FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2011.06.11(土)

スパルタ時代


私がこの病を患ったころは、激烈に働いておった

遅刻や欠勤など一度もなく、チームの誰よりも早く出勤し

平然と遅くまでの残業をこなして

上司も部下も自分が面倒みる気構えで

いつの間にか

お客さんと接するときの最前線にいるようになっておった

特に気張ったつもりでもなく

何かを自慢するでもなく

単純にそうして働く姿が美徳じゃった



社会人2年目で既に上司や先輩を別室で説教する人間になり

同僚からは、「異端な人」「厳しい人」

と見られることも多く、敬遠されがちな一方で

お客さんとは仲良く意気投合し、よく遊んでおった

自社の飲み会では大人しく

他社のお客さんとはお互い本音で盛り上がれるところからも

著しく傾向が表れていたと思う



身内に対してははっきり言ってスパルタ

上司の勤務態度を叱り

先輩に問題解決の術をアドバイスし

必要な持ち物や作法を躾ける

思い返すと指を折って数えきれる回数じゃない

よくもまあ偉そうに動いていたもんじゃ

ただし自分が叱られるようなスキは作らなかったから

堂々とできたことでもあり

それなりの説得力を生んでいたと思う





私が病にかかってから知りあった方々は

そういったバリッバリのビジネスマンだった頃の私を

想像できんらしい

毎日

スーツを着てワイシャツにネクタイ締め

革靴を履いて働き

通勤時には日経新聞を読んでいた

と伝えると

現在の私のイメージとはギャップがあり過ぎるようじゃ









いつだったか

この病にかかる前の自分に戻りたいと思うか?

と聞かれたことがある



ドン底に落ちそうな生活を必死に崖のふちで踏みとどめるリアリティ

病の苦しさも辛さも、それによる挫折も嫌っちゅうほど味わってきて



もういっそのこと

戻れるものなら戻りたい



・・・とは思わんかった



病にかかる前は

まさか自分がうつうつな状況に陥るなんて

考えてもみなかった

同時に、そんな病に伏せる人間など

心のハンドル操作がよっぽど下手なのか

打たれ弱いのか、甘えが過ぎるのか

程度にしか考えておらんかった

「精神科・心療内科」への往診歴があると分かった時点で

内心ではその人を見下していた



疾患者の実情、病院の状況

症状にあえぐ人たちの声にならない声

無念さ、重圧、生活苦、あたたかさ

孤独、失望、虚無、無価値

明るさ、優しさ、知恵、難しさ

生きていけなさ、それでも生きてる今日



私は自分が患ってから初めて見て、初めて触れ、初めて知った

知るまでは

浜辺で、海面にそよぐ風と砕ける波と沈む夕日なんかを

見てただけだったんだと今は思う

海面上の情景が全部だと思っていた

実は海中に

溺れている人、口から泡を吐いている人

バタ足する人、誰かを押し上げる人

しがみつく人、水中に居続ける人

かろうじて水面上に顔を出してまた沈んでいく人

いろいろな事情を抱える方々がおって

私も含めて、めまぐるしく動いてる姿がある



水面下をなにも知らんで

浜辺で社会の上澄みだけを見ながら

夕日がキレイだねと語らう光景が

スパルタだった時代の自分と重なって見える



あの頃の

上司にも先輩にも厳しく説教し社会の歩き方を説うていた自分が

心の底から恥ずかしい



病が少しでも寛解してくれたらという思いはある

じゃが、病にかかる前の

この病にかかってから今日までの経験を持たず

そして上澄みしか知らずに人の上に立っていた自分に

戻りたいとは全く思わん



スパルタ時代には想像もつかんほどに

生きてるのがしんどくて

もう人生投げ出したくなることだってある

それでも、生きるなら

あの頃の私より、いまの私で生きておりたい






足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




スポンサーサイト
│posted at 22:22:42│
2010.04.01(木)

素直だし


今日だからこんなこと書くわけじゃないし

ロールちゃん大嫌いだし

うさぎとか興味ないし

バンドやらなくてもいいし

音楽たいして好きでもないし

息をしていることが

息苦しいなんてないし

脈うってる

鼓動はいつも穏やかだし

ありがとうのかわりに

さよならが口をつくことないし

寒くて凍えてないし

体中に汗がにじむことないし

何にも絶望してないし

1秒先の未来が待ち遠しいし

5秒先の未来を心待ちにしてるし

笑わせたくて喋るし

笑われたくなくて黙ることないし

寂しくないし

私のことを見放す人なんていないし

心細くないし

涙腺乾きっぱなしだし

みんなに認められてるし

自分の価値を

自他共に知ってるし

生きていくの簡単だし

君やあなたがいなくても

大丈夫だし

もう二度と会いたくないし

その声は聞きたくないし

みんな大嫌いだし

自分のことは大大大好きだし

何もかもうまくいってるし

このまま明日も

明後日もその次の日も

生きてるし

あなたがいなくても

その言葉をもらわなくても

うまくやっていけるし

何もかも順調だし

みんなが私を必要としてるし

誰も怖くないし

夜は明るいし

規則正しい生活してるし

朝から体が軽いし

誰とも関わりたくないし

雨の日も心は晴れやかだし

会いたい人といつでも会えるし

どんなことでも話できるし

毎日過ごしやすいし

この充足感は永劫続いていくし

望まれて生まれてきたし

自信もっているし

楽しいことばかりだし

このブログに訪れてくれたからって

喜ばないし

こんな記事なんてさっくり読み流せばいいし

全然ありがたく思ってないし

読んでくれたあなたのことを

気にもとめないし

人のことが大嫌いだし

こんなこと書いてて苦しくないし

苦しくなんてないし

つらくなんてないし

つらくなんてないし

ありがとうなんて

いつでも言えるし

ひとことで足りるし

感じていること

全部言葉にできるし

伝えたいこと

全部伝えられるし

書いてる今だって

最高に朗らかな気分だし

今日も生きていてくれてありがとうとか

全然思ってないし

いつか伝えることができたらなとも

思ってないし

これ以上言いたいことなんて

ないし

何もないし

何一つないし

ないし




足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


│posted at 23:22:49│ コメント 0件トラックバック 0件
2010.02.03(水)

いることを


あがいてる

もがいてる

きっと

どこかで

いまも

だれかが

あがいてる

もがいてる



そうして



夜の向こうにある

きっとある

次の日を

求めたり

恐れたり

している



昼の向こうにある

きっとある

一日の終わりを

嘆いたり

待ち焦がれたり

している



つぶれそうなとき

そんなだれかが

いることをおもう



ただひたすらに

もがいてるだれかが

いることをおもう

あがいてるだれかが

いることをおもう



つぶれそうなとき

こぶしをにぎって

つよめににぎって

おもう



足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



│posted at 23:49:12│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.09.19(土)

ある朝の行く先変更


(この記事は、記録として、自分のためだけに、書いています)



私は過ちをおかした



そのときは

これしかないと思うた

そうする他にないという頭になっておった

時間もそれなりに夜遅かった

翌日には仕事があった

しかし

寝ることができずに起きていた



願望、欲望、渇望、多忙、展望、絶望、辛抱

色々な想いが渦巻く脳内で

選択肢は一つしか頭になかった

躊躇はした

助けての一言は言えなかった

私は深夜に外出し、気分転換した

その気分転換もつかの間、深夜のコンビニに入っていた

私の葛藤は、あっさりと終わっていた



あとは黙々と、淡々と、自宅で行動を遂行するのみだった

選択肢は一つ

非常に明確で、迷いなく、滞りなく、行動を遂行していった

事務的な単純作業

単純作業中、目は冴えていった

目の前で、するべきことを、ただ黙々と行うのみじゃ

その最中の実行意欲は大きかった



終わりは適当だった

まだまだ、いや、そろそろ、いや、まだまだ、いや、そろそろ

かなりの時間夢中になっていたと思う

じゃが、一瞬の出来事のようにも感じる



ブログとは違う、別の場所に、このことを書いた

何故書こうと思い至ったのかは不明

感情的なことや、精神的なことに関しては

今、私の整理が全くついていない



それでも

私をその行動に突き動かした心的要因があることは

おぼろげながらも分かる

今は何も考えられないが

きちんとそれに向き合わなければならない

実に恐ろしい



ただおかした事実が確実に横たわっている

消せない過去として肩にのる、背中に負う



夜に私が記述した内容を見てくれた人から

連絡が来た

翌朝のことじゃった

私はまともではなかった

異常じゃった

私の行く先は

通勤電車に乗って行く仕事場ではなく

自宅に駆け付けた救急隊員によって搬入された

救急車に乗って行く、病院へと変更を余儀なくされた



会社には連絡をとったが何をどう説明したのか

全く記憶にない



気がついた時は、病床に横になっていた









起こった事実を書いていきたいのじゃが

すまない

いま、もう、これ以上、書けん

もう書きたくない

書けば書くほど、狂乱しそうになる



感情を入れずに事実だけを書くだけでも

無理じゃ

考えるだけで、発狂しそうになる自分を抑えている状況






バカじゃ

本当にバカなことをした

数々の屈辱を味わった

恥ずかしさでたまらない気持ちにもなった

なのに、なのに、何故じゃろう

あの時、あの瞬間、たったひとときでも

全てを忘れられた

あの奇妙な解放感と快楽が

脳裏にこびりついて離れない私もおる

愚かな私がおる











発狂を頓服で抑え、眠剤で寝逃げし

そうして

保っているのがやっとじゃ










苦しくて

悔しい





足跡にポチリと、クリック御願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



│posted at 23:58:07│ コメント 0件トラックバック 0件
2009.02.26(木)

イン カオス


「何かしら、胸がドキドキする」by 風の谷のナウシカ



ここ1週間ほど

心身の調子がおかしい



朝から晩まで、不定期に動悸がする

それは急に襲ってくる

軽い動悸のときもあれば、激しい動悸のときもある



軽いときはなんとか動けたりするが

激しいときはもう、寝ておるしか、じっと耐えるしかない

脈が速くなり、息も絶え絶え



厄介なのは

いつ激しい動悸が襲ってくるか全く予想がつかないこと

予兆なしに、発作のように忍び寄る動悸



ちょうど、通院日があったので

通院した際、医者さんにこのことをうったえた

医者さんは

現在処方している薬などから判断しても

原因は分からないようじゃった

そして最後に言った言葉が

「しばらく様子をみましょう」












ふざけるな

こっちは今、今なんだよ

食事も喉をとおらないんだよ

明日にはきっと良くなっている

そう思ってもう数日経ってんだよ

睡眠導入剤

過剰摂取してやっと眠れてんだよ

途中でぶっ倒れてもいい覚悟で

病院まで来てんだよ






そんな体調でも

再就職活動をし、バンドの練習に行き

頭を回転させ、体を使い、行動する

症状の軽いときを見計らっては、行動する

バンドの練習の時などは

死んでもいいと思って演奏しておった

再就職活動のための履歴書や職務経歴書の作成作業は

頭が働かず一向に進まないことも多々あった



考えるべき事柄が

一つ一つまとまらないまま

結論までたどり着かないまま放置されっぱなしで

次、はい次と、また考える事柄が増えていく

何一つ片付かないまま、混乱



身を縮めて布団の中に横になりながら

とりとめもなく考える・・・

生きている意味って何?

企業に勤めて働く意義って何?

人を好きになるって何?



答えは出ずに、頭の中がぐちゃぐちゃする

目をつむると

暗い混沌の渦に飲み込まれそうな感覚に陥る

一寸先の闇、今居る場所も闇

思考停止、精神状態不安定、体調最悪、感情の波激しく

もはやカオス



ようやく、この心のぐちゃぐちゃな闇に

僅かながら光が差し込んできたところで

今、この記事を書いておる



今日の晩は

寝れるだろうかと心配し

明日の朝は

また激しい動悸に襲われることを思い憂鬱になりながら

今、この記事を書いておる






↓↓足跡にポチリと、クリック御願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





│posted at 18:17:10│ コメント 1件トラックバック 0件
らんきんぐ

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村



クリックご協力お願い致します。

 
かてごり

 
ぷろふぃーる

うさ枕

Author:うさ枕
性別:♂
うさぎの枕で寝る暮らし。
うつ病とたたかう暮らし。
サラリーマンですが、うつ病と診断され今は離職中です。社会復帰に向かうよう邁進中です。
ですが、進むことあり、戻ることあり。
其の日常が当たり前として通り過ぎるのを避けるべく、ブログを始めました。
どうか、あたたかく、お見守り下さいますよう。

 
りんくぽりしー

リンクフリーです。リンクされる場合は御一報下さい。 相互リンクはお断りさせていただいております。

 
著作権

当サイトのコンテンツの著作権およびすべての知的所有権は、うさ枕に帰属いたします。有償無償にかかわらず、うさ枕の許諾なく当サイト内の全ての文書、及び画像の無断複写や転載、引用、改変を禁じます。

 
お便り → うさ枕

ご意見・ご感想・言いにくいお話などが 御座いましたら、此方からお願い致 します。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。