FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2008.10.30(木)

ロールショック


コンビニへ向かった

狙うはコレ
↓↓
ロールちゃんパンプキンHP
ロールちゃんパンプキン味


ここ数日

私の家の近所のコンビニには

全く置いておらんかったパンプキン味

置いてあったのはいつもコレ
↓↓
ロールちゃんマロンHP
ロールちゃんマロン味

既に浴びるほど食べておるマロン味…





今日

あらためて

ロールちゃん目当てに

コンビニへ行ってみたが

ロールちゃんは一つも置いておらんかった



商品陳列棚にロールちゃんは見当たらない

ロールちゃんが置いてあったとしても

何故か最寄りのコンビニにはマロン味しか

置いておらん

マロン味のロールちゃんが置いていなければ

ロールちゃんは売り切れ状態



畜生、今日もパンプキン味ないのかよっ!

私のハロウィンはいつ来るんだよっ!



などと口走り(小声でね)

心は興ざめし、空っ風が吹く



と、そのとき

面長の店員Aが私のところへ小走りでやってきた



ちょっとすいません!

はい?

あの・・・

はい

ロールちゃんなんですけど、調べたんスけど

パンプキン味うちじゃ入荷できないみたいなんスよ

なぜゆえ!?(パッケージ可愛いのに…きっと美味しいのに…ハロウィンなのに…)

(ショック!ロールショック!!)

ホントすみません、普通のとマロン味なら入荷できるんスけど

あー、そうですか、そうなんですか…

はい、ホントすみません

わかりました、わざわざありがとうございます



先日のことを思い出した

面長の店員Aに私はお願いをしていた

ロールちゃんにはパンプキン味があるのですが

それを発注して下さい



個人的には

バイトの店員さんに頼んでみただけでは

本当に調べてくれるかもわからないな

スルーされるな

くらいに思っておったし

このお願いにはあまり期待をしていなかった

しかし

面長の店員Aは私のお願いを実行しようとして

調べて発注しようとしてくれたのじゃ

そして

普通の味なら入荷できますが

限定のパンプキン味はだめでした

すみません

とわざわざ報告し謝ってくれたのじゃ

たかが一人の客に対して



私はロールちゃんパンプキン味を

販売期間内に食べることができんかもしれん

それは悔しい、とても悔しい

めちゃめちゃ食べたいが

食べれないかもしれん



でも、なんだか食べれなくてもいい気持ちが生まれた

許すよ、あんたに免じて許すよ

そんな気持ちになり、心には温かい風が吹いた

未だ見ぬロールちゃんパンプキン味がきっかけで

最寄りのコンビニの接客対応五つ星

垣間見ることができたのだから

でもやっぱり食べたいけれどね・・・



今ロールちゃんはさらに新しい味が出ている

それがコレ
↓↓
ロールちゃんいちごHP
リニューアルした、いちご味



まだまだロール村の旅は続く・・・






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





スポンサーサイト
│posted at 22:29:42│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.28(火)

上を向いて歩く


風邪が流行ってるみたいだから気をつけてね

風邪、もうひきました、早速ひきましてもう治りかけです

あはは、流行に敏感だねぇ

敏感すぎました…



火曜日って会議ばかりやってますね

そうなんだよ火曜は疲れるわ

経営会議なんですか?

そうだね、そんなところ、あと営業会議とか

疲れちゃいますね

うん、火曜日嫌い!精神的に辛いから



最近、食欲はある?

ありますよ、あり過ぎるくらいです、過食傾向で…

ほぉ、まぁ、食欲あるのはいいことだね

家にいると一日四食とか食べることもあります

そんなに!すごいねぇ、食欲の秋だねぇ

真っ盛りですね



そうすると、少し運動したほうがいいかも知れないね

はい

いきなり走ったりするのはあまり良くないって聞くけど

歩いたり、そう、散歩したりするのはいいかもしれないよ

そうですね

上を見て歩くんだ

上?

そう、空とか見上げながら歩いてみるんだ

何か効果があるんですか?

効果というかね、見上げてみると広いんだ

気持ちがいい、それに思いがけない何かを発見するかもしれない

ほおおぉ、なんだかロマンチックですね

営業やってると落ち込むことも多いんだ~

そういう時は大概下を向いて、うつむきながら歩いてる

でもそんな時こそ上を見て歩くようにしているよ

イメージトレーニングみたいなものだね



私は知らず知らずのうちに

下を向いて歩いていた自分に気がついた

ちっぽけな自分だと思い背中を丸めて歩く姿が

鏡やガラスに映し出される



猫背をやめて

上を向いて歩こうと思えた

営業Kさんとの会話じゃった






↓↓ガツンッと押してやってくださいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 19:37:46│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.10.27(月)

金の出所


断ち切れないでおる

本当の意味でのお互いの自律を妨げておる

支えてもらっておる

本当の意味でのお互いの自立を妨げておる



私はお金に困っていて、それを何度も記事にも書いてきた

生きていくには金がいる

金がかかる

金がかかるが今のところ収入は、毎月の傷病手当金だけ

その収入でどうにか生きている



ギリギリの家計で生きている

しかしながら

ギリギリの家計と言いながらも

月に約2回はバンドの練習でスタジオに入り

月に1回はイベントでDJをやりに行き

時々外食をし

会社へ通勤し電車賃を払い

職場での昼ご飯代を払い

診察代や薬代を払い

カウンセリング料金を払い

先日は美容室へ行き髪にパーマをかけた



家計はギリギリなのに

どうしてそんな色々と、お金のかかることができるのか

私はそれを今まで記事に書いてこなかった

書けんかった



生活を支えるためだけで精一杯の家計なのに

どうやって色々な出費が発生する事柄に

手を出すことができるのか…












実は、生活外の出費の多くを

元カノが、まかなってくれておる

時々する外食

会社への電車賃

美容室の代金

CDや本などの出費

洋服代

などなど・・・



バンドやDJにかかる費用は私が自費で出しておるが

上記の色々な出費は元カノが全て出してくれているんじゃ



情けないが

私は経済的に彼女に支えられて今の生活水準を保っておる



元カノと一緒におるときは

全ての出費を元カノがまかなうのだから

金額的にも大変な負担額になるのは容易に計算できる



レジに表示される金額を見るたび

申し訳ない想いにさいなまれる

しかし、それと同時に

元カノに甘えきっている私もおる



元カノは気立て良くお金を出してくれる

それに対して私は

自分を律して元カノにNO、とは言えないでおる

そして

私が経済的に安定しない限り元カノは好意でお金を出し続ける



もう元カノと別れて10ヶ月あまりが経つが

未だ、元カノとのこの関係を断ち切れないのじゃ

未だ、元カノに経済的に支えられておるのじゃ



私は散々

元カノとはヨリを戻さない

とか

元カノとの今の関係が一番望ましい

などと記事に書いてきた



しかし

この事実を前にしては

本当は何も偉そうなことは言えん

元カノと本当に望ましい理想の関係にあるとは言えん






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 12:51:49│ コメント 10件トラックバック 0件
2008.10.24(金)

待合室の憂鬱


会社の、健康診断があり

関東某所にある病院へ行ってまいった

健康診断の検査項目は・・・

◆尿検

◆レントゲン

◆血圧測定

◆採血

◆身長・体重

◆視力・聴力

◆内科健診



待合室で名前が呼ばれるのを待ち

一つの診断を終えるたびに待合室へ戻る

その繰り返しで各検査項目を順番に終えていく



待合室にいる間、私は憂鬱で仕方がなかった

それは

自分の健康状態や検査結果への不安とか

そういった類の憂鬱ではない

そんなことより

会社の社員達と顔を合わせること

特に同期の社員と顔を合わせることが

たまらなく嫌なんじゃ



同期の社員とは声を掛け合う程度の一定の親しさを持つ

会いませんように、会いませんように

と何回も祈ったが、私の祈りなど簡単に吹き飛ばされた

早速、あっちに同期、こっちに同期、ちらほら同期



会うと、声を掛け合う

そして

「今どこの現場で仕事やってるの?」

「最近の調子はどう?」

などと近況報告のような質問をポンポン浴びせられる(うぜぇ~)

私は病気で休んでる事実を同期に伝えてはいない

伝えられないでおる、というより、伝えなくない気持ちでおる

だから

同期の面々は

私が休職していることを知らない

今も私がどこかの現場にでて仕事をしていると思っておる

会話が始まれば、平気で上記のような質問をしてくる

私には返す言葉が見つからない



だから

目を合わさないように、隠れるように

待合室の隅に座り、待合室の奥に座り

同期社員とは常に一定の距離を置いた

会話ができない程度の距離を置いた

何とも気まずい、待合室での居心地の悪さ



しかし

誰が何と言おうと

近況を聞かれたりするよりは

居心地の悪いままの方を私は選ぶ

どんなに憂鬱でも、会話するよりはマシ

言えば大したことないのかも知れん

案外、雑作もないことかも知れん

けども、そんな小さなプライドが捨てれんのじゃ



ちなみに

健康診断の検査項目のうち

内科健診は、新鮮じゃった

ここ1年以上、病院と言えば

うつうつで通院している心療内科だけ

まともに内科健診を受けたのは1年以上ぶりじゃ

聴診器をあてられたりしたときも

あぁ、病院ってこういうことするんだったなぁと

しみじみ思った

もはや、心療内科や精神科が日常、内科は非日常

そう捉えてしまう私は、病んでおるのだろうか

とても新鮮じゃった






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:30:09│ コメント 9件トラックバック 0件
2008.10.23(木)

ちょっと大人の


昨日

美容室へ行ってまいった

髪を切ってきた

ボサボサに伸びたカリメロヘアー

さよならを言う時が来た

↓↓カリメロ
カリメロ



私はいつも美容室へ行ってから髪型を決める

いつもは自分で決めるのじゃが

今回は毎度担当してもらっている美容師さんに

全てを委ねることにした

普通ならそんなことはしないのじゃが

私は担当の美容師さんの腕前に全幅の信頼をおいておる

そして

今回のコンセプトは・・・












イメージチェンジ



私の発想にない新しい風を

この髪に吹き付けてやってもらうために

全てお任せにした

私からの希望は

大体の髪の長さと

仕上がりの風合いを漠然に伝えただけじゃ(あと予算もね♪)



でもって






全てをお任せした結果












私、人生初の















本格的な
















パーマをかけてもらいました






クルクルと巻いたカーラーを外したときは

鏡に映った自分を見て

これ、サザエさんと一緒じゃね!?失敗!?と思うたが

よく洗ってブローすると

なんかイイ感じの

スキッとした

いまどきの風体の



他人



が鏡に映っておるではないか

とても自分とは思えぬ外見・・・



唖然としておる私に、美容師さんは言った

おおおおー、変わりましたねー

↑変えたのはあんたじゃー(心の声です)

劇的に変わりましたねー、他人かと思いました

ふふふ…ちょっと大人のうさ枕さんになりましたよ

不敵な笑みをうかべて美容師さんは言う

そして

まんざらでもない笑みをうかべる私

大人の・・・

大人の・・・

大人の・・・

この一言に一人酔いしれるうさ枕



まさに劇的ビフォアーアフター

しかし未だに

鏡やガラス窓にうつる自分を見たとき

それが自分と思えない私がおる

カリメロヘアーへの愛着も忘れられない

忘れないからな

ばいばいカリメロ、またいつか






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:30:20│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.22(水)

オリジナル騒動(後編)


前日の記事『オリジナル騒動(前編)』の続きです




先日

バンドのスタジオ練習の後に居酒屋へ行った時のこと

ギタリストのツレ(以下、Yちゃん)が居酒屋から合流した

和気あいあいと飲みお喋りをするなかで

たまたまYちゃんが口火をきった

Yちゃん「ねぇねぇ、オリジナル曲ってどうなってるの?」

ギタリスト「いや~、少しずつは進んでるんだけど、なかなか難しいねぇ」



確かに

先に歌詞があってそれに曲をのせる作業は

簡単ではないと容易に想像できる

時間がかかることも容易に想像できる



しかしながら・・・






うさ枕が歌詞をバンドメンバーに公開したのは今年の4月

だから10月現在までの6ヶ月を要して

一曲もあがってこないのはどういうことかと



おまえら(ギタリスト、ドラマー、ボーカル)は

何をやっているのかと



既にできた歌詞があるなら

ボーカルだって歌詞を口ずさんでみたり

声に出して読んでみたりくらいできるだろうと



いやボク(ボーカル)はできない

歌詞をつくったうさ枕のイメージがあるはずだから

そのイメージを壊したくないと



うさ枕が歌詞作りの際に描いた曲のイメージを

先に受け取らないと口ずさむことは無理だと



おいおい、そこまでうさ枕任せかよと



うさ枕が作曲するようなものじゃないかと



そんなことないから、君(Yちゃん)と

バンド活動とは関係ないでしょ、少し黙ってなさいと



何時まで経ってもできないから言ってるじゃないか!と



うさ枕は歌詞を公開するときにも

凄い勇気が必要だったと思うんだと(そのとおりです)



みんな(ギタリスト、ドラマー、ボーカル)

口で言い訳ばっかり並べてないでとにかく何かやりなと



闇雲にやっても仕方ないだろうと



何もしないよりマシだろうと



行動しないのは最低だと



君(Yちゃん)は少し黙ってろよと



居酒屋の中の一角で

熱ーくヒートアップしテーブルの上を怒号が飛び交う



結局、収集のつかないまま話は終わった

みな、大声を出し疲れておった

音楽ひとつでここまで激論を戦わせることができるんだな

などと感心するほどの熱気じゃった

(上記の言い合いはほんの一部です)



この場で話はまとまりはしなかったが

バンドメンバーの中に

「オリジナル曲を作らねば」の意識が

強く芽生えたのは確かじゃ



中でも私は作詞した以上

その歌詞からどんな曲が生まれるかと

ひときわ期待をよせている



そして私はベーシスト

ギタリストが作ってきた曲にベースラインをのせるのは

私の仕事じゃ

ベースラインにもセンスが問われる

できればこの激論の勢いをそのままに

初の作曲活動へぶつけてやれたらいいと思っておる






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:30:00│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.21(火)

オリジナル騒動(前編)


いま私(我々)が活動しているバンドはコピーバンドじゃ





今年に入ってから

既曲のコピーだけ演ってても進歩や発展性がない

「そうだ!オリジナル曲を作ろう」という話があがった



オリジナル曲を作るにあたって、あれやこれやと話し合いが始まり

作曲はバンドのギタリスト、作詞はベーシストが行うことになった

バンドのベーシストとは、のことじゃ

作曲のノウハウや手順なんて全く分からない

オリジナル曲に関してはド素人の四人組

とにもかくにも、まずは私が歌詞を作って

その歌詞にギタリストが曲をのせることになった



私は歌詞を八つ程書いた

もがき苦しみあがきながら、書いた

バンドメンバーに見せる前に

友人に歌詞を批評してもらい何度も書き直した

そして

八つ書いたうちの四つの歌詞を

バンドメンバーに公開した

公開しなかった残りの四つはボツ、涙をのんでボツ…



さあ、歌詞があがったなら、次は作曲の番じゃ

作曲担当のギタリストが奮闘する・・・

ハズじゃったが

いっこうに作曲が進まない

いつ進み具合を聞いても

具体的な進捗報告がかえってこんかった…






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:28:17│ コメント 7件トラックバック 0件
2008.10.20(月)

記事持参


行ってまいった、カウンセリングに

トボトボと、心もとない足取りで

今回は何を言われるのじゃろう

今回は何を言えるじゃろう

などと考えながら歩いていると

自然と気持ちはどんより、暗くなる、不安になる



だからその不安を取り除きたい一心で

これまでこのブログに書いてきた記事の中から

一部の記事を抜粋してプリントして

伝えたいことを紙媒体として持って行き

カウンセラーのオッサンに見せることにした

喋る説明だけでは伝わりきらないことも

いくつか記事を読んでもらうことで

より詳細に明白に伝わるだろうと思ってのことじゃ



プリントして持参した記事は
■探し物(2008年10月)
■向き合えるだろうか(2008年10月)
■女の子1(2007年12月)
■女の子2(2007年12月)
■女の子3(2007年12月)

「探し物」「向き合えるだろうか」

私の心情やカウンセリングについて触れている記事

「女の子1~3」は別れた彼女とのことが書いてある記事で

共依存に関して参考になるかと用意した



カウンセラーのオッサンに見せると、じっくりと読み始めた

ブツブツと声に出して、読み始めたから

記事の内容が私の耳にも届く

すると我ながらこんな恥ずかしいことを

ブログで、ネットで、晒しとったんかと思い

自分で自分がいたたまれない気持ちになるが

他人に読んでもらうと、記事が生きてくるようで

新鮮で不思議な感覚じゃった



特に「女の子1~3」はかなり前の記事で

久しぶりに読んで(聞いて)

そんなこともあったと感傷に浸る場面もあり

個人的思い入れも強い記事なもんで、変に感情移入してしまった



「女の子1~3」を読み終えたオッサンは言った

本当にお疲れ様でした、と

一人の人間に対してこれだけできるのは大したものです、と



オッサンいわく

私はいい人、相当ないい人で、いい人過ぎるくらいだそうだ

そして、彼女と過ごしていた日々は共依存の状態だそうだ

私は

アダルトチルドレンの疑いアリ

と同時に

依存体質が強く共依存に陥りやすい疑いアリ



関係を断ち切るのは大変だったでしょう、オッサンは言う

それはもう、大変でした

数年悩みましたし、行動してからも大変でした…

うんうん…

オッサンいわく

本当に共依存になりやすい人は

別れたとしてもまた同じような相手(依存相手)を探し

また同じ共依存の状態を作ってしまうのだそうじゃ

共依存の輪から抜けられないのだそうじゃ

だからオッサンは私に

元カノと一定の距離を保っている事

もしくは

ばっさりと関係を切る事が大事だと言う



私は元カノとヨリを戻す気もない

お互いのペースを崩すことなく

お互いよく知っており、お互いの生活を持ち

お互いが気遣いあえる現在の関係が

最良だと思うておる

あんたに(オッサンに)言われなくとも重々気を付けておるわ

と思うたが

これは元カノとの共依存関係を経験して

私自身で気付けたことでもあり

気を付けるようになったことでもあるから

そこにオッサンが警告を入れたこのタイミングは

間違ってないなとも思うた



「探し物」「向き合えるだろうか」を読んだオッサンとの話は

私の中でまだ整理ができておらず割愛させていただく(混乱中です)



オッサンと一対一で1時間も会話することは

ひどく疲れ、非常に長い時間に感じ

病院の診察は非常に短く感じるのに

この差はなんじゃろうと考える



苦痛じゃ、とにかく胸が辛くなってくる

今回は沢山資料を持参して

満を持して挑んだカウンセリングなのじゃが

しんどかった

1回や2回顔を合わせただけの人に

自分の内側や心情を語るなんてできるものか



気楽に話すこと

また

オッサンとの隔たりを縮め壁をとっぱらうこと

といった具合に回を重ねるたびに少しずつ

話しやすい空気をつくっていきたいと思う

まだまだ様子見のカウンセリング

じっくりじゃ、私、じっくり!






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 20:18:50│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.18(土)

減薬減薬減薬


昨日、病院へ行ってまいった

二週に一度の通院

基本的には土曜日を通院日にあてていて

今回も事前に、土曜日に予約を入れていた

しかし

本日土曜日はあいにく社内行事(一年で一番重要な)があるため

仕方なーく昨日、病院へ行ってまいった



病院へは会社帰りに行ったので

いざ診察を受けるとき

私を見た医者さんは「おおおおっ」と目を丸くした

すっかりご無沙汰だった私のスーツ姿を見て驚き

その驚きが声に出ていた



「(スーツ姿)久しぶりですねぇ」

「ええ、今日は会社帰りにこさせてもらいました」

「そうですか、で、前回の診察から、いかがですか」



私は近況や症状などを事前に記したメモを

医者さんに手渡した



そのメモの内容はコチラ!(一部抜粋)

◆軽いうつの波がきている

◆先週金曜日(10日)に出社再開した

◆足の震えは少し残っている

◆薬の量を減らしていきたい

◆ひどかったイライラ感はほとんどなくなった



医者さんはまず、うつうつの波について聞いてきた

いつ?

今月の15日くらいからです

どの程度?

自分の力で近くのコンビニまで行って

買い物できるくらいの元気はありました

いつまで?

昨日(16日)くらいまでです

きっかけは?

ここ最近の変化は、リハビリ出社を始めたことくらいですが・・・

今はもう波は落ち着いてきてます

そうですか

と、カルテにあれこれ書きながら医者さんは一息つく



前回うつうつの大きな波が来て、やむなく中断したリハビリ出社

またまたリハビリ出社に暗雲か・・・と私は内心ヒヤリとした



波はきてても、全体的に安定してきていますね

と医者さんは言うてくれた

私は内心ホッとした



イライラがなくなったのは良い傾向ですね

足の震えは気になりますか?

はい、いまも若干震えてるんですけど、気になります・・・

(ホントに震えるんです、貧乏ゆすりの様に震えるんです)



うーん、今処方している薬の中で震えを起こしやすいのは・・・

医者さんも処方に悩んでおる

私もこの膝のガクガク震える現象は早くなんとかしたい



しかし

状態が安定してきている現状で

しかもリハビリ出社を再開したての現状で

下手に意欲を上げる薬を減らしたり

安易に不安を抑える薬を減らしたりすることには

医者さんも悩んでおる

医者さんは悩んだ挙句

どの薬へらせそうですか?

と私に聞いてきた

へっ!?どっ、どれですかね~

医者さんと私、二人で頭を悩ます始末

結局、現状維持ということになり

また様子と経過を見ましょうと話はまとまった



前回の診察で薬を1錠だけ減らすことができた



今回はまだまだ様子見

焦ってはいけん

そう分かっていながらも

気持ちだけは突っ走る

減薬減薬減薬減薬減薬・・・






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:31:51│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.18(土)

処方箋20081017


私のお薬たち(2008/10/17)



名  前 : リボトリール錠 0.5mg
はたらき : けいれん/てんかんの発作を防ぎ、不安や緊張を取り除く
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : トレドミン錠 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)2錠、(夕)2錠

名  前 : アモキサンカプセル 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)3錠、(夕)3錠

名  前 : ジプレキサ錠 2.5mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (寝)2錠→1錠

名  前 : エビリファイ錠 6mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (朝)1錠、(夕)1錠

名  前 : アキネトン錠 1mg
はたらき : 手足の震えを抑えたり筋肉の緊張をほぐす
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : SG顆粒
はたらき : 鎮痛、解熱
ふくよう : 頓服
※片頭痛もちなので、処方してもらっているお薬です
 頭痛時に飲みます

名  前 : リスパダール内用液
はたらき : 不安や緊張、興奮等を取り除く
ふくよう : 頓服
※死にたい欲求が湧いて来た時にのみます



処方は前回と同様です

今、一日に、18錠 飲んでます + 片頭痛時に一包、死にたい欲求時に一液飲んでます






↓↓ポチッと押して頂けると大変励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ




│posted at 21:16:32│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.17(金)

三拍子の捉え方

病院へは明日行く予定だった

きちんと明日行くよう予約も入れてある

でも明日病院へは行けない

明日は

社内行事(一年で一番重要な)があるから

だから今日、ため息混じりに仕方なく張り切って

病院へ行ってまいった



会社帰りに病院へ行ってまいった

↑↑ここんとこ強調でございます



本日、出社し、会社に到着したのが11:50

今日は上司が午後から外出だったので

私は上司と一言二言話した程度

あとは、しーーーーーーーんと黙って

黙々と作業をしておった

やっていた作業は・・・





























ネットサーフィン♪



それ以外は何もしておらん






そして15:00、早々に会社から去るうさ枕



つまり

重役出勤

ネットサーフィン♪

重役退社

三拍子 じゃ



以前の私なら、こんなんじゃいけん、いかん!

自分を責めていた

それが

この三拍子でも自分を許せる今の私がおる

明らかな変化がある



リハビリ出社に一度失敗して中断することになり

私は社会から再び遠のき

中断していた一ヶ月間は挫折感で心は埋もれておった

そしてそれでもなんとか社会に帰属していようとして

必死に外出したり人と会ったりしていたのかもしれん

↑↑ 過去記事 『ブログから遠のいて何を』 を参照下さい

うつうつを患っている人とは思えない行動力を発揮しておったから



そうして無理を重ねた結果

なんと意味のないことだろうと、気付いた

なんと無駄なところに力を注いでおったのだろうと、気付いた

(気付かせてくれたブロガー仲間さん、ありがとう)

快方への方向性さえ間違わなければゆっくりでいいと

今は思うている



今、「無理せんでいいよ」と自分に言える

休職期間の猶予は、以前よりももちろん厳しい

それでも、焦ってもしゃーないってことを学べたように思う

リハビリ出社を中断していた一ヶ月間

無茶はしたが、無駄にはなっていない






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:09:04│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.16(木)

向き合えるだろうか


自分と向き合うとは

何なのかと思う



怖くもある

それはきっと怖いことだ

きっと苦痛を伴うかもしれないことだ

逃げ出したくもなることだ



自分と向き合えば向き合うほど

逃げたくなるのではないか

苦痛にさいなまれるのではないか



そして

こんなことを言っている私は

まだ

真に自分と向き合ってはいないのだろう

本当の苦痛を知らないのだろう



本当の苦痛が怖いのだろう



そうじゃろ?

自分に問う










怖いもの見たさでもいいから

理由は何でもいいから

とにかく

自分と向き合うとっかかりがほしい






できれば

カウンセリングが一つのきっかけになってほしい

ただ

現状の私には、わからないのじゃ

私はカウンセリングで何をどう話して良いか

わからないのじゃ



先日、初めてのカウンセリングを経験して

自分の人となりを話し終えた

では、次は何を話せば良いのじゃ?

知らず知らずのうちに正解を探してしまう

相手の求めている答えを探してしまう

自分の話すこと=相手が欲している言葉

思考回路がそんなロジックになっておる



しかし

カウンセリングにはきっと答えなどない

きっと正解もない



前回はカウンセラーのオッサンに

君にはアダルトチルドレンの気(け)はナイネ!

と断言された



なら、私は何なのか

どうせなら、アダルトチルドレンだと断言されたかった

あなたはこうだよ、という

型枠にはまりたかった

そうすれば

どんなにか気持ちが楽になれただろう



次回のカウンセリングは19日の日曜日

それまでに

何を話すか、カウンセラーのオッサンが何を求めているか

今から無い知恵絞って対応を考えている私がおる

今の自分を守ろうと考えている私がおる

自分と向き合うことに恐れをなしている私がおる



自分と向き合わないで済ますことは

きっと本当の意味で自分を守ることには繋がらないと思う

本当の意味で「自分を守る」ってことは

自身と向き合って考えて、カウンセラーと話をして

改善へと方向付けること、だろうか

私にそれができるのだろうか






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:19:16│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.15(水)

スモールウェーブ


なんで来るんじゃろ?

調子がいい時にちょくちょく訪れる

うつうつの波






そして



飲んだ










飲んでしまった












酒を



激しい虚無感と

どうなってもいいという思考と

孤独感にさいなまれて

飲んでしまった



苦しいんじゃ、辛いんじゃ

何がどうなっているんか分からんくなって

支離滅裂で

理由もなく涙が出て

とりとめもなく家の中をあちこちウロウロ

何やってるんじゃ、このウスラボケが!(自分に言ってます…)

もういい、酒じゃ酒持ってこーい!

(孤独なので自分で買いに行きました…)



500mlチューハイを一缶・・・



前回のうつうつビッグウェーブから約一ヶ月半…

今回は規模としてはスモールウェーブ

んでも辛いもんはつらい

心がきつい、きしむ



私はうつうつが理由での酒は出来るだけ控えておった

数ヶ月前には、アルコール中毒のように

毎日昼に酒を飲むのが習慣化しておった

だんだん酒を飲む頻度を抑えて、我慢して

うつうつの波がきても酒は飲まんようにして

そうしてやってきたのに

今日の昼、酒を飲んでしまった



スモールウェーブじゃ

大したことない、大丈夫じゃ、と

自分のハートに言い聞かせながら

しかし

どうしても我慢ならなくなり

酒に手を出してしまった



この記事も、酒を飲みながら書いておる

とりとめもない、起承転結もない、オチもない

駄文をひたすら思いついた順に記録している



これも自分じゃから

昼間に酒を飲んでしまうのも、自分じゃから

いつか、こんなこともやったなぁ、などと

過去記事を笑って読み返すことができればと思う

駄文を書きながら

そう思うている






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:02:13│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.14(火)

こんな日も


こんな日もあるんじゃ

今日はずっと大したこともせずに

ずーっとぼんやりしておった

少々、睡眠過多で、夢うつつ

起きたり寝たりを繰り返し

起きているときはご飯かタバコかトイレ

寝ているときは、爆睡、うたたね、夢の中



こんな感じで寝そべりながら
P1030485.jpg
(先日うさんぽへ行った時に激写した写真です)



こんな感じでだらけながら
P1030487.jpg
(先日うさんぽへ行った時に激写した写真です)



一日を過ごした



こんなことしている場合じゃない

などと焦る気持ちもある

けども

こんな一日が欲しかった自分もおる

今日はこれでいいんじゃ

きっとこれでいいんじゃ


















おまけの一枚
P1030466.jpg
(うちのこ、遠い目で凛々しくドーーーン)






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:36:00│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.13(月)

くり返す


ここ数ヶ月、集中力が散漫になり

何かをやり続けることに支障をきたすことも

しばしばじゃ

そんな日々が続いておる



マンガを読んでいても、一度に最後まで読めない

途中でポイッと放り出してしまう

マンガが読めないくらいだから

活字の本など、とても読めたものではない

最初の数行でギブアップ

読み進めることができないでおる



ブログは

短文やでかい文字でサクサク読み進められるブログなら

読むことができるが

チマチマ~ッと書いておる長文を目にすると

やはり最初の数行でギブアップ

読み進めることは難しい



そんな私でも

これなら読めるかと思い、手にとったのは























詩集



詩なんて読むんかー!?と思われる方もいるかも知れん



私も思った



でも、読んでみると

無駄のない短い言葉を繋いで綴られた一頁一頁を

サクサク読み進めることができた



もともと詩の世界とは別の機会で知ることになった詩人

谷川俊太郎

ずっと気になっていたこの人の詩集を読んでみたんじゃ



読んでみたら、個人的大ヒット!

そこで

読んだ詩の中から

個人的に気に入っておる詩を一つ紹介しようと思う



【くり返す】


くり返すことができる

あやまちをくり返すことができる

くり返すことができる

後悔をくり返すことができる

だがくり返すことはできない

人の命をくり返すことはできない

けれどくり返さねばならない

人の命は大事だとくり返さねばならない

命はくり返せないとくり返さねばならない



私たちはくり返すことができる

他人の死なら

私たちはくり返すことはできない

自分の死を



希死念慮にさいなまれ続けた9月を思い出す

今も時々死にたい欲求にかられることがあるが

自分の人生はたった一度きり、一回ぽっきりなのじゃ

私はこの詩を武器に、希死念慮にも勝ち続けたい

死にたい欲求に勝つことを、くり返したい

そして

自分に少し優しくなろうと思う






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 22:30:57│ コメント 8件トラックバック 0件
2008.10.12(日)

打ち明ける


前々から

いつか打ち明けようと思っておった

けど、なかなか

そういう話をするような空気にはならんくて

個人の大事なことを話す話題にならんくて

話をする機会がどんどん先延ばしになっておった



打ち明けられる雰囲気とか場所とか

きちんと選ばないと

伝わらないと思っておったから

それに

バンドメンバーの反応も怖かった

これから先

どんな偏った目で見られるか分からん、と覚悟もしておった

言うのは怖かった

でも言った

病名こそ伏せたものの

メンバーへ話した内容でおおよその見当はつくじゃろう

少なくとも、私の置かれている状況は伝わるじゃろう

いや、伝えなければ…



自分の病気のことを

初めてバンドメンバーに打ち明けた

それは昨日

バンドメンバー集まってスタジオ練習を終え

居酒屋で飲んでいる場でのことじゃった






いま会社に籍はあって、休職状態にあること

無職じゃないんです



傷病手当金の支給を受けて生活していること

唯一の収入源です



家計がギリギリであること

バンドの練習にかかる支出の割合が大きい事実…



精神疾患を患っていること

病気を患ってるんです



医者さんからドクターストップくらっていること

働けません



薬を(結構沢山)のんでいること

薬漬けです



合宿の時にはこっそり薬をのんでいたこと

過去二回の合宿、共にばれていませんでした



どんなに調子が悪くても病気が理由の練習欠席はしなかったこと

練習に穴をあけるのはどうしても嫌でした



病気だと悟られないように常に平静を装っていたこと

精神疾患を抱えている様には見えなかったそうです



治療(通院)はしているがいつ治るかはわからないこと

具体的な社会復帰時期はもちろん、今後の回復状況すら不透明です






これだけのことを打ち明け

メンバーの反応を待った

少しでも受け入れてくれることを願った



メンバーは私の話に耳を傾けてくれていて

私が現在置かれている状況を理解してくれたようじゃった

又、理解してくれようとしているようじゃった



受け入れてくれるどころか

体調や金銭負担を気遣った発言をしてくれた



もう無理して平静を装わなくていい

もう薬をこっそりのまなくていい

もう経済的に見栄をはらなくていい

もう我慢しなくていい

そう思うと

心が少し軽くなった



どうしても言えなかった話、言いたかった話

言うのを何度もためらった話、それが病気の話題

やっっっと言えた



私は心の病気です、と

初めて、リアルで、大事な人たちに、公言した

言うか言わないかの心の葛藤、せめぎ合いのなかで

思い切って勇気を振り絞って

病気の話を打ち明けたことは

これからのバンド活動をより良いものに

してくれそうな気がする






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:30:45│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.11(土)

探し物


欠落しておる

何かが足りない

私は心の中に慢性的な喪失を抱えておる

心の中にあるのは、ただ漠然とした空しさじゃ

今の自分では何か足らず

このままおってはダメなのではないかという






不安






自分はこれでいいのか?

自分の居場所はここにはあるのか?

自分の価値を認められておるのか?

いつも不安で気にしながら生きておる



しかしながら

自分が何を失ったのか

自分に何が足りないのか

自分ではっきり気づいておらん



この

ただ漠然とした空しさを埋めようと

何かにうちこんでみたり

人で埋めようとしたりしても

空しいまま、喪失感は変わらない・・・



それを悟られまいと

強がり、平気なフリ、大丈夫なフリをしてみても

空しいまま、喪失感は変わらない・・・



私は

人に助けを求めることや

自分の弱みを見せることは

自分の存在を否定するものだというくらいの意識を持っておる



でも心の底では訴えたい

叫びたいのじゃ、欠落しておると

でも

何が欠けておるのか自分でもわからないから

言葉にならない



探す見つける言語化する

それが今

私が

わたし自身に求めておることなのかも知れぬ






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:58:29│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.09(木)

戦闘服


明日から約一ヶ月ぶりにリハビリ出社が始まる

まだ明日にもなっていないが

今から(前日の昼間から)緊張している



明日、約一ヶ月ぶりにスーツに袖を通す

そうすると心の中のスイッチが入る

私のモードが変わる

プライベートモード から ビジネスマンモード



ビジネスマン



はっきり言って

外見から言っても、内面から見ても

私はそんな柄じゃない

それでも

ワイシャツを着て、ネクタイを締めて、スーツをはおる

そのいでたちは

バリバリと仕事をこなす一人のサラリーマンの姿に

近づけるような気がして

嫌いじゃない

というか、気に入っておる(形から入ってます)

これから戦いに赴く企業戦士の気合いが入る

まさに 戦闘服 じゃ

そう

私はスーツが好きじゃ



私の場合はスーツだが

世の中いろいろな仕事をしている人がいて

いろいろな制服がある

警察官や消防士、看護士などなど

さらにはパティシエや居酒屋やガテン系の職の人たちにも

決まった服装がある



スーツだけじゃない

これから仕事場という戦場へ赴く方々が着こなす戦闘服は

ほころびててもいい、薄汚れててもいい

それが仕事人としてつちかってきた戦歴の証だと思う

(でもスーツとかダルダルにほころびているのはNGね)



明日、久しぶりにスーツへ着替える時

私はきっと

懐かしさ高揚感緊張感

同時に味わうじゃろう(今から想像…)

そしていざ通勤・・・



一度失敗したリハビリ出社

今度は、今度こそは復帰へ向けて

着実に歩みを進めたい



バリバリと仕事をしていた頃に着ていたスーツ

明日、戦場へ向かう






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


※コメント下さった方へ

10月7日の記事『一緒に遊べたら』までコメ返いたしました

どうぞご参照下さいませ



│posted at 16:47:09│ コメント 15件トラックバック 0件
2008.10.08(水)

今がつらくても


私には時間がある(休職期間中ですので…)

しかしお金がない(傷病手当金で細々と暮らしています…)

そして体力やバイタリティーがない(だいぶ落ちてます…)

さらに働けない(これが痛い…)



でも

お金がないと言いつつ、体力がないと言いつつ、働けないといいつつ、

バンドの練習でスタジオに入り、飲みに行き、DJをやりに行く

タバコは吸うし、外にご飯を食べに行く



趣味や嗜好品に使う金があるじゃないか、体力があるじゃないか

バンドの練習に行った?飲みに行った?

そのくせに金がないと言うの?体力がないというの?働けないの?

なんなんじゃ本当に病気なん?と思う方もおるかも知れん



それには

言いようのない罪悪感を感じる



そして

バンドの練習には行けるのになんで働きには行けないの?

酒飲みに行けるのになんで働きには行けないの?

DJやりに行けるのになんで働きには行けないの?

タバコ吸って外食できて、なんでお金に困っていると言えるの?

こういう質問に胸が裂ける思いがする



うつ病を抱えている人

10人おれば10通りの症状や特徴、事情があるじゃろう

動けん状態の人もおれば

電車に乗れん人もおれば

家を出れない人もおれば

動けても社会に関われん人もおれば

金銭的につらい状況下におかれている人もおると思う



うつうつも、人それぞれじゃ



私は趣味には身を投じることができても

どうしても働けんのじゃ

多くのリーマン達のように、普通に朝、出社すること

それが私には難しいことなんじゃ

遅刻遅刻午前半休欠勤…

勤怠状況がボロボロになる

とにかく朝がつらくて、そこには理由などない、理由なくつらいんじゃ



休職直前や休職したての頃は【外に出たくない病】がひどくて

外出する支度をして玄関で靴をはくまではできるのじゃが

そこから一歩を踏み出せない日々が続いたこともあった

ドアを開ければすぐ一歩で外に出れるのに、ドアを開けられないんじゃ

玄関で涙が止まらないこともあった

なぜそうなってしまうのか自分でも分からなかった



今は【外に出たくない病】はほとんど出なくなって

ある程度動けるまでに回復してきておる

逆にうつのシグナル(諸症状)が出てきても無視して

激しく行動してしまい、後でしわよせがくることもしばしばじゃが…

全く社会と関わっていない状況が怖くて

用事をつくって、外出できるときは割と積極的に外へ出ておる



お金はなんとか(ギリギリで)やりくりし

私の病気や事情を知っている人としか外食はしておらん

相手は私にはお金がないことを知っているから

おごりでいいと言ってくれている(ありがたいです…)

バンドのスタジオ代や飲み代は

メンバーの皆より少なめに払うことが多い(ありがたいです…)

バンドメンバーには私の病気のことは話していないが

私に経済力がないことは知られているから

払う金額が少なくても許してもらえる(ありがたいです…)

DJなぞ、行ける金と体力がなければ行かないようにする覚悟じゃ



私は日々あがきながら、ようやく、ようやく

趣味や娯楽に手を出せるようになってきておるよ



ささいな事でもいい、出来るところから始めればよいだろうし

動ける範囲で、経済的に可能な範囲で体調と相談しながら

やれることからやればいい

たまには自分をもっと褒めてあげていい

そうしてじっくり行動範囲を広げていければいいと思うんじゃ



うつうつになってから、よく思う

好きで病気になんかなったんじゃないと

将来のことを不安に思わない訳がないと

でも

今はうつの症状で苦しんでいる方も

回復しない病気ではないと実感できる日が来るはずじゃ






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 16:12:35│ コメント 7件トラックバック 0件
2008.10.07(火)

一緒に遊べたら


ドーーーン
P1030471.jpg



今日の主役は

















うちのこ



先日10月2日

誕生日を迎えたうちのこを連れて

元カノと一緒に

うさんぽ

行ってまいった


~~~~ うさんぽってな~に? ~~~~~~

うさぎを連れて公園などへ散歩にいくことです

犬などと違うのは、目的地に到着するまでは

キャリーバッグにうさぎを入れて行きます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


キャリーでお出掛け(↓↓オンマウス!)

「狭いでしねー(怒)」


到着、公園じゃー広いぞー!
CA390277.jpg
「わかってるでし(怒)」


うさんぽへいくと必ずと言っていいほど

うさぎだうさぎだー!

子供達+親御さん達に囲まれる、うちのこ
CA390273.jpg
「オレ、当然人気者でし(オレ様)」


カメラで寄るとカメラにアタックしてくる、うちのこ
CA390276.jpg
「そこ邪魔でし!(命令)」


記念撮影する、うちのこ
CA390284.jpg
「男前に撮るでし(命令)」


斜陽に照らされて
CA390269.jpg
「まぶしっ!(油断)」


でも動じない、うちのこ
CA390270.jpg
「もっとオレを照らすでし(オレ様)」



いつもオレ様思考、オレ様行動のうちのこ

うさ飼い仲間から【番長】とあだ名をもらったうちのこ

でも、ナデナデしろよと甘えて頭を寄せてくるツンデレ



広い公園の一角で

うちのこと戯れた一日

天気も良く最高じゃった

来年もこんなふうに

一緒に遊べたらいいなぁ

うちのこよ






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 21:16:06│ コメント 6件トラックバック 0件
2008.10.06(月)

記憶できない、血肉にできない


上司に電話した

医者さんから出社練習の許可をもらったことを告げた

上司は尋ねた

「先生とはどんな話をしたのか」

私はうまく説明できずしどろもどろに話した

「9月は調子が落ちたんですけどそれが回復してきています」

それを聞いて上司は

「まあ、今度会社に来たときゆっくり話しましょう」と言った

私の説明がうまく伝わっていない

だからこの上司の言葉には

次話す時までにしっかり整理してこいよという裏の意味がある

それは当然のこと、私はまるで説明できていないのだから



私はここ数年、極端に記憶力が低い

何か尋ねられたときに咄嗟に思い出せない、言葉につまる

もどかしい、だが思い出せない



例えばその日その時あった出来事を

一度ブログなどにUPしてしまえば

あとは記憶よさようなら

一度どこかにアウトプットしてしまうと

とたんに忘れる、記憶さようなら



いまこうして一人、会社へも行かず

PCに向かっていたり、ベースを弾いたりなど

一人で誰とも関わらなければいい

何事もなく時間は過ぎていく

しかしこの拙い記憶力で社会に再び顔を出すことが恐ろしい



どんだけ脳を休ませてんだ、と思う

油断のしすぎだとも思う

のうのうと日々を送って頭を働かせず

怠惰な毎日の繰り返し繰り返しで

刺激など一時的なものとしてしか捉えられず

一つの経験として自分の血肉になる前に

記憶から葬り去られる

情けない、だが記憶できない、血肉にできない



私はバカだ

バカだ

バカだ



そんなことを考えているうちに

簡単にマイナス思考のスパイラルにはまる

マイナス思考のスパイラルにはまるのはもう

うつうつとか、病気とか、記憶力云々の問題ではなく

人格・性格的なものなのだと思う

考えるだけで苦しい、たいした考えもしないくせに

それでも、短絡的でぼやけていて的を得ない考えでも

苦しいものは苦しい

自分勝手に落ち込んで、自分勝手に這い上がった気になる

不毛な行為の繰り返し



病気はただの自分への言い訳、上っ面

そもそも、考えていない、何も考えていない、闇雲

そして、病気であることを人に言えない






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 13:29:27│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.05(日)

ロール村


この秋



あの



巷でもっぱら(勝手に)噂の



ロールちゃん



新しい仲間が



生まれておるらしい






早速



調査を開始してみると



なんと



この日本(?)には



ロール村なるものが



存在するらしい



ロール村は緑豊かで



今は秋じゃから木々も赤茶色で



なんともほのぼのした



和みの空間






ロールちゃんを知らない方も



知っている方も



どうぞ皆様



お誘い合わせの上



行ってみてほしい






そこには



この世に現存する



全てのロールちゃんが



紹介されておる


(限定モノは販売時期が過ぎると紹介から消えてしまうようです)



ぜひ



この機会に



コチラをご覧あれ(別マドで開きます)

↓↓

↓↓

ロール村へ



※事の発端は

ロールちゃんの

新しい味(期間限定)を

教えてくれた

ブロガー友達の

お知らせによるものじゃ

耳寄り情報をありがとう

私はまだ食べておりません

発見できておりません

見つけ次第

パケ買いすること必至です

見つけた方

味見された方

情報、ご感想を随時

お待ち申し上げます






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:20:40│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.10.04(土)

医者さんからツーゴール


今日は2週に一度の通院日

病院へ行ってまいった



私はいつも症状や状況などをメモ用紙に書いて

診察の時に医者さんに見せる

そして

そのメモを軸にして話が進む



待ち時間はいつも約1時間(なげぇ~)・・・

ここはディ○ニーリゾートか!?(ある意味同じくらい人気があるアトラクションです)

予約しても毎度このくらいの時間待たされる



診察時間はいつも10分程度(みじけぇ~)・・・

そのみじけぇ~診察時間にできるだけ要点を捉えて

かつ、話し忘れのないように毎回メモを用意しておる



前回、前々回の通院の際、体調も精神面も不安定で

医者さんに死にたい死にたいどうしたらよいでしょう

そんなことばかり話しておったから

医者さんは開口一番、こう↓聞いてきた

「あれから(死の具合は)どうですか?」

「順調です♪」(←生死どちらに順調なのか不明な回答…)

「・・・」

「あ、すみません、死にたいとはあまり思わなくなりました」

そうして私は書いたメモを医者さんに見せた



今回見せたメモは、コチラ!(一部抜粋)

◆9月は無理をしていた(外出や人と会うなど)

◆死にたい欲求はだいぶおさまってきている

◆今は症状が安定している

◆薬の量を減らしたい

◆再びリハビリ出社してもよいか



「ふむふむ、死にたい欲求はだいぶおさまって…

で、(死にたくなった時にのむ)頓服はどのくらいのみましたか?」

「前回の診察後、3回のみました」

「どんなときに?」

「2回は電車に乗るとき、1回は家に居るときです」

「家にいるときはどんな変化があって頓服をのみましたか?」

医者さんは質問を重ねてくる

「マイナス思考のスパイラルにはまって落ち込んで落ち込んで…

それで…死にたい衝動にかられました」

「最近のことですか?」

また質問で攻めてくる医者さん

「たしか10日ほど前のことです」

「そうですか、で、頓服はまだ足りてますね?」

「そうですね大丈夫だと思います」



さすがに が絡むと医者さんもナイーブになるのか

この事柄、【死にたい欲求】については質問質問で攻めてきおった



「症状や状態を見る限り、今は安定している感じがしますね」

「そうですね」

「この、【薬の量を減らしたい】、とは?」

「現状、減らしていける薬があれば減らしていきたいんです

のみ始めたらのみっぱなしではなく

必要なものだけに絞るように整理していきたいんです」

「イライラは最近ありますか?」

「いえ、まったくと言っていいほどありません

それと、最近過食がひどいです…(←さりげなく副作用アピール)

「そうですか、ではコレを少し減らしてみましょう

いきなりのまなくなるのは危ないので

2錠のんでいるところを1錠にしましょう」






ゴーーーーーーール!!

減った…薬が減った!!



1錠減ったくらいでその感動!?と思う方もおられるかも知れん

けども、この医者さん、なかなか薬を減らしてくれん

薬を出す時は躊躇しないくせに、減らす時はめっぽう慎重じゃ

粘り強く減らしていくしかない

この医者さんに薬を1錠減らさせることには

サッカーでワンゴール決めた時に近い感動がある(キーパーが医者さんね♪)



そして問題のリハビリ出社再開についてじゃが

医者さんは私の【焦りとやる気のバランス】を懸念し

もう少し様子をみるよう慎重な姿勢を見せた

私は言った

「焦りはなかなか拭えません、もう休職して1年を過ぎているんです

休職期間は1年半ですから、あと半年を切っているんです

例えば、リハビリ出社に仮に3ヶ月費やすとすると

もう後がない状況になるんです

無事復職できるかできないか分かりませんが

ギリギリになってどうしようと悩む状況になるのは

できるだけ避けたいんです」



「・・・・・・わかりました、でも、無理は禁物です

その上で出社練習を再開してみましょう」






ゴーーーーーーーール!!

リハビリ出社の許しがおりた…

私が「死にたい」と言いだしてから

中断していたリハビリ出社の許可がついにおりた…



先に述べたように、いつもは10分足らずで診察を終えるんじゃが

今回の診察はずいぶん長い時間をかけてくれたように感じた

(でも時計を見ると10分そこそこでした・・・

大量のお客患者さんをさばく医者さんの実力を

垣間見たような気がしました)

私も収穫は多かった

◆わずかながら減薬できたこと

◆リハビリ出社再開の許しがでたこと

この2点(ツーゴール)は大きい



でもここで浮かれたら

前回失敗したリハビリ出社と同じじゃ

うつのシグナルに逆らわず、慎重に、慎重に、歩を進めてまいりたい

2度目のリハビリ出社失敗にならないように






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 22:43:49│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.04(土)

処方箋20081004


私のお薬たち(2008/10/4)



名  前 : リボトリール錠 0.5mg
はたらき : けいれん/てんかんの発作を防ぎ、不安や緊張を取り除く
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : トレドミン錠 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)2錠、(夕)2錠

名  前 : アモキサンカプセル 25.0mg
はたらき : 気持ちを楽にして意欲を高める
ふくよう : (朝)3錠、(夕)3錠

名  前 : ジプレキサ錠 2.5mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (寝)2錠→1錠

名  前 : エビリファイ錠 6mg
はたらき : 強い不安感や緊張状態を取り除いて、気分を安定させる
ふくよう : (朝)1錠、(夕)1錠

名  前 : アキネトン錠 1mg
はたらき : 手足の震えを抑えたり筋肉の緊張をほぐす
ふくよう : (朝)1錠、(夕)2錠

名  前 : SG顆粒
はたらき : 鎮痛、解熱
ふくよう : 頓服
※片頭痛もちなので、処方してもらっているお薬です
 頭痛時に飲みます

名  前 : リスパダール内用液
はたらき : 不安や緊張、興奮等を取り除く
ふくよう : 頓服
※死にたい欲求(希死念慮)が湧いて来た時にのみます




今、一日に、18錠 飲んでます + 片頭痛時に一包、死にたい欲求時に一液飲んでます






↓↓ポチッと押して頂けると大変励みになります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ




│posted at 22:19:54│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.10.03(金)

振り返る9月


ここ数日

ようやくブログの記事更新が以前のペースを取り戻しつつある

ここ数日

ようやくドン底へ落ちた体調が回復してきている

ここ数日

風邪をひいて熱がでて具合が悪かったんじゃが

その風邪も治りかけにまで回復しておる



9月はまさに大波強風にあおられた転覆しかけの船上で(いや、転覆してました)

苦しみもがいた日々じゃった(無様に転覆してました)

それなのに自分の心身を大事にしようとせず、顧みず

うつ病を隠し、健康体を装い

人と会ったり出掛けたりの日々



暮らしも、交流も、記事書きさえも

無理をしておった

落ち着く暇もなく余裕もなく

怪我をしながら爆走している様な状態が続いた



いま

その暴走した9月の日々を深く反省しておる

ゆるやかに、じっくりと、自分を見つめ直すべきであった

休職して1年以上経ち、今更かもしれんが

もっと自分を見つめ直す必要があることに気がついた

自分の足場を強固にせねばならんと考える

過去できたことと、その中で今できてないこととをじーっと見比べてみる

これがまた、結構ある、仕事でも、プライベートでも、結構ある

こうなってしまった、そして、うつうつになってしまった原因

今思うのは、そもそもの私の人格に問題があるのではないかということ

カウンセリングを受け始めたのもその問題について考え

人格の矯正が必要だという認識によるものじゃ

今一度、足場の軟い石を硬い石に置き換えて、隙間を埋めて

少しずつ安定したピラミッドをこしらえるんじゃ



9月の私の足場は、ジェンガのような不安定さじゃった



そして

9月下旬からついに滞ったコメ返(コメントのお返事です)・・・

お返事したいのに出来ない、どうしてもできない…

もどかしい日々

お返事出来ないのならいっそのこと

コメント欄を閉じてしまおうかと考えたこともある

しかしコメント欄は私と読者さんとを繋ぐ大事な場

どうしても閉じることができんかった

気がつけばいただいたコメントに

励まされている自分がおるんじゃ

コメントを楽しみにしている自分がおるんじゃ



お返事できておらんコメントも、過去記事へのコメントも

ひとつひとつ大切に拝読しておる

そして、ひとつひとつ大切にお返事することが

そして、コミュニケーションをはかることが

コメント下さった方への感謝の伝え方だと思うておる

記事書きの調子を取り戻しつつある今

コメ返の調子も上がってくるのを私自身待っている状態じゃ

コメ返には記事書きとはまた種類の違うパワーを使う

調子が戻ってくるまで

本当に申し訳ないが、どうかどうか

コメ返だけはもう少しお待ちを






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 23:40:10│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.10.02(木)

うちのこへ


うちのこ

また秋がやってきた

おまえの耳

おまえの口

おまえの目

今もはっきりと思い出せる



うちのこ

また秋がやってきた

おまえはこれで三回の秋を知る

私はもう二十数回の秋を知っている

いろいろな秋を知っている

いろいろな秋を思い出せる

しかしおまえと過ごす秋はたった一回じゃった



うちのこ

また秋がやってきたが

それはおまえと過ごす秋ではない

また別の秋

全く別の秋じゃ



うちのこ

新しい秋がやってきた

私は早速風邪をひいた

私は紅葉を楽しみにしている

しかし私はまたこれからやってくる季節

冬や春、夏や、又、秋を

おまえと離れて過ごさねばならないことに

寂しさを覚える



うちのこ

また秋がやってきたが

おまえは元カノの家で誕生日を迎える

私が元カノと別れる以前となんら変わらず

元カノからの愛情を注がれてすくすくと元気に

今日、誕生日を迎える



うちのこ

また秋がやってきた

おまえの仕草

おまえの感触

おまえの表情

今もはっきり思い出せる



うちのこ

また新しい秋がきても

そしてまた新しい冬がきても

新しい春や、夏がきても

私はおまえを思い出し歩んでいくじゃろう

また時々会えることを願い

健やかであることを願い

私を忘れないでいてくれと願い

歩んでいくじゃろう


























うちのこ















誕生日おめでとう






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:58:34│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.10.01(水)

いざ参らん、カウンセリングの世界へ


このブログに足を運んでくださる皆様の中には

カウンセリングに行ったことのある人、どのくらいおるじゃろか?

カウンセリングに通ってる人、どのくらいおるじゃろか?



私は今日

生まれて初めてカウンセリングっちゅうもんを

受けてまいった



カウンセリングを受けるにあたって

事前に

カウンセリングを行っているあちこちの施設を調べた

某カウンセリング施設では60分8000円(高けぇ~)

また

別の某カウンセリング施設では90分7000円(やっぱり高けぇ~)

その後いろいろ調べるも

どこの施設もカウンセリング料金が高額で

私のみみっちい財布から出せる金額ではなかった

継続して通うなんてとてもできない料金設定



そんな中見つけたのは

NPO法人のカウンセリング施設で

「カウンセリングを必要とする一般市民に

良質で低料金のカウンセリングを提供すること」

を目的としている

そしてそこのカウンセリング料金は

60分3000円

90分5000円

安~い♪

これまで散々

7千円台、8千円台、9千円台の料金を見聞かされていたところに

これだけ安~いカウンセリング料金が飛び込んできたら

ここに決めるしかないじゃろう

早速、予約をした次第じゃ






その予約日が今日じゃった

いざ参らん、カウンセリングの世界へ



私がカウンセリングに求めたテーマは

ズバリ
















アダルトチルドレン!






このうさ枕

アダルトチルドレンの疑いアリ

限りなく確信に近い(むしろ確定です)疑いアリ



うつと並行して

というより

私のうつの根幹にまで強く作用する

人格障害



今回のカウンセリングでは

私はこういう者でこんな出来事があり…と

自分のことを切々と語りまくるに終始し

気付けば一時間

最初から最後まで緊張感がほぐれずに

うまく自分を説明できんことも多々あった

初対面の人に対し自分を語ることに

どうしても強い抵抗感があるんじゃ



それでも踏ん張り、自分の過去あんなことやこんなことを

喋り続けた末のこと



最終的に



カウンセラーが



下した判断は











アダルトチルドレンの気(け)ナシ!



えええ~!?

私は耳を疑ったがカウンセラーは断固そう言う



私自身

アダルトチルドレンであると認識するに至ったのにも

それ相応の理由がある



だからカウンセラーの意見には私は同意できんかった



カウンセラーとは初見、まだまだこれからじゃ

そして今後、私はうつを治すベクトルに力を注ぐ

もう変な無理はしない

それだけじゃ






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 23:33:03│ コメント 10件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。