FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.11.30(日)

純粋な好意


先立つものは、お金

休職中の暮らしにも金はかかる

つつましく暮らそうと、ちょっと贅沢をしようと

変わらず、金は飛んでいく

けして大きな贅沢はしておらんつもりじゃが

変わらず、金は飛んでいく



それにつけて

バンドの活動を並行し

先日はバンドの強化合宿へ参加し

平日はリハビリ出社

バンドにかかるお金

加えてリハビリ出社にかかるお金



私が元気になればなるほど

バンド活動に力を入れ・・・

リハビリ出社の日数を増やし・・・



事が順調に進めば進むほど

収支のバランスはとれず天秤は大きく傾く

支出の方に、大きく、傾く



バンドやリハビリ出社の他にも

光熱費や通院・診察費、薬代、カウンセリング料金、税金を

支払わなくてはならない



これでは、このままではいかん

たちゆかなくなる、と考えをめぐらしても

なかなか有効な解決策は見つからない



でも、私なりにささやかな節約はしている

リハビリ出社には飲み物として家から水道水を入れて持って行き

昼は食べない、一銭も使わない

しかしどうしても必要になるのは会社への交通費

往復で1800円弱かかる

出社する度にこの出費は痛い

出社日数が増えれば増えるほどに

私の懐は大きなダメージを受ける

ハッキリ言って






会社なんて行きたくねー

リハビリ出社なんかしたくねー

金だけ飛んでいって一銭の利益もねー






そんな思いを抱えながらも

せっせと交通費を払い

中途半端な時間に

中途半端な心構えで

中途半端な作業をし

中途半端に退社する私



何度も言い聞かす

今は仕事場におるだけでいい

いつか通る復帰への獣道を今通っているだけじゃ

自分に言い聞かす



そんな近況を先日、元カノへ話した






その帰り道






駅で






またしても






元カノは






定期券を買って私に手渡した



これでしばらくは大丈夫でしょ?

そう一言、付け加えて、私に定期券を手渡した



いいんか、本当にいいんか?

私が何度も金は払うと言っても

元カノは無償で私に定期券を渡そうとする



誰にも助けてもらえん

誰からの助けもいらん

一人で復帰してやるんじゃー

と思っておった私にとっては

またどえらい貸しを元カノへ作ってしまった



それでも元カノは

あくまでも好意で、定期券を差し出す

私が思っていた

会社なんて行きたくねー

なんて、軽くふっとんでしまうほどの

純粋な好意で



関連記事
◆携えるメッセージ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





スポンサーサイト
│posted at 19:29:31│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.27(木)

日常の揺れ方


会社へ行きたくねーとか

ダルイとか

ごくごく普通の社会生活を送っておる人でも

日常的にあるものだと思う

調子が悪いとか

気分がのらないとか

モチベーションが上がらないとか

ごくありふれた日常の気持ちの揺れもあると思う



そんな上下左右に揺れる心や体の変化までも

うつうつの波が来たとか捉えてしまっては

うつうつに振り回される

振り回され続けるだけじゃろう



私はいつまで

うつうつの波に

振り回されるのじゃろう

そして

普段の心の揺れまで

うつうつのせいにしていないか?



普段の心の揺れは誰にでもあることじゃ

出かけるのが億劫

人と話すのが面倒臭い

身体がしんどい

一人になりたいけど一人でいるのは寂しい

テンションが上がらない

やる気がでない

そんなこと、日常茶飯事



それでも皆

毎日足を仕事先へ向ける、バイト先へ向ける

生きてる意味さえ失いつつある人だって

心の病気に苦しむ人だって

心くすぶらせながら、命を燃やしながら

働いて生きておる

そんな人もおる



私は、というと、今

鬱屈しておる

会社へ日々向かうだけで憂鬱な気分になる

気分が晴れずに、ふさぎ込んでおる

朝や日中、しんどいときもある

本当に本当に心から

会社行きたくねーと思う

それでも会社へは向かう

形だけでも、デスクに座りPCを前にして

何かしらの作業をする

(ネットサーフィンとかネットサーフィンとか、ネットサーフィ…)

※仕事に関連する作業のリハビリもやってます



鬱屈しておるのは、もしかすると

うつうつのサインかも知れん

だったら休めばいいのにとも考えるが

休職期間の期限切れが日々近づいてくる中

強い焦りで、休んではいられないと

身体を動かす

心も動かす

頭も、働かす



仕事場にいるとき思うのは

何もしないでボーっとしておりたいな

そんなことばかり



甘えか?

私のやっておることは、的外れか?間違いか?



激しく心が不安定



いまのところ週3日、リハビリ出社をしておる

来週からは週4日、リハビリ出社する予定でおる



見た目は順調

中身は不調、不安定



日々迫りくる休職期限を前にして

どこまで進めるだろうか






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





コメントのお返事、メールのお返事が

著しく遅くなっております

心が安定せず、記事更新が精一杯で

お返事をするだけのパワーが出せずにおります

お返事をする心のスイッチが入らずにおります

必ずお返事いたしますゆえ

申し訳ありませんが、どうか今しばらくお時間を下さい



│posted at 21:32:08│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.25(火)

わかっているのに、止まらない


過食気味…










どころじゃない

過食過ぎてまいる

どうにも太刀打ちできないで

湧き上がる食欲のおもむくままに

食べてしまう



もっと、もっと、もっと・・・

食べないと、いま食べないと・・・

この激しい欲求は焦燥感にも似ている

いま食べなければ次いつ食べれるかわからない

という

強迫観念

なぜじゃろう

ここ2ヶ月ほどか

この過食欲求に悩まされている



医者さんに何度も相談しているけれども

一向に改善しない



薬の副作用かもしれん、ということで

食欲増長の副作用がある薬の量を減らして様子を見ているが

改善の兆しすら見えん



今日、リハビリ出社する予定でいたが、早速休んだ

朝のけだるさが重くのっかかってきて

とても行く気になれなかった

昨日のカウンセラーの言葉が重くのっかかってきて

精神が軽く錯乱していた

(昨日の記事→「おぼっちゃんより、カウンセラー様へ」



過食欲求は、家におると特にひどい

明日や明後日の食事を考えて買い置きしていた食べ物を

一日で食べ尽くす

いま、私の家の冷蔵庫には飲み物しか入っておらん

(あとはケチャップやマヨネーズです)

今日、一日で食べ尽くしたんじゃ



ごはん、納豆、ロールちゃん(お菓子です)、ラーメン

それだけでは飽き足らず

ケンタッキーフライドチキンを買って食べた

最大限切り詰めて過ごしている台所事情から考えて

カーネルへの出費は痛かった

痛すぎて、おまけに食欲に負けて金銭感覚が麻痺し

さらに焼きそばとパスタを買って食べた



どう考えても食べ過ぎじゃ

体によろしくない

それに

生活の中で一番切り詰めたい食費が逆にかさんでしまうのは

精神衛生上よろしくない



後悔すれど後悔すれど

買ってくる、食べてしまう

こんな食生活など、望んでいない

心の底から、望んでない

なのに食の暴走は止まらない

わかっているのに、止まらない






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:30:37│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.24(月)

おぼっちゃんより、カウンセラー様へ


おぼっちゃんだと!?

なめんなや

侮んなや



苦労を知らないだと!?

ふざけんな

お前が私の何を知っている

3度4度出会って話を交わしただけで

何を根拠にそう断定する

まだ大したことも話しきれていないのに

過去の苦労をどう捉えてやがる

そして

現在の苦労をどう捉えてやがる



お金に困ったことがないだと!?

いま困っておるわ

それに

実家を出てからこのかた

通帳の残高を気にしなかったことなどないわ

常にギリギリの水準で

金に余裕ができたことなどないわ



ヘラヘラ薄笑いを浮かべながら

「おぼっちゃん」呼ばわり

冗談じゃないわ

どこまで苦労すれば

「おぼっちゃん」じゃなくなるんじゃ

どこまで金が無ければ

その薄笑いは止まるんじゃ

ふざけんな



「君はおぼっちゃんだよ」

「君はおぼっちゃんだよ」

「君はおぼっちゃんだよ」

「君はおぼっちゃんだよ」



「おぼっちゃん気質だね」

「おぼっちゃん気質だね」

「おぼっちゃん気質だね」

「おぼっちゃん気質だね」



腹立たしい言葉は何度も頭の中で

くり返される

人を何だと思ってやがるんじゃ

許せない

あの

カウンセラー様






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 17:20:24│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.23(日)

期待すれども無言


私は普段、無口だ

とにかく喋らない

一対一だと喋れる

集団だと物怖じして喋れなくなる



バンドメンバーとは、喋れたり喋れなかったりする

波に乗れると喋れる

波に乗れないと終始喋れないまま

互いに無言のなんともしがたい空気感



私は喋れないから吐き出した、言葉をブログに吐き出した

でも

バンドメンバーは

私がブログを書いていることすら知らない

それはそれでいいと思っている

特にブログを読んでもらわなくても

少しずつ、少しずつ

リアルで精神疾患を患っていることなど

私の実情をカミングアウトできているから

「ブログを読んでくれ」などとは敢えて言わない

そもそも

「ブログを読んでくれ」と言って読んでくれる人達ではない

と思っている



それでも

もっと私のことを理解してもらいたい

打ち明け話にうなずきたい

くだらない話で笑いあいたい

大事な話に耳を傾けたい

なにより

このバンドメンバーで活動を続けていきたい

もっともっと、意志疎通をはかりたい



昨日今日と、バンドの強化合宿へ行ってきたが

帰り道、移動中の車の中で

私とバンドのドラムリーダーとギターと私(ベース)の三人になった

ドラムリーダーとギターは楽しげに話していた

私は話題の波に乗れず、沈黙していた

しまいには、私は寝たふりをしていた

聞こえてくる冗談や笑い声

感じる疎外感

バンドに属していながら感じる孤独感



ギターが先に家に着き

車の中は私とドラムリーダーだけとなった

私は話せなかった

ドラムリーダーも私に対して何をどうつついてよいか

どう接してよいか分からない様だった



前述したようなバンドやバンドメンバーへの期待とは

全く違う空気が流れる車内で

ドラムリーダーと二人きり



私を支えていたのは、以前、ドラムリーダーが言っていた言葉

「この四人のバランスは絶妙だね、他の人じゃ代えがきかない」

という言葉

それを心の糧に、ただただ車内で無言のうさ枕がいた



関連記事
◆この四人(2008年6月17日)






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:51│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.21(金)

うつうつハードワーカー


◆うさ枕予定表◆

11月21日(金)リハビリ出社<今日>

11月22日(土)合宿

11月23日(日)合宿

11月24日(月)カウンセリング

11月25日(火)リハビリ出社

11月26日(水)リハビリ出社

11月27日(木)リハビリ出社

11月28日(金)リハビリ出社

※合宿=バンドの強化合宿



日頃から外出し慣れていない

もしくは

日頃から外へでるのが億劫な

うつうつの一患者としては

明日からかなりのハードワークの

スケジュール



できるんか?

こなせるんか?

おそらく

終盤、4連続リハビリ出社のどこかで

ダウンするんではなかろうか



ここ最近ではあり得ないくらいの

うつうつの患者としてはあり得ないくらいの

ハードワーカーうさ枕になるわ



無理しない、無茶しない

そう肝に銘じておっても

ついつい無理無茶してしまう性なもんで・・・

ダメだと思っても平静を装ってしまう性なもんで・・・














なので








この記事を書いている11月21日(金)21時15分










即刻










寝ます!(休めるときに休みます)











もう、こんな感じで

↓↓

↓↓

P1000061.jpg














寝ます!






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 21:21:58│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.18(火)

隣人は先を越す


私の勤め先の会社で

私の席はフロアの一番窓側のシマで

シマの中でも一番角、隅っこにある



そのシマには隣の席に一人と

私の斜め向かいにもう一人

それだけ



今日上司と話をしていて

ふと

上司の口から

私の隣の席に座るOさんの話題が出た

聞くところによると

そのOさんもうつ病を患っているそうだ

よくよく話を聞くと

休職期限の1年6ヶ月ギリギリで職場復帰を果たし

いま復帰して1ヶ月が過ぎたところだという



私はOさんの隣の席にいながらにして

Oさんと一言も話したことがなかった

というか

職場の人間に何を話せば良いのかわからなかった

例えば、最近どう?

などと聞かれても

私がうつで休職中の身であることなど

全く知らない職場の人間が数多い中で

自分の現状をどうしても話したくならなかった



そんな今の私に、この隣人Oさんの存在は大きかった



以前、社長に言われた

うつ病になって復帰した人はいない

皆、辞めていった

だから私はうつ病の人を採用したりはしない



これを聞いた時は

社長のクソヤローバカヤローアホヤロー!

と本気で思った

なら私が復帰者第一号になってやるよこのバカたれが!

と本気で思っておった



したらどうじゃ

復帰者第一号が隣の席におるではないか

上司との話を終えて自分の席に戻った私は

隣の席が、もとい、Oさんが眩しくて眩しくて

まともに見れんかった



けども、思いきって話しかけてみた

するとOさんは驚くほどあっけらかんとした態度で

うつ病を認め、話し始めた

その態度に本当に驚いた

私はどうしてもうつ病を悟られまいと、知られまいと

思い考え、行動してしまう

周囲への警戒心がもの凄く強い



Oさんのようにオープンな鬱っこに

私はなれるだろうか



私の目指していた職場復帰、その先輩が

意外なほど近くにいたことを今日初めて知った

そして

職場では一人孤独に黙々とPCに向かい

ほとんど誰とも積極的に関わろうとしなかった私に

話し相手ができた






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:28│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.11.17(月)

患者数人、待合室の異変


今日は2週に一度の通院日

病院へ行ってまいった



私の通院している病院はいつも患者患者患者で溢れ

大繁盛

(前回は診察まで2時間弱待たされました…)



そこで今回は、長ーい待ち時間に

耐えれるよう

退屈しないよう

時間を潰せるよう

本を持参して病院へ向かった



以前チラッと記事に書いたんじゃが

私は今、大量の活字を読めない

読むとめまいがするし

集中力が続かず途中で嫌悪感を抱き

本を投げ出してしまう



でも

今回の通院時、私は本を一冊、病院へ持って行った

少しでも活字慣れしておくためのリハビリの意味もある





楽しみにしていた面倒で面倒で仕方がなかった

病院へ行った



すると

いつも座席が埋まり立ち待ちする患者までいる待合室は

がらんどう

待っている人、数人

もちろん全員座れておるどころか

至るところに座れるスペースがある

私も即、座れる



おかしい、これは明らかにおかしい

今日は何かあったのか?

待合室の異変をジリジリと感じながらも

私は待合室のイスに座り

早速、本を取り出して読み始めた



ページを2,3枚めくっただろうか

うさ枕さーん

虚をつかれた感じだった

時計を見ると

椅子に座ってからわずか10分程しか経過しておらん

いつもは1時間や2時間も待つのに

今日は10分待ち、わずか10分待ちで名前を呼ばれた



診察室へ入ると私は持参したメモを医者さんへ手渡した

メモには最近の症状や状況、出来事などが書いてある



そのメモの内容はコチラ!(一部抜粋)

◆体調は安定している

◆うつの波はきていない

◆朝起きれない

◆過食がひどい

◆現在週三日で出社している



医者さんはそのメモを読みながらカルテにメモをとる

そして

私に質問をしてきた



朝はどんな感じですか

メモにも書きましたとおり、起きれないんです

7時に目覚めても

倦怠感や眠気が残っていて…

また寝てしまい

8時に起きてようやく少し動けるような状況です

うーん、そうですか

薬が効き過ぎてる可能性もあるんですよね

この、寝る前にのんでいる薬が原因という可能性…

このお薬、以前も減らしましたよね

はい、寝る前2錠から、寝る前1錠に減らしました

そうですね、この薬、もう少しだけ減らしてみましょう

今のんでいるのが1錠ですから

量を少し減らして、寝る前に半錠(0.5錠)にして様子を見ましょう

ハイ!(薬の量が減ると喜びます)



この薬は過食にも影響していまして

今うさ枕さんが服用している薬の中でも一番過食傾向が出てしまうんです

そうですか、こいつが・・・、こいつが・・・

これで過食も軽減されるかもしれません

でも、意欲を高めるという、薬本来の効果があるだけに

状態が安定している時期に、リハビリ出社をしている時期に

いきなりのまなくするよりは慎重に減らしてみての半錠です

ハイ!わかりました!それでいきましょう!



10分程度の待ち時間に、10分程度の診察

非常にスムーズで快適な通院じゃった

薬もわずかーに減ったことだし(たった半錠ですが嬉しいです)

毎回こんな通院ができたらなあと

病院近くの喫煙所でタバコの煙をくゆらしながら

思った



日常にストレスを感じますかと聞かれて

この病院へ来ることがストレスです

と常々思っていた(口には出しません…いや、時々口に出します…)

けれど

今日みたいな通院なら快適にスマートに

心地よく続けられると思う

患者患者患者でごったがえすハズの

待合室の異変・・・

たまにはこんな通院日もあるもんじゃ

しみじみ思った






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:10:57│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

別れても覚えている


元カノが風邪をひいた

風邪かはわからない

咳も鼻水もなく、ただただ発熱がひどかった

身体の節々が痛むと言う

そうするとまだ熱は上がるかも知れん

朝聞いた時点では、元カノの体温は37度8分

まだ熱が上がるとなるとやっかいだ



どうしよう

などと思う間もなく

私は衝動的に彼女のもとへ向かおうとしていた



こらえた

















ここで、こらえないと

元カノと別れる前と何ら変わらなくなる














別れたのじゃ

私たちは、別れたのじゃ

なりふり構わず元カノに寄り添っていた頃とは

違うのじゃ



ただ

私の体に深く色濃く染みついている感覚が

私の体を動かそうとする

元カノを助けに行かなきゃ

元カノの傍に寄り添ってやらなきゃ



元カノからの体調不良の電話一本で、この始末



頭では分かっていても体が覚えている



なんとか、こらえた

なんとか、元カノへの手助けはしないよう

こらえ続けることができた



別れていても、忘れていない感覚がある

心に未練はなくても、体が覚えている感覚がある

いつかはこの感覚も冷え切るときがくるのだろうか






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:30:41│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.13(木)

水へ向かう


順調か?リハビリ出社は順調か?

こう聞いてくる輩がいる

私の両親、会社の上司

こう聞いてこない輩がいる

バンドのメンバーや、私の現状を知る数少ない友人



リハビリ出社

今週は週3で出勤する

11日(火)、12日(水)に出勤し

今週はあと明日14日(金)に出勤する予定

もちろん、明日は出勤する気でおる



週1から週2、そして週3日の出勤になり

着々と出勤日を増やしている状況

来週も週3日の出勤予定

再来週はまた出勤日を一日増やして

週4日出勤するつもりでおる



このペースをみれば、一つ一つ段階を踏んで

さも順調そうに見える

会社への復帰に関してだけ見れば

とても順調と言っていいじゃろう



だけれども

1年以上休職しておる私には

日に日に

会社に自分の時間を奪われている感覚に陥る

拘束されるとはこのことかと思う

自由が縛られる、自由が奪われる



このリハビリ出社

私が回復すればするほど

そして

私が着実に出勤日数や出勤時間を増やせば増やすほど

私の時間が

限りのある大切な時間が奪われてゆくように感じる

時間は有限じゃ



これは、私にとって、私の人生にとって

本当に有益で順調な方向へ向かって歩けている状態なのか

わからない

順調か?どうなのよ?

投げかけた自分への問いは

いつも疑問符をもって突き返される



そんなことを考える夜はやばい

不安を携えて眠る私は明日を迎えることが怖くなる

そんなことを考える昼はもっとやばい

有益な時間を過ごしているかの問いが常に片隅に居座る

希死念慮が大きく膨らむ

アルコールにはしる

余計なことを考えて頭からモヤモヤが離れない

そんなとき、私が行くのはココ

↓↓

















ドーーーーーン
CA390302.jpg
太平洋!



私は水の流れる音が好きなんじゃ

自然と心和み、落ち着く

落ち着くために、時々ここを訪れる



明日は出社予定日

気持ちをまた切り換えて

すがすがしく出勤したいものだと思う



帰宅して鏡を見たとき

私のパーマをかけた頭髪は、潮風にさらされて

よりいっそうモジャモジャ感が増しておった

よりいっそうウェービィになっておった

帰宅するまで気付かなかった…






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:30:59│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.11.12(水)

接吻


私はバンドのオリジナル曲の歌詞作りを

バンドメンバーから任されておる

任されたからには

せっせと作詞作業に時間をあてる

時々歌詞を書いてみては

メンバーやメンバー以外の友人に見せて

感想や指摘をもらう

知恵と知識を絞り出し感性にまかせて

書いておる



しかしながら

バンドの曲の大事な歌詞作りを私に任せるなんて

本当にいいんか?と疑問をもっておる



このところ

私の中では、個人的に大ブレイク中の詩人

谷川俊太郎

彼の詩を見ては思わずうなる

大勢の人から評価される詩とはこういうものかと

彼の詩をよんで、納得する、感心する、感動する

それに引き換え、私の詩など・・・

とても人前に出せるような気がしなくなる



自分に自信をなくすと共に

私もこういう詩を書けるようになりたいわぁと

常々思う

今日は、そんな

私もこんな詩がかけたらなと思った

谷川俊太郎の詩を一つ紹介



【接吻】

彼女は他の男の匂いをさせて帰ってきた

そこで僕は彼女に接吻出来なかった

それから二人は太陽の熱さの残っている

ふとんに入った

その日は一日いい天気だった

それでも僕は接吻出来なかった

彼女は自分の胸をぴったり僕の胸に押しつけた

それでも僕は出来なかった

彼女が別の女のように思えた

ふたりの会う前のようだった

まだ僕が彼女のあそこを知らないで

日曜日にはひとりで釣に出かけた頃のようだった

あの小さな沼のそばで冬の薄陽を眺め

誰かに会うのを待っていた頃のようだった

僕はおそろしかった

それでも僕は出来なかった

そうしていつか眠りこんだ

大きな草原のような夜だ

いつまで駆けてもいつまで駆けても



私はこんな感受性をもつ谷川俊太郎に

いまベタ惚れしておる

いつかこんな繊細で温度を感じる歌詞がかけたらと

羨望の眼差しで眺めておる

時に感嘆の声をあげ

時に感動に浸りながら



関連記事
◆くり返す






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:31:37│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.11(火)

出勤時の持ちもの


私はいま休職期間中であり

うつの病状が徐々に回復・安定しつつあるため

医者さんから通勤練習の許可がおりた



先週までは週2出勤

今週からは週3で出勤予定じゃ



出社時間は何時でも良い

ただし午前中に出社し午後に退社すること

という決まりごとを設けて

通勤練習をしている



そうして今日も出勤してきた

出勤には

やる気体力集中力、そして勇気がいる



やる気

そもそも

会社に行かなきゃ、ではなく、会社にいきたいぜ

という意欲が湧いてこないかぎり

医者さんから通勤練習の許可はおりんだろう

私自身

通勤練習を始めた当初は

行かなきゃ8割、行きたいぜ2割くらいで

一度ダウンしてしまったが

今は

行かなきゃ3割、行きたいぜ7割くらいになっておる

それでもやりたくない、行きたくない日だってある

そんな日は、行かないで休むベシ、と肝に銘じておる



体力

自宅から会社まで約1時間半

今朝は10時半に会社着

ラッシュアワーをはずして出勤するものの

この通勤だけでかなりの体力がいる



集中力

私の仕事は技術職

単純にフルタイム出勤することができるようになっても

技術が伴わなければ会社の戦力としては不十分なんじゃ

1年以上現場から離れているブランクは大きい



今は出社したときは技術のリハビリをしておる

これがまた、頭を使うし大変な集中力を要するもんなんじゃ

今の私はすぐ集中力が散漫になり

長い時間ひとつの物事に集中できないでおる

(すぐにネットサーフィンをしたくなります・・・)



勇気

私には、これが何よりも必要じゃ

現在

休職期間中の出勤で勤務時間も曖昧という

微妙な立場におる私

他の社員さん達の「こいつ何かあるな目線」をビシバシと感じる

その視線や、他の社員さん達との微妙な距離感は

何とも言い表せない扱い辛さをもっていて、その場にいるだけで

いたたまれない気分になる

小心な私は、勇気を振り絞って、ひらきなおらんと

この戦場には居れない






立場的に、いずらい

精神的・体力的にしんどいときもある

でもなんとかリハビリ出社を続けておるよ

少しずつ

プライベート中心の生活から

仕事中心の生活に変えていかんと

何と言っても、生活がかかっているから

一人生きてゆかねばならんから










この戦場から見える景色
CA390294.jpg
オフィスビルに切り取られた空






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 18:54:15│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.10(月)

ぐるんぐるん迷路


カウンセリングへ行ってまいった

これで3度目のカウンセリングになる

私は自分のことを話すのが大の苦手じゃ

だから

カウンセラーのオッサン(以下、オッサン)と

一対一で対話する1時間がとても長く厳しく辛く感じる

それを少しでも緩和させるために

今回も、ブログに書いた記事をプリントアウトして

オッサンに読んでもらった



プリントアウトした記事は

「金の出所」

元カノとの関係について書いた記事じゃが

依存、共依存の観点からみるとどんなもんなのか知りたく

この記事を選んだ



記事に目を通すとオッサンとの会話が始まった



もちつもたれつ、なのかな

そうなんでしょうか…



申し訳ないと思ってしまうんだね

そうなんです…



元カノには、献身的すぎた、あなたは純粋すぎた

そんなことないです…



今まで献身的に支えた分のお返しをもらってると

考えるほうがいいね

それはなんでですか…?



あなたはもっと、あつかましさとドライさを持ったほうがいい

そうですか…?



普通、友達にもこんなこと

(生活や生活外でかかる諸々の費用を負担してくれること)

しないよ

そうでしょうね…



元カノも罪の意識もっているのかもしれないね

そうかもしれませんね…



普通に考えれば

一緒になっても(結婚しても)おかしくない関係だよね

そうでした



一緒になることは考えてるのかな

それはもう、ありません、見切りをつけてます…



あなたはこれからは

自分をセーブすることを覚えたほうがいいね

セーブ、ですか…



自分にかかる負担の限度を知って

負担を受け方をコントロールするんです

コントロール、、、そうですか…



そうして、自分の気質を矯正していったら

いいんじゃないかな

はぁ…



自分の気質の軌道修正していかないと、これから先

うつが治ってもまたうつになるよ

うーん…



せっかく快方に向かってるんだから

えぇ…






あのー

カウンセリングって、こういうもんなんじゃろか?

いまいち、つかめない

もっと私が話す方がいいのか

いや話したいことはプリントアウトして持って行ってるし

でもなんというか、バシッとこないというか

迷路に迷い込んだような感覚で

つかめん

そもそもこのオッサンを信用しきれていない自分もおるし

心を開けない

結局、依存や共依存の話題にすらならず

私としては如何ともしがたい

オッサンとの会話で余計に頭の中がぐるんぐるんになる

こうして、カウンセリングの記事を書いている時も

やはり迷路に迷い込んだようで

何とか記事に起こしてみたけれども・・・

バシッとした記事にならない

カウンセリングって、なんじゃ?






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:30:39│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.09(日)

ロールチャンス


先日

最寄りのコンビニに行った時のこと

私はいつものように

ロールちゃんが置いてあるハズの棚を見た(もはや癖になっております)

狙いはコレ

↓↓

ロールちゃんいちごHP
この冬限定の、ロールちゃんいちご味

しかしロールちゃんは置いてなかった

一つも、置いてなかった

限定ではない普通の味のロールちゃんすら

置いてなかった



畜生、今日もロールちゃん置いてないのかよっ!

私の冬はいつ来るんだよ、ファッキンッ!

と口走り(小声でね)

無性に飲みたくなったアルコールを手に取り(昼間です)

レジへ向かった

偶然、私のレジ対応をしてくれたのが

前回ロールちゃんをめぐってお話をした面長の店員Aじゃった

(過去記事「■ロールショック」を参照下さい)



ロールちゃんの…、マロン味でしたっけ?

レジ対応をしながら面長の店員Aは私に話しかけてきた

(だからマロン味はいつも食べてるんだってば!)

いいえ、あの、パンプキン味です

あー、そう、パンプキン、(発注リストに?)無かったですねー

そうですかぁ

はい、ほんとに申し訳ございません

いえ、いいですよ

ここでついでにお願いしてみる、うさ枕

ちなみに今いちご味が出てるはずなんですが

イチゴ味っスか~、あ~、確か(リストに?)あったように思いまスよ…

あの…、発注をお願いしてもよいですか

分かりました、調べてみまスね!

あ、ありがとうございます

いいえ、できるだけお客様のご要望に添えられれば

それでいいんでス!

よろしくです!(チャンス!ロールチャンス!!)









そんなやり取りがあって・・・



そして今日

最寄りのコンビニへ向かう

うさ枕の姿があった

ロールちゃんの置かれる棚へまっしぐらに向かう

うさ枕の姿があった

目を丸くして喜々としている

そう、願いが通じた

面長の店員Aは私のお願いを実行してくれた

商品陳列棚には

桃色のパッケージのロールちゃん、いちご味



チャリンチャリーン…(レジで購入です)



できるだけお客様のご要望に添えられれば、それでいいんでス!

できるだけお客様のご要望に添えられれば、それでいいんでス!

できるだけお客様のご要望に添えられれば、それでいいんでス!



私の家からの最寄りのコンビニは素晴らしい

普段こんな言葉、コンビニでは聞けそうにない

カッコいいよ、面長の店員A

コンビニ店員にしとくのはもったいないよ

前回に引き続き接客対応五つ星だよ

(過去記事「■ロールショック」を参照下さい)






ロールちゃん・・・

それは単なるお菓子

それは他に類をみないお菓子

それは限定モノがよく出没するお菓子

それは私を虜にしたお菓子

それは一度食べたら癖になるお菓子

それは耳の長いパッケージのお菓子

それをきっかけに新しい信頼関係が生まれるお菓子

一口では食べきれないボリュームのお菓子

一言では言い表せないドラマをつくるお菓子






こちらがその
CA390297.jpgCA390298.jpg
ロールちゃん、いちご味






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:24:29│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.07(金)

ブログはその一部分だから


初めてじゃった

恐る恐るじゃった

自分の書いた文章が

インターネット上に公開されることに

抵抗感もあった

怖くもあった



そんな

へっぴり腰で

でも勇気を振り絞って

記事の保存ボタンを押した






それが、一年前の今日



一年前の今日は、私がブログに初めて記事を投稿した日

ブログスタートの日

ブログを書き始めてから丸一年が経った



会社を休職し

ただただ漫然と過ぎてゆく日々を

記録しようと思った



誰にも言えなかった「私はうつ病です」を

吐き出す場所を探していた



そんな折、友人がブログを書いていることを知った

インターネットに対して私は極端に強い警戒心をもっておる

私はその友人にブログについてあれこれ聞き

警戒心の塊の自分でも始められるか検討した

脳内うさ枕会議・・・激論じゃ



激しい脳内討論の末

「まずはやってみてからじゃ」

との結論に達した



そして

ブログを始めてから丸一年、色々な出会いがあった

それは

ブログを始めていなければ到底出会えなかったであろうという

巡りあわせ

たとえネット上だとしても、かけがえのない

巡りあわせ



暗く鬱々と布団に丸まって動けないとき

思い出すのはリアルで声をかけてくれた言葉ではなく

ブログで知り合った方からいただいた言葉だったりしたことも

少なくなかった



読者さん方に救われたことも二度や三度ではない



自分の書いた記事に沿って、自分を見つめると

現実でのドタバタや、ネット上でのドタバタを

こんなことやってたなぁと、思い出が脳裏をかすめる



ブログを通じて、嫌なこともあったし嬉しいこともあった



それでも、どちらにせよとにかく



私は吐き出した、日々ブログに吐き出した



どんなに仲のよい友人にも言えんことを



ブログに吐きだしてきた



感情があって、ブログはもはやそれの一部分だから



涙が流れるハズはない



けれどこの、感情の充満した自分のブログを読み返すと



自然と泣けてくる私がおる




















この一年

アドバイスをくれた方

温かいお言葉をくれた方

叱咤激励してくれた方

蔑んでくれた方

記事を読んで下さった方

足を運んでくれた方

ランキングのクリックを押してくれた方

感謝の一言に尽きます



これからもどうか

このブログを見守ってやって下さいますことを






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 17:05:35│ コメント 10件トラックバック 0件
2008.11.03(月)

そういう思いでここにおる


私は悩んでいる

不安に思っている

どれだけ大きな悩みなんかは知らん

けど私にとっては大きな悩みじゃ

今の仕事・・・
















続けていくんか?



以前、医者さんは言っていた

復帰するのは今の職場じゃなくてもいいんですよ

バンドの仲間も言ってくれている

今のうさ枕ならまだ…業種変えるのは難しいかも知れないけど

職種変えるくらいのことは考えていいと思うよ

こんな仕事あるよ、あんな仕事あるよ



仕事の悩み、それは膨らみ続ける

休職期間にも期限がある

期限内に復帰できんと私は会社から首を切られる

不安とプレッシャーが徐々に大きくなっている

今の会社に復帰できんかったらどうするかも

考えていかねばならなくなってきている

自分の身の振り方を考える時期に来ている



今の会社への復帰が難しくなってきたら

転職を考えている

もし転職もできんかったら・・・

生活ができなくなり

私は実家(北海道です)へ戻るしかなくなる

まだ帰るところがあるだけマシなんかも知れん

けど、私はまだここ関東におりたい

このまま実家へは帰りたくない



私は仕事先が関東だったために

上京してきた

そして目の前の仕事と目の前の彼女の問題に

常に直面し続けた

板挟みの状態で目下

直面している問題に対処することでどうにか

私と彼女、そして仕事を成り立たせてきた



気がつけば

私自身が社会人になってやりたかったこと

実現したかったこと、なりたかった自分

一切手をつけられてない自分が今、ここにおる



私はここ関東にきてから、まだ何も成し得ていないのじゃ



まだ関東におりたい、そして再スタートを切りたい

これは、仕事の悩みというより、人生の悩みかも知れん

そういう思いでここにおる

この先、一ヶ月後、二ヶ月後、半年後、一年後・・・

私はどう動き何を選んで、自分の身を立てていくか

もう一度考えてみたい






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





※コメント・メールのお返事がまた遅れだしております
ごめんなさい
どうか今しばらくお待ち下さいますようお願い致します



│posted at 22:51:18│ コメント 5件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。