FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.04.04(土)

選べない道


最近

数回に分けて元カノと会って直接話をした

元カノは私の元を離れたのち

自分なりの生活を確立し

日々生き生きと仕事をし

ここ関東での生活を謳歌している



私との間の仔、うちのこ(うさぎ)のお世話も

毎日、本当によくしてくれている



かたや私は

うつを患い現在も闘病中

おまけに職も失い

再就職先を探しつつも

なかなか企業から採用を貰えない状況が続く



会社を休職している間は

毎月申請していた傷病手当金で生活をしておった

会社を退職したこれからは

失業手当をもらい生計をたてるつもりじゃ

しかし

失業手当も支給期間が決まっており

私の場合、支給期間はわずか3ヶ月間(短けぇ~)

その失業手当が支給される期間は

ここ関東で就職先を探すつもりでおる

だけれども

このまま就職先が決まらず失業手当の支給期間が過ぎた場合

私は地元、北海道へ戻る以外に生活する方法がない



そのようなことを、元カノへ話した



そして、こう付け加えた

もしかすると、場合によっては、ここ関東で

生活保護を受けながら生活することも考えておる

生活保護対象として認められれば

さらに期間を引き延ばして関東で再就職活動ができる



そうすると、元カノは言った

選択肢はそれだけ?



私は現時点でも選択肢は模索中じゃ

他に選択肢があるなら教えてほしい

今の私には何もない、逆に言えば、何でもあり

色々な道があるハズじゃから

よく比較検討して今後の道を選んでいきたい

そういう気持ちでおる



元カノはさらにこう話を続けた

私のところにくるっていう選択肢はないの?

・・・

・・・

それじゃ、意味ないじゃろ?

別れた意味、ないじゃろ?

引っ越しまでして離れた意味、ないじゃろ?



今の私の気持ちや状況を考えての元カノの発言

それは本当に有り難い申し出なのはよく分かっておる

けれども

私は元カノと再び共同生活をおくる気はない



元カノとは

それぞれが独立して生計をたてている状態で

なおかつある程度の距離をもって

付き合いを続けていくのがベストだと

私は考えておる

現在のように



元カノと共同生活を過ごす時にどうなるかは

今から目に浮かぶ

近い距離間で付き合っていくには

難しい仲なんじゃ

それは

これまでの数年にわたる同棲生活そして半同棲生活で

十分わかったから



元カノからの有り難い申し出じゃが

私はそれを断った

お互いこれからの人生がどうなろうと

私が元カノに過剰な期待を持たせることはしない

お互いをよく知る友人同士として

これからも付き合いをもっていきたいからこそ

その選択肢は選ぶことができない




スポンサーサイト
│posted at 15:16:04│ コメント 1件トラックバック 1件
2009.03.26(木)

心のバツ


こんな私にも

付き合っていた彼女がおった

過去形

だから、今は元カノ

付き合っていたのは去年の1月までで

付き合いの期間は7年目になろうとしていた



付き合っていた期間が長かったせいか

共通の友人や知り合いも多数できた

元カノとは、結婚を前提に付き合っていた

お互いの両親に挨拶も済ませてあったし

周囲の友人や知人からも、あとはいつ結婚するか

というふうに見られていた

元カノは勤めていた会社を寿退職した

友人や知人からは多数の結婚前祝いを貰っていた






最近、台所の食器棚を整理していたとき

お祝いの文字が刻まれた立派な箱が出てきた

その中には、結婚前祝いの品々が所狭しと納まっていた






私と元カノは結婚目前じゃった

ところが、いろいろ事情があり

結婚を前にして別れることになった

正確に言うと、私が別れ話をもちかけた

3ヶ月にわたる説得そして話し合い言い合い喧嘩の末

元カノは私の言いだした「別れ」に承諾した



元カノとは一つ屋根の下、同棲していた

そして、二人で愛でていたうさぎが一匹いた

私たちにとって

うさぎは二人の間にできた子供のようだった

結婚こそしていなかったが

お互いを「旦那」「嫁」そしてうさぎが二人の間の「息子」

そういう三角形が確立していた

私たちの生活は長年連れ添った配偶者との家庭生活に

限りなく近かった



そんな私たちは、別れた

同棲していた家から元カノが出ていき、うさぎは元カノが引き取った

私は経験したことはないが

離婚する際の「別れ」とはこういうものかと感じた

諸々の手続きこそ無いものの

長年連れ添った家族のような関係に終止符をうち

それぞれに自立した生活をスタートさせるために、私は奔走した

本当の離婚は経験したことがないので比べようがないが

別れるにはそれなりの苦労があった



私と元カノ

別れた後、数ヶ月間はズルズルと曖昧な関係が続いた

しかし、これではいけないと思い、完全なる決別をした

「もうおまえとも、うちのこ(うさぎ)とも会わない」

そう言って、別れた

その後また数ヶ月で、お互い連絡をとりあうようになったが

以前のようなズルズルと続く曖昧な関係ではなく

今はキッパリ、お互いのことをよく知る同士の友人関係になれた



元カノとは、別れはしたが、付き合っていた頃の感覚は

完全には忘れていない、それは、私、元カノ、お互いに言える

以前の三角形が過去形になり、新しい三角形が生まれた

今は

「元旦那」「元嫁」そして二人の間にはうさぎの「息子」

そんな感覚でおる



籍を入れていなかったから、別れたからといっても

戸籍上はバツはついていない

記録の上ではバツはついていないが

記憶の上では、バツがついておる

私の心の中には、ひとつ、バツがついておる

外側からは見えもしない、胸の奥で、バツがついておる



│posted at 23:58:55│ コメント 2件トラックバック 0件
2008.11.30(日)

純粋な好意


先立つものは、お金

休職中の暮らしにも金はかかる

つつましく暮らそうと、ちょっと贅沢をしようと

変わらず、金は飛んでいく

けして大きな贅沢はしておらんつもりじゃが

変わらず、金は飛んでいく



それにつけて

バンドの活動を並行し

先日はバンドの強化合宿へ参加し

平日はリハビリ出社

バンドにかかるお金

加えてリハビリ出社にかかるお金



私が元気になればなるほど

バンド活動に力を入れ・・・

リハビリ出社の日数を増やし・・・



事が順調に進めば進むほど

収支のバランスはとれず天秤は大きく傾く

支出の方に、大きく、傾く



バンドやリハビリ出社の他にも

光熱費や通院・診察費、薬代、カウンセリング料金、税金を

支払わなくてはならない



これでは、このままではいかん

たちゆかなくなる、と考えをめぐらしても

なかなか有効な解決策は見つからない



でも、私なりにささやかな節約はしている

リハビリ出社には飲み物として家から水道水を入れて持って行き

昼は食べない、一銭も使わない

しかしどうしても必要になるのは会社への交通費

往復で1800円弱かかる

出社する度にこの出費は痛い

出社日数が増えれば増えるほどに

私の懐は大きなダメージを受ける

ハッキリ言って






会社なんて行きたくねー

リハビリ出社なんかしたくねー

金だけ飛んでいって一銭の利益もねー






そんな思いを抱えながらも

せっせと交通費を払い

中途半端な時間に

中途半端な心構えで

中途半端な作業をし

中途半端に退社する私



何度も言い聞かす

今は仕事場におるだけでいい

いつか通る復帰への獣道を今通っているだけじゃ

自分に言い聞かす



そんな近況を先日、元カノへ話した






その帰り道






駅で






またしても






元カノは






定期券を買って私に手渡した



これでしばらくは大丈夫でしょ?

そう一言、付け加えて、私に定期券を手渡した



いいんか、本当にいいんか?

私が何度も金は払うと言っても

元カノは無償で私に定期券を渡そうとする



誰にも助けてもらえん

誰からの助けもいらん

一人で復帰してやるんじゃー

と思っておった私にとっては

またどえらい貸しを元カノへ作ってしまった



それでも元カノは

あくまでも好意で、定期券を差し出す

私が思っていた

会社なんて行きたくねー

なんて、軽くふっとんでしまうほどの

純粋な好意で



関連記事
◆携えるメッセージ






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 19:29:31│ コメント 4件トラックバック 0件
2008.11.14(金)

別れても覚えている


元カノが風邪をひいた

風邪かはわからない

咳も鼻水もなく、ただただ発熱がひどかった

身体の節々が痛むと言う

そうするとまだ熱は上がるかも知れん

朝聞いた時点では、元カノの体温は37度8分

まだ熱が上がるとなるとやっかいだ



どうしよう

などと思う間もなく

私は衝動的に彼女のもとへ向かおうとしていた



こらえた

















ここで、こらえないと

元カノと別れる前と何ら変わらなくなる














別れたのじゃ

私たちは、別れたのじゃ

なりふり構わず元カノに寄り添っていた頃とは

違うのじゃ



ただ

私の体に深く色濃く染みついている感覚が

私の体を動かそうとする

元カノを助けに行かなきゃ

元カノの傍に寄り添ってやらなきゃ



元カノからの体調不良の電話一本で、この始末



頭では分かっていても体が覚えている



なんとか、こらえた

なんとか、元カノへの手助けはしないよう

こらえ続けることができた



別れていても、忘れていない感覚がある

心に未練はなくても、体が覚えている感覚がある

いつかはこの感覚も冷え切るときがくるのだろうか






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




│posted at 20:30:41│ コメント 0件トラックバック 0件
2008.10.27(月)

金の出所


断ち切れないでおる

本当の意味でのお互いの自律を妨げておる

支えてもらっておる

本当の意味でのお互いの自立を妨げておる



私はお金に困っていて、それを何度も記事にも書いてきた

生きていくには金がいる

金がかかる

金がかかるが今のところ収入は、毎月の傷病手当金だけ

その収入でどうにか生きている



ギリギリの家計で生きている

しかしながら

ギリギリの家計と言いながらも

月に約2回はバンドの練習でスタジオに入り

月に1回はイベントでDJをやりに行き

時々外食をし

会社へ通勤し電車賃を払い

職場での昼ご飯代を払い

診察代や薬代を払い

カウンセリング料金を払い

先日は美容室へ行き髪にパーマをかけた



家計はギリギリなのに

どうしてそんな色々と、お金のかかることができるのか

私はそれを今まで記事に書いてこなかった

書けんかった



生活を支えるためだけで精一杯の家計なのに

どうやって色々な出費が発生する事柄に

手を出すことができるのか…












実は、生活外の出費の多くを

元カノが、まかなってくれておる

時々する外食

会社への電車賃

美容室の代金

CDや本などの出費

洋服代

などなど・・・



バンドやDJにかかる費用は私が自費で出しておるが

上記の色々な出費は元カノが全て出してくれているんじゃ



情けないが

私は経済的に彼女に支えられて今の生活水準を保っておる



元カノと一緒におるときは

全ての出費を元カノがまかなうのだから

金額的にも大変な負担額になるのは容易に計算できる



レジに表示される金額を見るたび

申し訳ない想いにさいなまれる

しかし、それと同時に

元カノに甘えきっている私もおる



元カノは気立て良くお金を出してくれる

それに対して私は

自分を律して元カノにNO、とは言えないでおる

そして

私が経済的に安定しない限り元カノは好意でお金を出し続ける



もう元カノと別れて10ヶ月あまりが経つが

未だ、元カノとのこの関係を断ち切れないのじゃ

未だ、元カノに経済的に支えられておるのじゃ



私は散々

元カノとはヨリを戻さない

とか

元カノとの今の関係が一番望ましい

などと記事に書いてきた



しかし

この事実を前にしては

本当は何も偉そうなことは言えん

元カノと本当に望ましい理想の関係にあるとは言えん






↓↓ポチッと応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 12:51:49│ コメント 10件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。