやくコメントへのお返事が

書けるようになりました

コメント下さった方

お待たせして申し訳ございませんでした



08/11/18の記事から

08/12/04の記事まで

コメントのお返事をさせて頂きました



もうどの記事にコメントしたか分からないよー

とお思いになった方、モニタの前のそこのあなた

遅くなりましてごめんなさい、なんとか探してみて下さい



リハビリ出社も本格的になり

今日は朝、始業時刻に出社し、定時まで会社におりました

出社する日数も増え

来週からはフルで出社する予定でおります



これからもコメントやメールへのお返事が遅れることが

あるかと思いますが

どうか

長い目でお返事を待っていただければと存じます



いただいたコメントにはいつも

励まされ、力をいただき、気づかされることがあり

時には涙を流すこともあります



これだけお返事が遅れるのならば

いっそのことコメント欄を閉じてしまおうかとも

考えました

しかし

コメント欄は記事を読んで下さる方と私との

大事なコミュニケーション機能として

在り続けたいという思いから

コメント欄を閉じることはしませんでした



気兼ねなくコメント下さる方

本当にありがとうございます

これからもお気軽に書きこんで下さいますことを

心よりお待ち申し上げます

どうぞよろしくお願い致します






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:27:58│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.12.04(木)

弱点への試み2


思い起こせば

今年7月末から始めたリハビリ出社

途中

9月には体調を思いきりこわし

希死念慮にさいなまれることなどあったものの

現在まで続けてきたリハビリ出社

丸3ヶ月は確実に続けている

そんなリハビリ出社で



今日






初めて






始業時間に間に合った!!

(始業時間は9時です)



昨日書いた記事では

私は朝が苦手じゃ弱点じゃ

暫くは戦い続けそうじゃ

と弱腰だった私じゃが



今日は自分に勝った!



始業時間前に会社に着くとな

いつもいるはずの皆が

まだ来てなかったりするんじゃ(当たり前です)

なんて言うんかな

先に来た、きちんと出社した満足感?達成感?

たぶん両方じゃろう(たっぷり味わいました)

感触はつかんだ

手ごたえアリ

この手ごたえを明日以降も忘れないで(すぐ忘れるもんで…)

始業時間前に会社に着くように

心がけてゆきたい






ところで

始業時間前に会社に着くためには

それだけ朝早く起きて支度を済ませ家を出る

当然、朝ごはんを食べる時間も早くなる



私は今のところ

お金の節約のために昼ご飯を抜いておる

そうすると

昼すぎ、2時くらいか

お腹が空いてたまらなくなることが判明!(当たり前です)

昼ご飯を食べるべきか、このまま我慢するべきか…

財布ちゃん"NO"と言う(お金は出せません、という意味です)

胃袋ちゃん"GO"と言う(食べなさい早く、という意味です)

明日から新しい葛藤が始まる

その前に

明日もちゃんと始業時間前に会社に行くこと

まずは、そこじゃろ?











これから会社へ向かう
CA390322.jpg
ホームにて激写!



関連記事
◆弱点への試み1






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:05:33│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.12.03(水)

弱点への試み1


私は今、週4日でリハビリ出社をしておる

今週は「月火木金」の出社予定でおるから

今日、水曜日はお休み

ちょっとした中休みみたいなもので

祝日感覚



そんなお休みの日でも

私は普段どおりに朝起きようと試みた

むしろ

普段より早く起きて活動しようと試みた

しかしながら

失敗に終わった

起きたい目標時間を、1時間過ぎて起きた



目標時間を設定するのは

リハビリ出社を意識してのことじゃ

今週は、月曜火曜と

始業時刻に合わせて出社してみることを試みたんじゃが

(始業時刻は9時です)

ことごとく、寝坊



私は朝がとことん弱い

医者さんにうつだと言われる様になった頃から

朝に起きて活動することがとことん苦手になった


苦手というか、もう、弱点


朝、すぐさま起きて活動することができないのじゃ

けだるい感触、生ぬるい酩酊感覚

目覚めた瞬間からしばらくは

体を起こすことすら億劫な状態が続く

寝がえりをうつことすら、億劫



そのけだるさを引きずっておる間

あぁ、まだうつうつなんだな、私

と、思い知らされる



とにかく朝早くに起きる習慣をつけることが

ある意味、リハビリの最重要課題かも知れない

今後うつうつと上手く付き合って社会生活を営むためにも

最重要と言っていいと思っておる



まだ仕事をしていた頃は

私の度重なる遅刻・欠勤・午後出勤が原因で

お客さんからクレームが入り(当然です)

私が会社の信用を大きく落とすこととなった

それを契機に、私には休職が必要と診断され

長期間、仕事を休むことになった経緯がある



だから会社へ

「きちんと朝、出勤できますよ、私」アピールを兼ねて

「きちんと毎日、出勤できますよ、私」アピールも兼ねて

今後のリハビリ出社を考えておる



それには

朝の気だるいひとときを、どう過ごすかがやはり重要で

今朝も早く起きようと試みたんじゃが、ことごとく寝坊



弱点克服、もしくは、弱点と折り合いをつけるための

朝のささやかな、個人的な戦いは、

今後もしばらく、続くじゃろう












今日は朝から

精神障害者福祉手帳の申請と、自立支援の更新のために

役所へ行ってまいった

その道すがら
CA390323.jpg
目についた紅葉を
CA390326.jpg
バシバシ激写







その帰り道

ひとカラ(一人でカラオケ)へGO!
CA390327.jpg
1時間280円也!








↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:17:37│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.12.02(火)

穴場ウキウキ


見つけた

ここが穴場だったのか

いつもいつも

1時間~2時間待たされる病院で

ガラガラに空いている曜日時間を

ついに

見つけた



それは






月曜日・午後・16時~17時半くらい






昨日、この時間帯に病院へ行ってまいった

2週間に一度の通院日



待ち時間も少なく、待合室の椅子も広々空いていて

快適なパーソナルスペースで居心地良く座っていると



待ち時間20分ほどでお声がかかった



うさ枕さ~ん

は~い



私はいつも医者さんに、症状や状況を書いたメモを渡す

そのメモの内容はコチラ!

◆うつの波はこない

◆過食がひどい

◆足の震えはまだ残る

◆今週から週4日リハビリ出社

◆薬の量を減らしたい



私は、まずとにかく

過食をなんとかしたかった

医者さん、ひどいんです、過食がひどいんです

私は自分のここ最近食べたものを切々と語ってみた

そ、それは・・・かなりひどいですね・・・

医者さんも絶句していた(それだけ大量に食べていました)

体重はどれだけ増えましたか?

たぶん増えていないと思います

えっ

私、いくら食べても太らない体質なんです

ですので、幸いにも体重に影響は多分ありません

でも、体重がどうの、よりも、食べてしまうことを

なんとかしたいんですけど

うーん、この薬、以前少し減らしましたけど調子はどうですか?

どうもないです

いまのんでいるのが半錠ですから

これ以上減らすことはできませんね

一回この薬止めてみますか?

ハイ!



こうして、私の服用する薬が一錠だけ減った

日々の暮らしやリハビリ出社も順調で

経過は良好、視界も良好



見通し晴れ晴れとはいかないまでも

社会復帰へまた一歩踏み出すことができなような気がして

ウキウキで帰宅し

ご褒美にアルコールを(350ml缶チューハイです)

グビリと飲んだ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:27:07│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.12.02(火)

処方箋20081201


私のお薬たち(2008/12/01)



名  前 : リボトリール錠 0.5mg
はたらき : けいれん/てんかんの発作を防ぎ、不安や緊張を取り除く
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : トレドミン錠 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)2錠、(夕)2錠

名  前 : アモキサンカプセル 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)3錠、(夕)3錠

名  前 : ジプレキサ錠 2.5mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (寝)半錠→なし

名  前 : エビリファイ錠 6mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (朝)1錠、(夕)1錠

名  前 : アキネトン錠 1mg
はたらき : 手足の震えを抑えたり筋肉の緊張をほぐす
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : SG顆粒
はたらき : 鎮痛、解熱
ふくよう : 頓服
※片頭痛もちなので、処方してもらっているお薬です
 頭痛時に飲みます

名  前 : リスパダール内用液
はたらき : 不安や緊張、興奮等を取り除く
ふくよう : 頓服
※死にたい欲求が湧いて来た時にのみます



副作用と思われる過食がひどい為、ジプレキサ錠の処方がなくなりました

今、一日に、17錠 飲んでます + 片頭痛時に一包飲んでます






↓↓ポチッと押して頂けると大変励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ





│posted at 20:18:11│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.12.01(月)

女性の髪コンプレックス2


生まれつきもった心身の特徴というのは

その人のその後の人生に大きな影響をもたらす

特徴によっては

人から憧れの目で見られたり

羨ましがられたり

時には

自分はそんなふうに生まれてこなくて良かったと

思うこともあると思う



そんな生まれもった心身の特徴

特に身体に関わる外見の特徴というのは

自分の努力次第で変化させることもできる特徴もあれば

いくら努力しても変えようのない特徴もある



今回の話は

個人の努力ではどうしようもない身体的特徴についてじゃ



私は

背丈が低い、体の線も細い

年齢は20代も後半になるが

今だにタバコやお酒を買う時に

身分証の提示を求められることもある(幾度もあります)



宴会の席などで

うさ枕さんもっと食べないと大きくなれませんよ

などと心ない同僚から心ない発言を頂戴することもある



私はそんなこともう言われ慣れておるし

そういう

他人の身体的特徴を利用して

質の悪いブラックジョークで周囲の笑いをとったり

それに相槌をうったり、それに笑ったりする輩には

人間性から疑うし、信用しないし

そこまでの人間なんだと判断する一つのモノサシになっておる



外見だけで侮られたり

みくびられたりすることは

とうの昔に散々あったから

心が痛んだのは初めのうちだけ、もう慣れた



そんな私のことよりも

以前に一度このブログにも書いたんじゃが・・・

改めて言わせてもらいたい



私のように背丈が低かったり

体の線が細かったり、幼く見えたりするのはいい

それはもう慣れたから





他にも、人それぞれに身体的な特徴をもっておるじゃろう

その特徴によっては色々なコンプレックスを抱くことがあるじゃろう

中には

コンプレックスを周りから散々バカにされても

ボケて笑いをとれる一つのネタとして上手くかわす人もおる



しかし、中には

笑えないコンプレックスを抱えておる人も多いと思う



とりわけ今回私が言いたいのは、女性の髪についてじゃ



女性で髪量が生まれもって少ない人がおる

バカにできるか?そして当人はその特徴をネタに笑いをとれるか?

本人にとっては、指摘されるだけで大きなショックを受けるもんじゃ

そんなことも考えられず、言われる側のことを何も考えず

あら、あなた髪の毛薄いわね

などと言うクソッたれた奴がおる

極少数だと思いたいが、指摘しないにしても

心の中では、私がああならなくてよかったと

胸をなでおろす奴もおるじゃろう



ふざけるな

あんたらに分かる?



雨や水気にさらされると頭皮が見えてしまうことを気にしている

女性の辛さを

髪量が少な過ぎてヘアピンが付けれない

女性の辛さを

どんな本や雑誌の髪型カタログを見ても自分は実現できない

女性の辛さを

人の視線が自分の頭に向けられる瞬間の

女性の辛さを

日々抜け落ちてゆく自分の髪を見るたびに悲しい気持ちになる

女性の辛さを

ごく普通の何気ない髪への憧れを自分は叶えられない

女性の辛さを

真夏に日焼けすると頭皮の皮が日に焼けて剥けていく

女性の辛さを



男の薄毛ならまだいい

人によっては充分にネタにしておる人もいるし

気にしているのは本人だけだったりすることも多かろう



しかし女性の薄毛の場合は異色の目で見られる

とてもじゃないが、それをネタに笑いをとることなどできない

胸の内にショックや辛さを抱え込んで耐えるしかない

いくら当人がポジティブに考えても

周りの目はあまりにも冷ややかじゃ



前述した

あら、あなた髪の毛薄いわね

などと言う輩には、私は即刻、最低の人間だとみなす



そういう他人への配慮に大きく欠ける奴は

管理職、幹部クラスに就いている人間に多い

教師や政治家、弁護士、医者など

周囲から「先生」と呼ばれる人間にも多い



なぜか、そうなんじゃ



冗談じゃない

いわゆる上の立場に立つ人にそういう傾向が多く見られるのは

あくまでも【うさ枕調べ】じゃが

間違っていないと断言する



人によりコンプレックスは様々じゃと思うが

そのコンプレックスから逃れられない当人に向かって

それを利用して

笑いをとったり、酒のつまみにしたり、話のネタにする奴は

この世界に必要ないと思う



関連記事
◆女性の髪コンプレックス






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:53:20│ コメント 0件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。